読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

美しい距離

美しい距離
電子書籍版
価格 1200円(税込)
ポイント還元 12ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 168
販売開始日 2016/07/15
ファイル形式 epub
紙書籍版 取り扱い中

2016年上半期芥川賞 候補作。

「この病気に四十代初めでかかるのは稀(まれ)らしい」
サンドイッチ屋を営んでいた妻は、がんに冒され、死へと向かって歩む。
生命保険会社勤務の夫は、時短勤務に切り替えて週に五日、病院へ通い、
愛する妻へと柔らかい視線を投げかける。

「淡いのも濃いのも近いのも遠いのも、すべての関係が光っている。
遠くても、関係さえあればいい。」 (本文より)

山崎ナオコーラ関連作品

文春e-book関連作品

  • 新着!
    瞳のなかの幸福 1500円
    作家 小手鞠るい
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/02/22

    いままでは、少しだけさびしかった。でも今は、幸せの意味を知ってる。 金色の目をした小さな「幸福」が教えてくれたこととは――。 東京でカタログ雑誌の副編集長をしている、妃斗美(ひとみ)。 長く...

  • 新着!
    Number PLUS スーパーラグビー2019サンウ... 800円
    作家 Number編集部
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/02/21

    スーパーラグビー2019 サンウルブズ逆襲の狼。 CONTENTS [新指揮官の決意] トニー・ブラウン 「すべての試合に勝ちにいく」 [エキスパート分析対談] 栗原徹×野澤武史 「愚直に...

  • 極夜行前 1500円
    作家 角幡唯介
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/02/15

    本屋大賞『極夜行』完成までの三年間に何があったか 『極夜行』完結に要した時間は三年。天測を現地で学び、夏にはセイウチに襲われた。そして犬との愛憎物語等スリリングなプロセス。

  • 炯眼に候 1500円
    作家 木下昌輝
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/02/14

    異次元の「眼」を持つ男。 その名は、織田信長。 村木砦、桶狭間、長篠...... 信長の勝利の裏側には常に、恐ろしいまでの合理的思考があった。 鉄砲をどう運用すべきか。 毛利水軍に勝てる船と...

  • あの子はもういない 2000円
    作家 イ・ドゥオン 小西直子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/02/08

    噴出する激情、容赦ない暴力、異形のディテール。 これぞ韓流“激辛”サスペンスの真骨頂だ。――千街晶之(ミステリ評論家) 韓国発の弩級エンタメ「K(Korean)スリラー」が日本上陸! ――...

  • こんな家に住んできた 17人の越境者たち 1401円
    作家 稲泉連
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/02/08

    自らの「家」について語ることは、「人生」そのものを語ることだ。 あなたはどんな家に住んできましたか――? 作家、詩人、医師、研究者、音楽家、レーシングドライバー...... 彼らはなぜあらゆ...

「日本」カテゴリ