読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

ぼくたち日本の味方です

ぼくたち日本の味方です
電子書籍版
価格 780円(税込)
ポイント還元 7ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 352
販売開始日 2015/12/25
紙書籍版 取り扱い中

3.11後の日本をどう生きるか――

渋谷陽一氏の司会で、国内政治をテーマに二人の論客が対談するシリーズ第二弾。2010年11月から2012年2月にかけて、東日本大震災をはじめ、沖縄基地問題、橋下徹論、原発問題、天皇制、経済成長、民主主義などを語り合った。

<わたしたちは、やがて、いなくなるが、わたしたちの後から来る人たちのために、「ニッポン」さんには、まだまだ頑張ってもらわなきゃならない。そのためにどうすればいいか。わたしは、ない知恵をふりしぼって考えてみた。みなさんが考えるためのヒントに少しでもなれば幸いである。>高橋源一郎「文庫版のためのあとがき」より


※このコンテンツは『どんどん沈む日本をそれでも愛せますか?』(2012.6 ロッキング・オン刊)を改題したものです。

内田樹関連作品

高橋源一郎関連作品

文春文庫関連作品

  • 怪談和尚の京都怪奇譚 650円
    作家 三木大雲
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/09/06

    京都の怪談名人の、ぜんぶホントの怖~い話 死者からの電話、人形の怨念、線路にしゃがむ老婆......。 京都の古刹・蓮久寺の住職が相談を受け体験した、怖くて、ホントで、不思議な実話の数々!

  • バブル・バブル・バブル 800円
    作家 ヒキタクニオ
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/09/03

    パルコ系クリエーターとして、バブルをど真ん中で経験したヒキタクニオが 自らの仕事と恋愛、青春の日々を回想するドキュメンタリーノベル。 1967年、故郷の福岡を出て東京へ。大学在学中にイラストレ...

  • わが母なるロージー 751円
    作家 ピエール・ルメートル 橘明美
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/09/03

    『その女アレックス』のカミーユ警部、再登場 パリのあちこちに仕掛けられた七つの爆弾。犯人だと出頭した青年の狙いは何か? カミーユ警部と富豪刑事ルイが奔走する番外編。

  • どうかこの声が、あなたに届きますように 730円
    作家 浅葉なつ
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/09/03

    地下アイドル時代、心身に深い傷を負い、鎌倉の祖母のもとでひっそりと生活を送っていた20歳の小松奈々子。そこに突然現れたラジオ局のディレクター黒木から、番組アシスタントにスカウトされる。 初日の生...

  • 影裏 591円
    作家 沼田真佑
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/09/03

    第157回芥川賞受賞作。 大きな崩壊を前に、目に映るものは何か。 北緯39度。会社の出向で移り住んだ岩手の地で、 ただひとり心を許したのが、同僚の日浅だった。 ともに釣りをした日々に募る追憶...

  • スタフ staph 789円
    作家 道尾秀介
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/09/03

    ランチワゴンは疾走する、危険な中学生アイドルを乗せて。 バツイチ、アラサーの移動デリ経営者・夏都、人生最高で最悪の二週間。 街をワゴンで巡り、料理を売って生計を立てる女性・夏都(なつ)。 バツ...