読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

ザ・俳句十万人歳時記 秋

ザ・俳句十万人歳時記 秋
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。 ダウンロードはこちら
価格 1620円(税込)
ポイント還元 16ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 1211
販売開始日 2014/04/25
ファイル形式 epub

宗因・芭蕉からあなたの世代まで、400年間の俳人10万人の18万句収録。俳諧古句から現代感覚充溢句まで、俳句の全流域を観望できる画期的大歳時記。

有馬朗人関連作品

金子兜太関連作品

宇多喜代子関連作品

  • 桂信子文集 10800円
    作家 桂信子 宇多喜代子
    出版社 ふらんす堂
    販売開始日 2015/01/30

    ◆珠玉の文集 新興俳句の旗手・日野草城に俳句を学び、平明な詩情で独自な作品世界を確立した桂信子の評論・エッセイ・対談・インタビューなどを収録した散文選集。収録の日野草城論、『激浪』ノートなどは、...

「詩・短歌・俳句」カテゴリ

  • 新着!
    「古今和歌集」の創造力 1382円
    作家 鈴木宏子
    出版社 NHK出版
    販売開始日 2019/02/22

    なぜ梅にはウグイスなのか。なぜ秋は悲しいのか‐‐。あらゆる詩歌や文学的感受性の〈型〉を創りあげた『古今和歌集』。第一線の古典和歌研究者が、レトリックと配列の緻密な分析から、天才編集者・紀貫之の企...

  • 夢の、感触 2700円
    作家 SalmiSalco.
    出版社 ふらんす堂
    販売開始日 2019/02/08

    ◆新詩集 西の彼方、 太陽が昨日に還る頃、 南天高く、夜は爪を伸ばす。 月の雫は、星座を作り その秩序に守られ、 私は、呼吸する。 一瞬、失うチャンスは、 流れ行き交う、星々。 眠りに落ち...

  • ふわふわ うさぎ川柳 1080円
    作家 うさぎの時間編集部
    出版社 誠文堂新光社
    販売開始日 2019/02/01

    かわいいうさぎの写真と飼い主の思いがぎゅっとつまったおもしろ川柳が1冊に。 うさぎならではの仕草や部位、ツンデレ具合に萌える!

  • もふもふ インコ川柳 1080円
    作家 コンパニオンバード編集部
    出版社 誠文堂新光社
    販売開始日 2019/02/01

    もふっとかわいいインコたちの写真と、インコ愛にまみれた川柳が合体! 激カワあり、親バカありの、クスっと笑える一冊です。

  • 背骨のフルート 2285円
    作家 マヤコフスキー 小笠原豊樹
    出版社 土曜社
    販売開始日 2019/01/18

    《声の力で世界を完膚なきまでに破壊して、ぼくは進む、美男子で二十二歳》と言い放ったその年に詩人は奇妙な夫妻と知る。のちに秘密警察 OGPU の工作員として働くことになるオシップとリーリャのブリー...

  • 詩集 風の音 324円
    作家 池尾邦子
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2019/01/18

    さまざまな思い出が蘇ってくるような、懐かしさと寂しさと温かさとが入り混じった気持ちを想起させる。

  • NHK俳句 俳句づくりに役立つ! 旧かな入門 1620円
    作家 山西雅子
    出版社 NHK出版
    販売開始日 2019/01/11

    正しい旧かな表記の理解は、俳句実作者が乗り越えねばならないハードル。本書は「語源」というアプローチから、効率よく持続的に旧かなを攻略し、辞書的にも使える一冊。『NHK俳句』人気連載「俳句づくりに...

  • 別冊NHK100分de名著 読書の学校 若松英輔 特別... 756円
    作家 若松英輔
    出版社 NHK出版
    販売開始日 2019/01/11

    なぜ人には詩が必要なのか? 国民的詩人・茨木のり子が遺した素朴な詩は、なぜ日本人の心に響くのか? 「詩」を感じることができれば、言葉は人生を支える糧となる。詩と出会う大切さを知ることで、自分を励...

  • 詩集 夜の声 1080円
    作家 宮本早苗
    出版社 学研
    販売開始日 2018/12/14

    大分県在住の詩人、河野俊一氏との交流を契機に詩作の世界に足を踏み入れた著者が、三十数年書いてきた作品を世に問う一冊。

  • もう会えないとわかってから 1296円
    作家 蒼井ブルー
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2018/12/07

    前作『君を読む』に続く、蒼井ブルーの恋愛詩集第2作。今作では新進気鋭の人気モデル・田中芽衣をイメージモデルに迎え、苦くせつない「別れ」をテーマに書き下ろします。

  • ランゲージ・ダンス 1836円
    作家 上野一子
    出版社 ふらんす堂
    販売開始日 2018/12/07

    ◆第一句集シリーズ/I 一本の虹できるまで踏むミシン 定型を守りつつ、口語を主体に、文語あり、切れ字あり、ですます調ありと、表現の実験をしているようでもある。 (序・福本弘明) ◆自選十句 ...

  • 第五インターナショナル 2285円
    作家 マヤコフスキー 小笠原豊樹
    出版社 土曜社
    販売開始日 2018/12/01

    1922年秋。30歳の詩人は、3年越しの大作の冒頭をイズヴェスチヤ紙上に発表し、ベルリンへ発つ。やがてディアギレフの案内でパリに入り、ピカソ、レジェ、ストラヴィンスキーらと会う。全八部と構想され...