読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

私という名の変奏曲

私という名の変奏曲
電子書籍版
価格 763円(税込)
ポイント還元 7ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 336
販売開始日 2015/03/06
紙書籍版 取り扱い中

十八歳の時に交通事故で顔に大怪我を負い、美容整形手術を受けて完璧な美貌を手に入れて世界的ファッションモデルにまでのし上がった美織レイ子が死んだ。整形後の人生の中でレイ子は七人の男女を憎んできたが、その七人もまた彼女を殺す動機を持っており、しかも全員が、「美織レイ子を殺したのは自分だ」と信じていた!? ミステリー史上でも出色のヒロインをめぐる目くるめく愛憎劇を描き切ったその超絶技巧は、帯にいただいた綾辻行人さんの言葉どおり、「まさに連城流、並ぶものなし」です。

連城三紀彦関連作品

文春文庫関連作品

  • 孟夏の太陽 880円
    作家 宮城谷昌光
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/01/04

    為政者の徳とは何か。 現代にも通じる王と宰相の関係を描く長篇! 古代中国・晋の宰相として国を支え続けた趙一族の盛衰を、 歴史と運命への透徹した視点をもって描いた初期の傑作長篇。 中国春秋時代...

  • サイレンス 801円
    作家 秋吉理香子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/01/04

    一気読み必至の偏愛サスペンス。 婚約者が雪深い孤島で突然失踪......、故郷の島には恐ろしい“秘密”があった。 深雪は婚約者の俊亜貴を連れ、故郷の雪之島を訪れる。結婚してありふれた幸せを手に...

  • カブールの園 750円
    作家 宮内悠介
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/01/04

    シリコンバレーで起業した30代後半、日系3世の女性レイ。 80年代アメリカの小学校時代に周囲から受けた壮絶ないじめの後遺症を今も抱えながら、黒人の同僚とコンビで自社製品のプレゼンに駆り出される日...

  • 赤毛のアン (1~4巻) 770円850円
    作家 L・M・モンゴメリ 松本侑子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/01/04

    美しいプリンス・エドワード島で愛されて成長していく少女アン。幸福感あふれる名作の日本初の全文訳。 訳文は、お茶会のラズベリー水とカシス酒、アンの民族衣裳、スコットランドから来たマシューの母など...

  • 殺し屋が解く日常の謎 801円
    作家 石持浅海
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/01/04

    「安心・安全のシステムで、殺し屋、やってます」 殺し屋が解く〈日常の謎シリーズ〉開幕 コンサルティング会社を営む男、富澤允。 彼には裏の仕事があった。 650万円の料金で人殺しを請け負う「殺し...

  • 怪盗 桐山の藤兵衛の正体 八州廻り桑山十兵衛 770円
    作家 佐藤雅美
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/01/04

    悪は必ずしも悪ならず。 思いがけない事件の結末が胸を打つ! 消息を絶っていた盗賊「桐山の藤兵衛一味」。 再び動き始めたのはなぜか。 時代に翻弄される人々への、十兵衛の深い眼差しが胸を打つ。 ...

「日本」カテゴリ