読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

人質の経済学

人質の経済学
電子書籍版
価格 1834円(税込)
ポイント還元 18ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 312
販売開始日 2017/01/13
紙書籍版 取り扱い中

◆トランプ後の世界に必読の一冊◆

「恐ろしい本。人間が、単なる商品として取引される実態を克明に描く」
解説:池上彰(ジャーナリスト・名城大学教授)

ベストセラー『イスラム国 テロリストが国家をつくる時』の著者が、
次なるテーマに選んだのは「人質ビジネス」。
交渉人、誘拐専門の警備会社、囚われた人質、難民らに取材を重ね、
「テロリズムの経済」を明らかにする!

・一番金払いが良いのはイタリア政府。
それゆえここ15年ほどの間に大量のイタリア人が誘拐されている

・助けたければ誘拐直後の48時間以内に交渉せよ

・武力による救出の3回に1回は失敗に終わり、人質または救出部隊に死者が出る

・10年前、200万ドル払えばイラクで人質は解放された。
今日ではシリアでの誘拐で1000万ドル以上支払う

・誘拐された外国人は出身国によって、助かる人質と助からない人質に分けられる

・誘拐組織は難民たちの密入国斡旋に手を拡げ、
毎週数万人をヨーロッパの海岸に運び、毎月一億ドル近い利益を上げている

ロレッタ・ナポリオーニ関連作品

村井章子関連作品

池上彰関連作品

文春e-book関連作品

  • 新着!
    潮待ちの宿 1599円
    作家 伊東潤
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/15

    海に臨む宿で少女が待つものとは―― 歴史小説の名手が初めて挑む人情噺。 口減らしのため備中の港町・笠岡の「真なべ屋」に連れてこられた志鶴。 潮待ち宿のそこでは、商人や仲買人たち、時には怪しい旅...

  • 新着!
    夜の谷を行く 1400円
    作家 桐野夏生
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/15

    桐野夏生が挑む、「連合赤軍」の真実。 いま明かされる「山岳ベース」で起こった出来事。「総括」とは何だったのか。集った女たちが夢見たものとは――。 桐野の作品世界で新解釈される“女たちの連合赤軍事...

  • 新着!
    反日種族主義 日韓危機の根源 1599円
    作家 李栄薫
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/14

    韓国を震撼させたベストセラー、日本語版がついに登場! 日本支配は朝鮮に差別・抑圧・不平等をもたらした。だが、だからといって、歴史に嘘をつくことはできない。 緊迫する日韓関係の中で、韓国で一冊の...

  • 新着!
    グランドシャトー 1500円
    作家 高殿円
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/14

    「楽しいことは、みんな大阪から始まった!」 大阪京橋のキャバレーで、導かれるように出会ったふたりの女。 昭和から平成へ、家族を超えた絆を描く女と街の物語。 日本中が高度経済成長に沸く昭和38年...

  • 新着!
    小さな場所 1400円
    作家 東山彰良
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/14

    ここで、ぼくは生きている――台北市紋身街 日台同時発売! 切なく沁み入る傑作連作集 台北の紋身街は、日本でいえば新宿・歌舞伎町一番街の一角か、あるいは渋谷センター街の裏路地か――。 世界中のど...

  • 新着!
    あたいと他の愛 1001円
    作家 もちぎ
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/14

    Twitter フォロワー47万超え「ゲイ風俗のもちぎさん」のルーツが明らかに! おせっかいでも、人の悩みを聞いて一緒に考え、腐らずに立ち向かってみる。 そんな“もちぎ”ができるまでを描いた初の...