読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

[新装版]真田幸村―「弱者」の必勝戦術ここにあり

[新装版]真田幸村―「弱者」の必勝戦術ここにあり
電子書籍版
価格 1512円(税込)
ポイント還元 15ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 206
販売開始日 2016/01/13
紙書籍版 取り扱い中

わずか約2500の軍勢で3万8000の徳川大軍を翻弄し退けた知謀の男とは何者だったのか!?
名著者たちの論考でその実態に迫る、「日本一のつわもの」を読み解くためのアンソロジー。

【著者紹介】
江坂彰 (えさか・あきら)
一九三六年、京都府生まれ。京都大学文学部卒業。東急エージェンシー関西支社社長等を経て、八四年に独立し『冬の火花―ある管理職の左遷録』で作家としてデビュー。

白石一郎 (しらいし・いちろう)
一九三一年、釜山生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。五七年『雑兵』で第十回講談社倶楽部賞を受賞して文筆生活に入る。八七年『海狼伝』で第十七回直木賞を受賞。

百瀬明治 (ももせ・めいじ)
一九四一年、長野県生まれ。京都大学文学部卒業。『表象』同人、季刊『歴史と文学』編集長を経て、歴史を主対象とした著述業へ。

土門周平 (どもん・しゅうへい)
一九二〇年、東京都生まれ。陸軍士官学校卒業(第五十五期)。戦車師団中隊長で終戦。防衛研究所戦史編さん官等を経て、著述業へ。

南原幹雄(なんばら・みきお)
一九三八年、東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。日活に勤務。七五年退社し、作家生活に入る。七三年『女絵地獄』で小説現代新人賞受賞。

滝口康彦 (たきぐち・やすひこ)
一九二四年、長崎県生まれ。高等小学校卒業。以後独学。郵便局集配員、運送会社事務員、兵役約一カ年、炭鉱鉱員などを経て、ラジオドラマ小説の懸賞当選を機に文筆業となる。

新井英生(あらい・ひでを)
一九三三年、大阪府生まれ。早稲田大学文学部中退。文芸通信社記者を経て、文筆活動に入る。

【目次より】
序◆功名心を捨てよ。人はそこについてくる――江坂彰
第一章◆「日本一のつわもの」真田幸村――白石一郎
第二章◆「戦争芸術家」の悲愴なる闘い――百瀬明治
第三章◆「大坂夏の陣」一点集中突破の威力――土門周平
第四章◆「不惜身命」六連銭の気概――南原幹雄
第五章◆「表裏比興の雄」真田昌幸――滝口康彦
第六章◆上田城守備戦と「詭計」「謀略」――新井英生

江坂彰関連作品

白石一郎関連作品

  • レジェンド歴史時代小説 庖丁ざむらい 十時半睡事件帖 842円
    作家 白石一郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/07/08

    黒田藩の要職を歴任して、いまは隠居の身の十時半睡(とときはんすい)だが、藩の生き字引として尊敬を集め、藩士がらみのさまざまなトラブルの相談がしばしば持ち込まれる。刀剣マニア同士の悲喜劇、ノミの夫...

  • 海将(下) 594円
    作家 白石一郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    海を知り船を自在に操る小西行長は、豊臣秀吉の西国征服で重要な役割を果たす。だがその心のうちは、宇喜多家に仕えながら小西家の繁栄を願い、悩みに揺れていた。才智の男として歴史に名を残した行長の表と裏...

  • 海将(上) 594円
    作家 白石一郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    堺の薬問屋・小西隆佐は、まだ信長の家臣の1人にすぎない羽柴秀吉に己と一族の将来を賭ける。時は天正、西国の毛利家に対抗するための要となる備前・宇喜多家へ、隆佐は手塩にかけて育て跡継ぎと考えていた1...

  • 海のサムライたち 530円
    作家 白石一郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2014/12/05

    海に薄情な日本人よ。かつてこの島国には、海のサムライたちがいたではないか。日本よ海に熱くなれ――! 古代の海賊王・藤原純友、村上海賊衆と松浦党、九鬼嘉隆や小西行長などの戦国武将、さらには三浦按針...

  • 生きのびる 横浜異人街事件帖 559円
    作家 白石一郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2014/12/05

    ときは幕末。開港して六年目の横浜では、南京人による犯罪が激増していた。取締りの応援に乗り込んだ与力立花源吾が行方知れずに。そしてある朝、源吾の首が奉行所の門前にさらされていた――! 下手人と目さ...

  • 島原大変 660円
    作家 白石一郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2014/12/05

    土地の人々が「奥山」と呼ぶ普賢岳に続き、寛政四年三月一日、島原の「前山」が火を噴いた。大噴火は地震と津波を誘発し、肥前島原藩七万石の城下町は一夜にして土砂に埋まった――。大自然の猛威を目の当たり...

