読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

番町牢屋敷(小学館文庫)

番町牢屋敷(小学館文庫)
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。 ダウンロードはこちら
価格 702円(税込)
ポイント還元 7ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 400
販売開始日 2015/02/13
紙書籍版 取り扱い中

「ここは何だ? どこなんだ?」杵右衛門は恐怖を見せて立ち止まった。 「お前のような悪党を入れておく場所だ。生かすも殺すも、こっちの勝手だ。」 江戸は番町の一角、人に知られざる地下牢がある。十七年前、南町奉行をつとめた根岸肥前守正虎は、秘かに同心や与力を集めて、“根岸組”を結成した。いわば江戸の私設警察である。町奉行の手が届かない幕臣、大名、僧侶等、権力をかさに法の網をくぐり悪徳のかぎりをつくす輩をしょっぴき、世の正義によって次々と裁く異色捕物。

南原幹雄関連作品

  • 北の黙示録(下) 594円
    作家 南原幹雄
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/12/14

    奥州独立の野望実現に邁進する伊達藩――江戸幕府の命運をかけて阻止をはかる老中松平定信と、中町奉行の面々。ついに幕府の奥州討征令が下る。緒戦で優位に立った六藩同盟は、強力な火器で幕府軍を追い詰める...

  • 北の黙示録(上) 594円
    作家 南原幹雄
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/12/14

    伊達政宗が150年前に抱いた、奥州独立の理想と野望。その実現に、伊達を盟主として南部・津軽・上杉・佐竹・二本松の6藩が起った。時は寛政4年、北海道根室にロシアの軍船・エカテリーナ号が寄港した。伊...

  • 首一万両 540円
    作家 南原幹雄
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/10/05

    面子を捨てて利のみを求めて生きる、したたかな商人上りの侍。毒と知りつつ、あえて江戸友禅の秘法に挑む職人。幕府の禁令に抗して、嫌いな家業を継ぐ張形師。若気の至りが、思いがけない人生を招く浮世絵の絵...

  • 神々の賭け 756円
    作家 南原幹雄
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/10/05

    尾張藩主・宗春は、前藩主・継友が紀州藩主・吉宗と熾烈な将軍位争いを演じた過去をふまえて、ことごとく吉宗と対抗する政策をとった。「将軍家の息女を奪え!」という未曽有の密命が、尾張藩土居下同心にくだ...

  • 謎の団十郎 594円
    作家 南原幹雄
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/10/05

    初代団十郎の暗殺の謎を解いた八代目の面相に、世にも恐ろしい兆候が浮き出た。そして八代目もまた非命に斃れる。歴史の中に塗り込められた異様な事件が今、霧のかなたからゆらゆらとその正体を見せ始めた。連...

  • 修羅の絵師 594円
    作家 南原幹雄
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/10/05

    三河の家康信仰の因縁がまつわる出生に、漂泊貧窮の幼児期を過ごし、屈辱の青春時代を凌いだ男は、ついに、豪快な筆法をもって鳴る、江戸荒事歌舞伎絵看板の創始者となり、浮世絵界に不滅の流派を築き上げた。...

小学館文庫関連作品

「歴史・戦記」カテゴリ