読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

響きと思考のあいだ リヒャルト・ヴァーグナーと十九世紀近代

響きと思考のあいだ リヒャルト・ヴァーグナーと十九世紀近代
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 5500円(税込)
ポイント還元 55ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 512
販売開始日 2014/03/14
紙書籍版 取り扱い中

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

19世紀近代の根源史としての意味をもつヴァーグナーの「綜合芸術」作品。その弁証法的世界を読み解きながら、魔術的「陶酔」の彼方にある批判的・反省的な「覚醒」の可能性を提示する‐‐ヴァーグナーから読み解く近代の文脈。

高橋順一関連作品

  • 越境する思考 2200円
    作家 高橋順一
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/03/14

    現代思想の源流・ドイツ思想へ遡り、「否定の弁証法」をテコに<近代の形而上学>批判の思想的地平へ浮上する。

クリティーク叢書関連作品

「ロック・ポップス」カテゴリ