百瀬明治関連作品

  • 「適塾」の研究 450円
    作家 百瀬明治
    出版社 PHP研究所
    レーベル PHP文庫
    販売開始日 2015/11/06

    何を、どのように学ばせ、どのように育てたのか。数多くの逸材を輩出した「適塾」の人材開発の秘密と、若き塾生たちの情熱と苦闘を描いた注目の書。

  • 「軍師」の研究 500円
    作家 百瀬明治
    出版社 PHP研究所
    レーベル PHP文庫
    販売開始日 2015/10/30

    将の影にあって、組織の存亡をかけた戦略の立案と遂行に従じた参謀型武将軍師。彼らはいかに難局を打開していったのか。本書はその概略の数々と人間像を描く。

  • 開祖物語 450円
    作家 百瀬明治
    出版社 PHP研究所
    レーベル PHP文庫
    販売開始日 2015/08/28

    最澄、空海、親鸞、道元、日蓮―その人間像と苦汁に満ちた求道の生涯を、筆者ならではの力強い筆致で描く快心の力作。

  • 足利尊氏 500円
    作家 百瀬明治
    出版社 PHP研究所
    レーベル PHP文庫
    販売開始日 2015/06/05

    室町幕府の初代将軍・足利尊氏。己れの目的のために知謀と行動力の限りを尽くし、天下三分の乱世を雄々しく生き抜いた、新しいリーダー像がここにある。

  • 戦国 名将の条件・参謀の条件 450円
    作家 百瀬明治
    出版社 PHP研究所
    レーベル PHP文庫
    販売開始日 2015/06/05

    名将にみる出処進退の時機とは? 乱世にあるべき二世像とは? 命運を分ける戦略とは? 等々の視点から、戦国の歴史ドラマを緻密な文体で描き出す。

  • 出口王仁三郎 500円
    作家 百瀬明治
    出版社 PHP研究所
    レーベル PHP文庫
    販売開始日 2015/05/08

    関東大震災を予言した霊的能力、卓越した政治感覚、並み外れた行動力現代の新興宗教に多大な影響を与えている大本教を大成、話題の人物のユニークな評伝。

土門周平関連作品

南原幹雄関連作品

  • 北の黙示録(下) 594円
    作家 南原幹雄
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/12/14

    奥州独立の野望実現に邁進する伊達藩――江戸幕府の命運をかけて阻止をはかる老中松平定信と、中町奉行の面々。ついに幕府の奥州討征令が下る。緒戦で優位に立った六藩同盟は、強力な火器で幕府軍を追い詰める...

  • 北の黙示録(上) 594円
    作家 南原幹雄
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/12/14

    伊達政宗が150年前に抱いた、奥州独立の理想と野望。その実現に、伊達を盟主として南部・津軽・上杉・佐竹・二本松の6藩が起った。時は寛政4年、北海道根室にロシアの軍船・エカテリーナ号が寄港した。伊...

  • 首一万両 540円
    作家 南原幹雄
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/10/05

    面子を捨てて利のみを求めて生きる、したたかな商人上りの侍。毒と知りつつ、あえて江戸友禅の秘法に挑む職人。幕府の禁令に抗して、嫌いな家業を継ぐ張形師。若気の至りが、思いがけない人生を招く浮世絵の絵...

  • 神々の賭け 756円
    作家 南原幹雄
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/10/05

    尾張藩主・宗春は、前藩主・継友が紀州藩主・吉宗と熾烈な将軍位争いを演じた過去をふまえて、ことごとく吉宗と対抗する政策をとった。「将軍家の息女を奪え!」という未曽有の密命が、尾張藩土居下同心にくだ...

  • 謎の団十郎 594円
    作家 南原幹雄
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/10/05

    初代団十郎の暗殺の謎を解いた八代目の面相に、世にも恐ろしい兆候が浮き出た。そして八代目もまた非命に斃れる。歴史の中に塗り込められた異様な事件が今、霧のかなたからゆらゆらとその正体を見せ始めた。連...

  • 修羅の絵師 594円
    作家 南原幹雄
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/10/05

    三河の家康信仰の因縁がまつわる出生に、漂泊貧窮の幼児期を過ごし、屈辱の青春時代を凌いだ男は、ついに、豪快な筆法をもって鳴る、江戸荒事歌舞伎絵看板の創始者となり、浮世絵界に不滅の流派を築き上げた。...

滝口康彦関連作品

  • レジェンド歴史時代小説 粟田口の狂女 778円
    作家 滝口康彦
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/06/10

    伊達勢大軍による味方討ちで、神保隊三百余名は哀れ全滅する。伊達の権勢に遠慮した家康側は、この事件を闇にほうむろうとした。真相を知り、娘婿神保長三郎の無念を思いやる老女お勝は、ひそかに一計を案じて...

  • 落日の鷹 540円
    作家 滝口康彦
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    天正12年、九州の雄だった竜造寺隆信が戦死し、佐賀35万石の藩主の地位は、隆信の家臣だった鍋島氏に引き継がれた。異例のこの交代劇は、表面おだやかにみえたが、竜造寺家につながる人々にとって、次第に...

  • 葉隠無残 540円
    作家 滝口康彦
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    急死した姉に代わって義兄の後添えにと望まれたみなは、そこで初めて驚くべき真相を知らされた。姉は病死ではなく、若党と密通し、それを目撃した義兄に成敗されたのだという。愛妻の裏切りにも毅然と武士道(...

  • 遺恨の譜 540円
    作家 滝口康彦
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    薩摩藩の勤王派による先走りを、上意によって阻もうとした寺田屋の変。辛くも生き残った志士たちは、国元へ送り返されたかにみえたが、長州とのリーダーシップ争いに腐心する薩摩藩としては、若者たちに苛酷な...

  • 猿ケ辻風聞 540円
    作家 滝口康彦
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    動乱の幕末、尊攘派の公卿姉小路公知は、京都猿ケ辻で刺客に襲われ、非業の死をとげた。刺客の持っていた刀が薩摩の田中新兵衛の差料だったことから彼が容疑をかけられるが、刀は盗まれたものと主張して自決す...

  • 薩摩軍法 540円
    作家 滝口康彦
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    ひっそり暮らす田舎の老爺与茂作に、突然七十万石の太守島津家久から呼び出し命令がきた。「きっとあのことじゃ」と胸に覚えのある与茂作は腰をぬかしそうになる。40年も前の戦場で起きたあの出来事こそ、薩...