読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

Voice 平成26年12月号

Voice 平成26年12月号
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 713円(税込)
ポイント還元 7ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2014/12/26

中国はメンツをかけてAPECを成功させたいのだろう。オバマ大統領は中間選挙で民主党が惨敗し意気消沈しているし、朴槿恵大統領はウォン高で輸出企業はもがき苦しんでいる。両政権ともにレームダック化し始めている。一方で、安倍総理も女性閣僚の辞任など改造内閣のスタートで躓いた。当の習近平国家主席も経済減速に頭を抱えていることだろう。今月号の総力特集は「中国の大失敗」と題し、香港のデモやチャイナ・リスクについて考えた。日高義樹氏は、「民主化を求めて集まっているのが、天安門事件記念集会に集まった学生たちである」ことを挙げた。第二特集は、消費税再増税への反対論。鈴木敏文氏は経営者の視点から、いま消費税を上げることは時期尚早だという。同じく、安倍総理のブレーンといわれる内閣官房参与の本田悦朗氏は、増税のタイミングを問題視し、デフレ脱却後の2017年4月1日に再増税を実施するシナリオを説いた。今月号では、ほかにも『産経新聞』の加藤達也前ソウル支局長の在宅起訴の問題を、韓国人ブロガーのシンシアリー氏に韓国から見た顛末をまとめてもらった。また、岡田晴恵氏は、世界的な広がりを見せようとするエボラ出血熱Xデーへの備え方を紹介。巻頭の対談では、谷垣禎一自民党幹事長に二閣僚辞任や消費増税などについて語っていただいた。日本の行く末を占ううえで、不可欠なテーマを論じており、ぜひご一読ください。

シリーズ作品

  • Voice 平成26年9月号 Voice編集部/編 713円(税込) 7ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/09/12

    総力特集では、「断末魔の朝鮮半島」と題し、北朝鮮問題と慰安婦問題を中心に議論を展開。

    試し読み 試し読み
  • Voice 平成26年10月号 Voice編集部/編 713円(税込) 7ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/10/17

    今月号の総力特集は、『朝日新聞』の8月5日と6日の慰安婦問題の検証記事について、弊誌としても検証し、日韓関係について考えてみた。

    試し読み 試し読み
  • Voice 平成26年11月号 Voice編集部/編 713円(税込) 7ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/11/14

    今月号の総力特集は、「さよなら朝日、ストップ増税」。渡部昇一氏と養老孟司氏の対談。巻頭インタビューは門田隆将氏。

    試し読み 試し読み
  • Voice 平成27年1月号 Voice編集部/編 713円(税込) 7ポイント(1%)
    販売開始日: 2015/01/23

    新年1月号の総力特集は、「2015年を読む世界の大停滞、日本の正念場」。巻頭エッセイは、東京大学名誉教授で解剖学者の養老孟司氏。

    試し読み 試し読み
  • Voice 平成27年2月号 Voice編集部/編 713円(税込) 7ポイント(1%)
    販売開始日: 2015/02/20

    2月号総力特集は「戦後70年日本の言い分」。第二特集は、経済、財政、安全保障、政局というテーマから「新安倍政権に問う」。

    試し読み 試し読み
  • Voice 平成27年3月号 Voice編集部/編 713円(税込) 7ポイント(1%)
    販売開始日: 2015/03/13

    3月号の総力特集は、いつまでも交わることのない日韓「歴史戦争」。第二特集は、「ピケティと格差社会」。

    試し読み 試し読み

PHP研究所関連作品

「経済・社会小説」カテゴリ