読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

Thinkers50 マネジメント

Thinkers50 マネジメント
電子書籍版
価格 1296円(税込)
ポイント還元 12ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 256
販売開始日 2014/09/30
紙書籍版 取り扱い中

本質をこの1冊で。“THINKERS50”シリーズ第1弾!
人を動かし、会社を動かし、成長と成功に至るための思考。
最高の知性に学ぶ実践的経営論!

マネジメントは世の中を形づくり、私たちを混沌から守る大切な砦であり、
何かを実現する使命を帯びた職業である。
本書はマネジメントにまつわる古今の優れたアイデアを集め、
ビジネス思想の大家たちとの対話をまじえながら
現代的な視点からその意味を解き明かすことを目的としている。
マネジメント理論の基礎、本質、最先端が詰まった一冊。

≪本書に登場する主なビジネス思想家≫ヘンリー・ミンツバーグ、ダニエル・ピンク、リンダ・グラットン、ゲイリー・ハメル、
ロザベス・モス・カンター、ジョン・コッター、C.K.プラハラード、デービッド・ノートン、
ダニエル・ゴールマン、ジェームズ・チャンピー、デイビッド・ウルリッチ ほか

≪Thinkers 50とは≫
Thinkers 50は、マネジメント思想を調査、ランク付けしたうえで世の中に広く紹介する取り組み。
2001年以降、隔年で発表されているランキングは、「マネジメント思想のアカデミー賞」とも言われる。
歴代の第1位は、ピーター・ドラッカー(2001年、2003年)、マイケル・ポーター(2005年)、
C.K.プラハラード(2007年、2009年、クレイトン・クリステンセン(2011年、2013年)。
日本人では、大前研一、野中郁次郎が殿堂入りしている。
Thinkers50書籍シリーズは、マネジメント理論のエッセンスを世界のトップ思想家を
直接インタビューした内容とともに紹介する新しいスタイルの入門書である。


【目次】
◆第1章 マネジメントの発祥
◆第2章 マネジャーの仕事
◆第3章 働く人の動機づけ
◆第4章 業務プロセスの管理
◆第5章 成果の把握
◆第6章 変化のマネジメント
◆第7章 人材のマネジメント
◆第8章 グローバル経営
◆第9章 マネジメントと感情
◆第10章 ミレミアム世代のマネジメント

スチュアー・クレイナー関連作品

有賀裕子関連作品

「教養・雑学」カテゴリ