読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

日本人と中国人はなぜ水と油なのか

日本人と中国人はなぜ水と油なのか
電子書籍版
価格 649円(税込)
ポイント還元 6ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 224
販売開始日 2014/11/07
紙書籍版 取り扱い中

今日、日本と中国の双方とも、本当は仲良くしたいと思っているのに、互いに不信感を抱いている状況はあまりに不幸だ。とはいえ、歴史的に日中が歩いてきた長い歩みの中には、水と油と思われるほどの異質性の根源が見えている。
なぜ、中国では模造品や海賊版が氾濫するのか。地獄の沙汰も金次第という、中国の金銭倫理の根はどこにあるのか。日本がかつてもっていた、中国に対する崇拝の念はいつ崩れたのか。そのとき、日本は中国の何をダメだと断じたのか。反対に、戦後、中国は日本の文化や思想までも模倣しながら、その一方で、いったい日本の何をダメだと断じ、憎んでいるのか。
二千年の日中関係史から今を見る。

<目次>
第1章 日本と中国にとっての西洋文明
第2章 東洋思想とキリスト教
第3章 稲作地帯だけに普及した仏教
第4章 東洋医学は科学的か
第5章 満州国建国は中国への侵略か
第6章 愚かだった日中戦争
第7章 したたかな中国、お人好しの日本
第8章 個人としての中国人と日本人
第9章 もの静かな華僑

太田尚樹関連作品

ベスト新書関連作品

  • 消えたお妃候補たちはいま 946円
    作家 小田桐誠
    出版社 ベストセラーズ
    レーベル ベスト新書
    販売開始日 2019/08/22

    皇后雅子さまと他の候補者たちを分けたものと それぞれを待っていた未来とは 令和時代が幕を開け、皇后となった雅子さまに大きな注目が集まっている。 現在の皇室も結婚問題に揺れているが、天皇陛下が...

  • 日本の「水」が危ない 946円
    作家 六辻彰二
    出版社 ベストセラーズ
    レーベル ベスト新書
    販売開始日 2019/03/14

    昨年12月に水道事業を民営化する「水道法改正案」が成立した。 ところが、すでに、世界各国では水道事業を民営化し、 水道水が安全に飲めなくなったり、水道料金の高騰が問題になり、 再び公営化に戻す潮...

  • 遅読術 946円
    作家 適菜収
    出版社 ベストセラーズ
    レーベル ベスト新書
    販売開始日 2019/02/23

    「速読はバカの早食いと同じ! 」 ロクでもない情報を遮断し 人類の「知の遺産」を味わい尽くせ! ショウペンハウエル、ヴィーコ、三島由紀夫、 ヤスパース、三木清、ニーチェ、 大江健三郎、ヘッセ...

  • 男を強くする! 食事革命 946円
    作家 志賀貢
    出版社 ベストセラーズ
    レーベル ベスト新書
    販売開始日 2019/01/19

    “80歳超で現役”の著者が、人間の性に関するデータを駆使。 医者が教える中高年の絶倫勝負メシ! ◎男の精力は肝臓に支配されている ◎弱った精力はスルメのコレステロールに頼れ ◎酒は名刀ペニスの...

  • はつらつと老いる力 946円
    作家 帯津良一
    出版社 ベストセラーズ
    レーベル ベスト新書
    販売開始日 2019/01/19

    「~病は気から~」。 昔からあるこの言葉の通り、健康は心の持ち方で変わるもので、 「あれはダメこれはダメ」など何かと制限してしまうのは健康法に非ず。 とくに“人生100年時代”を生きるシニア層に...

  • 安倍政権は消費税を上げられない 946円
    作家 荻原博子
    出版社 ベストセラーズ
    レーベル ベスト新書
    販売開始日 2019/01/11

    安倍政権が実は消費税が上げられない理由とは? 日銀の金融政策、株価、国際、税率、地下などなどの項目が五輪後はどう変わる? そこから、老後破産の根拠を探り、どう逃げ切ればよいのか? 40~50代...

「エッセイ・雑学」カテゴリ