読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

本当はちゃんと通じてる! 日本人エイゴ

本当はちゃんと通じてる! 日本人エイゴ
電子書籍版
価格 990円(税込)
ポイント還元 9ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2016/06/17
紙書籍版 取り扱い中

日本人の英語は「間違いだらけ」「誤解される」「怒らせる」......ちょっと待った、それ本当? 本書では、ネイティブ72人にアンケートを実施。その結果、多くのフレーズは「問題ない」ことが判明しました! 自身もネイティブの著者が、実は「ちゃんと通じてる」25のフレーズをお題に語ります。読んで楽しく、英語を話す勇気がわいてくるエッセイ集。

ネイティブは、小さな間違いなど気にしません
・「教科書英語は間違いだらけ」? 「a を抜かしただけで笑われた」? 「感謝の表現のつもりで、相手を怒らせた」?......いつしか定説化した「通じない日本人エイゴ」について、国内・海外のネイティブ72人に尋ねてみると......大半は「その程度のことは気にならない」「何も問題ない」「ちゃんと通じる」ことがわかりました。

定説だからって、事実とは限りません
・本書では、巷でささやかれているこんな説・あんな説を大検証。
「“How are you?” “Fine, thank you.” は死語」?
「Pardon? と聞き返すのは超失礼」?
「Call me taxi. と頼んだら、『タクシーさん』と呼ばれる」?
「No, thank you. はキツい拒絶になる」?
「Today's hot. は文法ミス」?

......こんな話を聞くと、英語を話すことが怖くなってしまいますね。でも実は、いずれも心配するほどの間違いではありません。それどころか、ネイティブが普通に使う表現も多く含まれています。
・アンケートでは、ネイティブ目線で見た各フレーズの許容度を○(全然問題ない!)、△(まあまあかな?)、×(絶対ダメ)で判定。結果を円グラフで示してあります。

心配性のあなたにこそ、読んでほしい
・「あの説・この説」が生まれた背景とは? 著者がネイティブならではの切り口で考察します。身近な出来事や友人たちの意見も紹介しながら、コミュニケーション・ツールとしての英語の柔軟性を語ります。心配せずに、もっと気楽に英語を話しましょう!
・英会話ビギナーはもちろん、「ノンネイティブの英語」「グローバル言語としての英語」に興味がある方にも楽しく読める1冊です。

【対象レベル】英検4級/TOEIC(R) TEST 300程度から

カン・アンドリュー・ハシモト:
アメリカ・ウィスコンシン州出身。教育・教養に関する音声・映像コンテンツ制作を手掛ける(株)ジェイルハウス・ミュージック代表取締役。NHK、公益財団法人 日本英語検定協会、(株)ベネッセコーポレーション、(株)アルク、(株)旺文社、(株)学研プラス、(株)Z 会、(株)mpi 松香フォニックスなどの英語教材や、文部科学省、法務省、警察庁、東京都などの教育用映像(日本語版・英語版)の制作を多数担当。また、作詞作曲家としても活動しており、NHK「みんなのうた」「おかあさんといっしょ」、CM ソングなどに楽曲を提供。パン・スクール・オブ・ミュージック元講師。東京都内の公立小学校で ALT として教えた経験も持つ。著書に『3語でできる おもてなし英会話』(DHC)。『英語で歌おう!』シリーズ(アルク)(共著)の解説執筆も手掛ける。

カン・アンドリュー・ハシモト関連作品

アルク関連作品

アルク関連作品

「英会話」カテゴリ