読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

子供がキレる12の現場(小学館文庫)

子供がキレる12の現場(小学館文庫)
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 605円(税込)
ポイント還元 6ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 304
販売開始日 2014/04/04
紙書籍版 取り扱い中

日々、ワイドショーを騒がせる少年たちの突出した犯罪の数々。少年法改正の動きにとり沙汰される子供たちの変容。子供たちは、家で、学校で、街で、一体何をしているのか‐‐? もはや、世代のギャップだけでは片づけられない、大人たちにはわからない子供たちの行動、そこから巻き起こる事件、犯罪。彼らは何を考え、何を求めているのか。“今”を生きる子供たちの現場をレポートし、彼らの“こころ”を考察する。

※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。 試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

芹沢俊介関連作品

  • もういちど親子になりたい 880円
    作家 芹沢俊介
    出版社 主婦の友社
    販売開始日 2017/09/27

    もし、いまの親子関係に気になるところがあるならば、親子の関係を根底から見直してみてください。子どもをまるごと、受けとめ、シンプルな関係に戻ることで、親子の関係は築き直せます。苦しんでいる親子のた...

  • 他界と遊ぶ子供たち 少年たちの資本主義 1815円
    作家 芹沢俊介
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/06/27

    いま子どもたちはどこへ向かっているのか? 遊びの変容、清潔ブーム、おたく族と胎内商品、噂話と死・他界への衝動など、加速する消費資本主義社会のなかで強まる逃走願望と、実際には依存を深める子どもたち...

  • 少年犯罪論 3080円
    作家 芹沢俊介
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/06/27

    非社会化し内向化する子どもたちの心とからだの危機、いじめ、リンチ、殺人などの少年非行・犯罪‐‐。事件・現象の現場からの報告と論理との接合、そのあいだの往還の試みを介して事の本質へと迫り、子どもた...

  • 解体される子どもたち 少年犯罪の政治学 3080円
    作家 芹沢俊介
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/06/27

    学校・家庭・社会というシステムが子どもたちにしいる「抑圧」と、解き放たれたいと願う子どもたちとの接点に生じる危機的空間。そこに多発する少年犯罪と教育政治学の構造連関をあますところなく照らし出し、...

  • 親殺し 1232円
    作家 芹沢俊介
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2013/12/20

    あなたは子どもを「殺して」いませんか? 最近の親殺し事件、秋葉原事件がなぜ起きたのかを、「教育家族」「離婚」「対人関係」等の要因から解き明かし、親のあり方や救済(=更正)について考える。

  • 事件論 748円
    作家 芹沢俊介
    出版社 平凡社
    レーベル 平凡社新書
    販売開始日 2013/12/06

    なぜ毒物は匿名の悪意を拡散させるのか?なぜ自殺幇助の概念は揺らいでいるのか?なぜ誘拐事件は恐喝事件に相貌を変えるのか?なぜミイラに治療を施しつづけるのか?なぜ"連続強姦殺人"は昭和とともに終焉し...

小学館文庫関連作品

「学校・社会教育」カテゴリ