読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

アイアムアヒーロー THE NOVEL

アイアムアヒーロー THE NOVEL
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。 ダウンロードはこちら
価格 1253円(税込)
ポイント還元 12ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 298
販売開始日 2016/04/22
ファイル形式 epub
紙書籍版 取り扱い中

アイアムアヒーロー映画化記念豪華小説集。

大人気コミックス『アイアムアヒーロー』の映画化を記念して、朝井リョウ、中山七里、藤野可織、下村敦史、葉真中顕、佐藤友哉・島本理生という豪華執筆陣によるアンソロジー小説集を刊行。ZQNが日本文学界に感染拡大。迫り来る恐怖にあなたは耐えられますか・・・?
(内容)
ZQN前の世界、比呂美の幸せだったころの物語(朝井リョウ)
ZQN細胞を研究している機関で起こった衝撃(中山七里)
陸上部に所属する女子中学生たちに迫り来る恐怖(藤野可織)
ZQNに効くワクチンがあるという噂。鈴木英雄が行動を起こす(下村敦史)
将棋の最高峰「名人戦」。戦いを制するのはいったい・・・・?(葉真中顕)
男性目線と女性目線が見事に交錯。息をもつかせぬ合作小説。(佐藤友哉・島本理生)
日本の小説界を代表する作家達が描く「アイアムアヒーロー」の世界。

【ご注意】お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

朝井リョウ関連作品

中山七里関連作品

  • ふたたび嗤う淑女 1555円
    作家 中山七里
    出版社 実業之日本社
    販売開始日 2019/01/25

    あの悪女が還って来た――!? ノンストップミステリー『嗤う淑女』を超える衝撃作。待望の続編、ついに降臨!

  • 静おばあちゃんと要介護探偵 1201円
    作家 中山七里
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2018/11/28

    介護、投資詐欺、外国人労働者問題......。 「情念よりも論理」の元判事と、「走り出したら止まらない」創業社長の 名(迷?)コンビが難事件をズバッと解決! 「静おばあちゃん」こと高遠寺静は、...

  • 闘う君の唄を 670円
    作家 中山七里
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2018/10/05

    新任幼稚園教諭の喜多嶋凜は、あらゆることに口出しをしてくるモンスターペアレンツと対立しながらも、自らの理想を貫き、少しずつ周囲からも認められていくのだが......。どんでん返しの帝王が贈る驚愕...

  • 恩讐の鎮魂曲 788円
    作家 中山七里
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/04/13

    恩師と向き合う悪徳弁護士・御子柴礼司。「贖罪」の意味を改めて問う、感涙のリーガル・サスペンス。少年時代の凶悪犯罪が暴露され、悪評が拡散する弁護士・御子柴。勝率九割の敏 腕も依頼者が激減、事務所移...

  • 悪徳の輪舞曲 1404円
    作家 中山七里
    出版社 講談社
    販売開始日 2018/03/23

    14歳で殺人を犯した悪辣弁護士・御子柴礼司を妹・梓が30年ぶりに訪れ、母・郁美の弁護を依頼する。郁美は、再婚した夫を自殺に見せかけて殺害した容疑で逮捕されたという。接見した御子柴に対し、郁美は容...

  • 護られなかった者たちへ 1512円
    作家 中山七里
    出版社 NHK出版
    販売開始日 2018/02/16

    仙台市の保健福祉事務所課長・三雲忠勝が、手足や口の自由を奪われた状態の餓死死体で発見された。三雲は公私ともに人格者として知られ怨恨が理由とは考えにくい。 一方、物盗りによる犯行の可能性も低く、捜...

葉真中顕関連作品

  • W県警の悲劇 1555円
    作家 葉真中顕
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2019/01/19

    『ロスト・ケア』『絶叫』『凍てつく太陽』の著者が贈る、ネタバレ厳禁!前代未聞の警察小説。

  • 政治的に正しい警察小説 702円
    作家 葉真中顕
    出版社 小学館
    販売開始日 2017/10/20

    社会派ミステリー作家が放つ問題作。

  • ブラック・ドッグ 1566円
    作家 葉真中顕
    出版社 講談社
    販売開始日 2016/07/22

    目的のためには殺人も辞さない過激な動物愛護団体、<DOG>。遺棄動物の譲渡会が行われる会場に集まった隆平、栞、結愛と拓人たちは、<DOG>によって会場に閉じ込められ、謎の黒い獣に襲われる。獣から...

