読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

スペンド・シフト―〈希望〉をもたらす消費

スペンド・シフト―〈希望〉をもたらす消費
電子書籍版
価格 1944円(税込)
ポイント還元 19ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 384
販売開始日 2017/02/21
紙書籍版 取り扱い中

未曾有の経済危機を境に劇的に変化した消費行動の背後にある価値観に光を当てる。
希少な「購買力」を「投票権」のように行使して、
「宣伝に踊らされてお金を落とす」移り気で受身のかつての消費者ではなく、
「自分の意思で目的をもって対価を払う」能動的で思慮深い新しい消費者の姿が、
著者らが2年をかけて全米をくまなく歩いて調査した数々の事例から浮かび上がる。

【著者紹介】
ジョン・ガーズマ
ヤング&ルビカムのチーフ・インサイト・オフィサーにして、世界的に活躍する消費者行動の研究家。
ブランド・アセット・コンサルティング社長として、消費者の価値観やニーズの変化をデータで分析し、企業の適応を支援している。

マイケル・ダントニオ
フリーランス・ライター。
プルトニウム汚染の脅威を追及した『アトミック・ハーベスト』(小学館)、をはじめ、10冊以上の本を出版。
Newsdayの記者時代に、ピュリツアー賞を受賞している。

有賀裕子(あるが・ゆうこ)
東京大学法学部卒業。ロンドン・ビジネススクール経営学修士(MBA)。
通信会社勤務を経て翻訳に携わる。
訳書に『持続可能な未来へ』『ポールソン回顧録』(日本経済新聞出版社)、
『トレードオフ』(プレジデント社)ほか多数。

【目次より】
◆序文
◆序章 「より多く」から「よりよく」へ<ミズーリ州カンザスシティ>
◆第1章 「どん底」というフロンティア<ミシガン州デトロイト>
◆第2章 「モノを集める」から「知識を蓄える」へ<テキサス州ダラス>
◆第3章 支出を伴わないステータスシンボル<マサチューセッツ州ボストン>
◆第4章 ソーシャルメディアという「方法」<フロリダ州タンパ>
◆第5章 「町内会的」資本主義<ニューヨーク州ブルックリン>
◆第6章 失われた信頼を取り戻す<ネバダ州ラスベガス>
◆第7章 ソーシャルメディアが「顔の見える企業」をつくる<ミシガン州ディアボーン>
◆第8章 生活を豊かにするイノベーション<カリフォルニア州サンフランシスコ>
◆終章 危機がビジネス、消費、生き方を変えた<カリフォルニア州ロサンゼルス>

ジョン・ガーズマ関連作品

有賀裕子関連作品

「マーケティング一般」カテゴリ