読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

陰の季節

陰の季節
電子書籍版
価格 529円(税込)
ポイント還元 5ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 241
販売開始日 2014/08/12
紙書籍版 取り扱い中

『64』で話題沸騰! 横山秀夫「D県警シリーズ」はここから始まった!

警察一家の要となる人事担当の二渡真治は、天下りポストに固執する大物OBの説得にあたる。にべなく撥ねつけられた二渡が周囲を探るうち、ある未解決事件が浮かび上がってきた......。「まったく新しい警察小説の誕生」と選考委員の激賞を浴びた第5回松本清張賞受賞作を表題作とするD県警シリーズ第一弾! 表題作他、「地の声」「黒い線」「鞄」の短篇四篇を収録。

横山秀夫関連作品

  • 出口のない海 550円
    作家 横山秀夫
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/19

    最終兵器「回天」が意味すること。戦争とは、青春とは――。ベストセラー作家が描く戦争青春小説。

  • 半落ち 550円
    作家 横山秀夫
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/18

    日本中が震えた、ベストセラー作家の代表作。妻を殺し、それでも生きる。心の奥に想いを秘めて――。

  • 出口のない海 462円
    作家 横山秀夫 松尾しより
    出版社 講談社
    掲載誌 BE・LOVE
    販売開始日 2019/07/01

    人間魚雷「回天(かいてん)」。それは、発射と同時に“死”を約束する、「最後の特攻兵器」である――。悲劇的なる太平洋戦争末期、それでもあざやかに燃える“戦時の青春”を描く、感動ストーリー!! 甲子...

  • 華文ミステリーvs.日本ミステリー アジア発、ミステリ... 306円
    作家 陳浩基 横山秀夫
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-Books
    販売開始日 2018/11/09

    日本のミステリーをお手本にして勃興する華文(中国語)ミステリー 香港と日本の警察小説の第一人者が熱く語り合った! 『陰の季節』『動機』で日本の警察小説シーンに新たな地平を切り拓き、『半落ち』『...

  • 真相 528円
    作家 横山秀夫
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2016/11/01

    犯人逮捕は事件の終わりではない。そこから始まるもうひとつのドラマがある。‐‐息子を殺された男が、犯人の自供によって知る息子の別の顔「真相」、選挙に出馬した男の、絶対に当選しなければならない理由「...

  • 合本 64(ロクヨン)【文春e-Books】 1406円
    作家 横山秀夫
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-Books
    販売開始日 2016/04/01

    2012年「週刊文春ミステリーベスト10」第1位、13年「このミステリーがすごい!」第1位など高い評価を得た警察小説。2015年のテレビドラマ化につづき、2016年に前編(5月7日公開)・後編(...

文春文庫関連作品

  • ファインダーズ・キーパーズ (1~2巻) 880円
    作家 スティーヴン・キング 白石朗
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/02/05

    『IT』『シャイニング』で知られるモダン・ホラーの巨匠キングが、小説への愛をこめた渾身のミステリー! キング初のミステリー『ミスター・メルセデス』の続編登場。 少年ピートが川岸で掘り出したのは...

  • 火盗改しノ字組 (1~4巻) 750円765円
    作家 坂岡真
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/02/05

    「鬼役」の坂岡真、渾身の新シリーズ発進! 火盗改の駆け出し侍が、個性豊かでアクの強い仲間たちと江戸の巨悪に敢然と立ち向かう。 九代将軍徳川家重の治世。越後新発田藩の浪人の息子・伊刈運四郎は、直...

  • 死体は語る (1~2巻) 540円691円
    作家 上野正彦
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/02/05

    死体は雄弁な証言者、検死結果には想像を超えるドラマがひそむ。変死体を扱って三十余年の元監察医が綴る法医学入門

  • 余話として 711円
    作家 司馬遼太郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/02/05

    1979年に刊行以来、いまも版を続ける司馬遼太郎のエッセイ集の新装版。 「人間の何事かについて小説の構想を考えているとき、無数の、といっていいほどの無駄ばなしが脳裏を去来する」と司馬さんは「あ...

  • 日々是口実 691円
    作家 土屋賢二
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/02/05

    週刊文春の人気連載! ツチヤ先生の「口実」満載のエッセイ集。 妻と弟をお供に旅行に出かけたり、78歳のスーパーボランティアに衝撃を受けたり、 教え子との会話に興じたり、不幸のモトに思いをはせた...

  • ファーストラヴ 781円
    作家 島本理生
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/02/05

    夏の日の夕方、多摩川沿いを血まみれで歩いていた女子大生・聖山環菜が逮捕された。彼女は父親の勤務先である美術学校に立ち寄り、あらかじめ購入していた包丁で父親を刺殺した。環菜は就職活動の最中で、その...

「経済・社会小説」カテゴリ