藤野可織関連作品

下村敦史関連作品

  • 悲願花 1555円
    作家 下村敦史
    出版社 小学館
    販売開始日 2018/12/13

    一家心中の生き残りでも、私を愛せますか?

  • 失踪者 842円
    作家 下村敦史
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/09/14

    2016年、ペルーはブランカ山群。山岳カメラマンの真山道弘は単身シウラ・グランデ峰を登っていた。10年前、クレバスに置き去りにしてしまった親友・樋口友一を迎えにきたのだ。クレバスの底に降り立ち、...

  • 黙過 1555円
    作家 下村敦史
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2018/04/21

    移植手術、安楽死、動物愛護......“生命”の現場を舞台にしたミステリー。あなたは必ず騙される――『闇に香る嘘』を超える驚愕!

  • 叛徒 842円
    作家 下村敦史
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/01/16

    通訳捜査官の七崎隆一は、正義感から同職の義父の不正を告発、自殺に追い込んだことで、職場でも家庭でも居場所がない。歌舞伎町での殺人事件の捜査直後、息子の部屋で血まみれの衣服を発見した七崎は、息子が...

  • 緑の窓口 ~樹木トラブル解決します~ 1350円
    作家 下村敦史
    出版社 講談社
    販売開始日 2017/08/25

    新設の「緑の窓口」への異動を言い渡された天野優樹。えっ...、それって切符を買うところじゃ......。疑問を抱いたのも束の間、「庭のスギの伐採をめぐって家族仲がギスギスしています。なんとかして...

  • 生還者 778円
    作家 下村敦史
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/07/14

    ヒマラヤ山脈東部、カンチェンジュンガで雪崩が発生。日本人7名が巻き込まれる惨事となった。犠牲者の一人・増田謙一の弟である直志は、兄の遺品を整理するうち、ザイルに細工がされていたことに気づく。死因...

佐藤友哉関連作品

島本理生関連作品

  • 作家と楽しむ古典 好色一代男 曾根崎心中 菅原伝授手習... 1512円
    作家 島田雅彦 いとうせいこう 三浦しをん 松井今朝子 島本理生
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2018/07/27

    古典を平易にわかりやすく。「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」の古典新訳で活躍した作家たちによる古典講義。人気シリーズの第三弾は江戸のベストセラーと三大浄瑠璃を軽やかに紹介。

  • 夏の裁断 730円
    作家 島本理生
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2018/07/10

    芥川賞候補となった話題作、そしてその後の物語――。 小説家の千紘は、編集者の柴田に翻弄され苦しんだ末、ある日、パーティ会場で彼の手にフォークを突き立てる。休養のため、祖父の残した鎌倉の古民家で...

  • ファーストラヴ 1401円
    作家 島本理生
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2018/05/31

    父親を刺殺した女子大生は、警察の取り調べに「動機はそちらで見つけてください」と答えたという――。 「家族」という名の迷宮を描き尽くす傑作長編。 夏の日の夕方、多摩川沿いを血まみれで歩いていた女...

  • Red 842円
    作家 島本理生
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2018/03/09

    幸せな日常が色褪せて見えた。元恋人との快楽に溺れ抑圧から逃れた先には、どんな結末が待っているのだろう――。

  • リトル・バイ・リトル 453円
    作家 島本理生
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/09/09

    ふみは高校を卒業してから、アルバイトをして過ごす日々。家族は、母、小学校2年生の異父妹の女3人。習字の先生の柳さん、母に紹介されたボーイフレンドの周、二番目の父――。「家族」を軸にした人々とのふ...

  • あられもない祈り 518円
    作家 島本理生
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2016/07/08

    〈あなた〉と〈私〉......名前すら必要としない二人の、密室のような恋――幼い頃から自分を大事にできなかった主人公が、恋を通して知った生きるための欲望。西加奈子さん絶賛他話題騒然、至上の恋愛小説。