読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

明智光秀が織田信長を殺した理由は、野望説、怨恨説、黒幕説のいずれでもない。20分で読めるシリーズ

明智光秀が織田信長を殺した理由は、野望説、怨恨説、黒幕説のいずれでもない。20分で読めるシリーズ
電子書籍版
価格 329円(税込)
ポイント還元 3ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2015/09/04

20分で読めるミニ書籍です(文章量18,000文字程度=紙の書籍の36ページ程度)

「役立つ」「わかりやすい」「おもしろい」をコンセプトに個性あふれる作家陣が執筆しております。
自己啓発、問題解決、気分転換、他の読書の箸休め、スキルアップ、ストレス解消、いろいろなシチュエーションでご利用いただけます。
是非、お試しください。

書籍説明

日本史最大の謎の一つが「本能寺の変」である。
「決して謀反なぞ起こさぬ律儀者」の明智光秀が、下克上(げこくじょう)の戦国の世においても大罪であった「主殺し」を、
あえて実行したのには、それ相応の理由があったはずだ。
しかし、光秀が「なぜ信長を襲撃したか」については、確かな記録がない。
昔から多くの歴史学者・愛好家・作家が、「信長殺し」の理由を推測している。
さて、真相は・・・?

目次
一 敵は本能寺
二 天才児信長
三 将軍義昭
四 明智光秀
五 野望と怨恨
六 黒幕
七 燃え尽きた光秀

潮美瑶関連作品

MBビジネス研究班関連作品

「人物評伝」カテゴリ