読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

吉野桜鬼剣 走れ、半兵衛<三> 走れ、半兵衛〈三〉

吉野桜鬼剣 走れ、半兵衛<三> 走れ、半兵衛〈三〉
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。 ダウンロードはこちら
価格 603円(税込)
ポイント還元 6ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 304
販売開始日 2017/03/10
ファイル形式 epub
紙書籍版 取り扱い中

満開の桜の下で、秘剣一閃! 剣客・大柿半兵衛は、かつて加賀・前田家の剣道指南役を務めた知心流師範で、いまは江戸の下町で道場主を務める大柿幸之助を父に持つ。老中・安藤信正が画策した公武合体政策、和宮の降嫁に際しては幕府の密使をつとめあげ、その働きが買われて安藤の信頼を得た半兵衛は、何度かの密命を帯び、その都度見事につとめあげた。坂下門外の変の後、安藤は失脚したが、半兵衛の剣の腕の評判を聞きつけた柳生家の当主・俊順(としむね)から、新たな依頼が寄せられた。柳生家の在所に出没する「桜鬼(おうき)一族」を成敗して欲しいというのだ。吉野山中に跋扈する一族は、奈良の高僧や天領の代官たちを殺め、金銀財宝を掠奪。討伐のため派遣された柳生新陰流の剣士たちも皆、渦巻く桜吹雪に紛れて刀が一閃する「吉野桜鬼剣」に打ち破れたという。知心流の新たな秘剣「翡翠(かわせみ)」を伝授された半兵衛は、早春の大和国・吉野へ向かう。「桜鬼一族」とは何者なのか。新陰流をも打ち破る、幻想的な桜鬼剣とは......!? 「走れ、半兵衛」シリーズ、待望の第三弾!

森詠関連作品

  • おーい、半兵衛 (1~6巻) 700円745円
    作家 森詠
    出版社 学研
    レーベル 学研M文庫
    販売開始日 2018/04/06

    お調子者でお人好しの半兵衛は、真剣を持つと天賦の才を発揮する。ある日、半兵衛は呉服屋の娘・奈々の用心棒を引き受けたが...。

  • 走れ、半兵衛 603円
    作家 森詠
    出版社 実業之日本社
    レーベル 実業之日本社文庫
    販売開始日 2017/09/22

    幕末の盛岡藩・遠野で謎めいた殺しが相次いだ。剣客大柿半兵衛の許へ、力を貸してほしいとの要請が......。人気シリーズ完結編!

  • 双龍剣異聞 576円
    作家 森詠
    出版社 実業之日本社
    レーベル 実業之日本社文庫
    販売開始日 2016/09/30

    老中安藤信正の要請で、熊本藩主宛て密書を携え旅に出た半兵衛を待ち受ける謎の刺客。半兵衛の運命は!? 人気シリーズ第二弾!

  • 風神剣始末 576円
    作家 森詠
    出版社 実業之日本社
    レーベル 実業之日本社文庫
    販売開始日 2016/09/30

    山の一族に伝わる秘剣を求め、剣の達人・大柿半兵衛は陸奥の秘境へ 。名手の書き下ろし新シリーズ、始動!

  • 吉原首代 左助始末帳 745円
    作家 森詠
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/06/17

    分別盛りの真面目な男衆が四十両もの大金を持ち逃げした。病持ちの女房のためか、積もり積もった借金のためか。始末を命じられた左助は地道な聞き込みで男衆を見つけるが、狡猾な同輩に先を越されてしまう。首...

実業之日本社文庫関連作品

「歴史・戦記」カテゴリ

  • 新着!
    新・浪人若さま 新見左近 (1~2巻) 551円
    作家 佐々木裕一
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/02/16

    浪人新見左近を名乗り、弱きを助け悪を討つ。王者の秘剣、葵一刀流を遣うその男の正体は、のちの名将軍、徳川家宣――! 五代将軍綱吉のたっての願いで、世継ぎとして江戸城西ノ丸に入って三年。徳川綱豊とし...

  • シベリア抑留 スターリンの捕虜たち ソ連機密資料が語る全容 1080円
    作家 ヴィクトル・カルポフ 長勢了治
    出版社 北海道新聞社
    販売開始日 2019/02/15

    戦後の日本人シベリア抑留の実態をソ連機密資料によって初めて克明に解明した邦訳本。

  • 山本周五郎 作品集 (1~3巻) 108円
    作家 山本周五郎
    出版社 オリオンブックス
    販売開始日 2019/02/15

    時代小説の名手、山本周五郎が描いた人情話の傑作集。さまざまな事情を抱え、必死で生きていく人々に思わず胸が熱くなる。

  • 炯眼に候 1500円
    作家 木下昌輝
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/02/14

    異次元の「眼」を持つ男。 その名は、織田信長。 村木砦、桶狭間、長篠...... 信長の勝利の裏側には常に、恐ろしいまでの合理的思考があった。 鉄砲をどう運用すべきか。 毛利水軍に勝てる船と...

  • 睦月童 660円
    作家 西條奈加
    出版社 PHP研究所
    レーベル PHP文芸文庫
    販売開始日 2019/02/08

    「人の罪を映す」目を持った少女と、失敗続きの商家の跡取り息子が、江戸で起こる事件を解決していくが......。感動の時代ファンタジー。

  • 不屈の海 108円
    作家 横山信義
    出版社 中央公論新社
    レーベル C★NOVELS
    販売開始日 2019/02/08

    横山信義C★NOVELS100冊刊行記念。「不屈の海」シリーズスピンオフ短編が登場。「大和」を沈めた作戦の舞台裏とは?

  • 信長 2148円
    作家 坂口安吾
    出版社 土曜社
    販売開始日 2019/02/08

    時代に理解されぬまま時代を征服した織田信長。大人の賢しらさを憎み、悪評を物ともせず、合理主義に徹した少年が、長じて東の大国・今川を迎え撃つにいたる27歳までを描く。戦後7年を経た1952年に夕刊...

  • 疾風の義賊 〈新装版〉 (1~3巻) 734円745円
    作家 辻堂魁
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2019/02/08

    孤児の乱之介は人買から小人目付の斎(いつき)権兵衛に拾われ、生きるための知恵を身につける。芸人一座に身をやつした乱之介は、米価を操る悪徳仲買らを拉致、身代金を要求して江戸庶民の喝采を浴びた。若き...

  • 安吾史譚 1908円
    作家 坂口安吾
    出版社 土曜社
    販売開始日 2019/02/08

    窮すれば誰しもミジメになるもので、それは見てやらぬ方がよい――。人麿、道鏡、頼朝、小西行長、直江兼続、天草四郎、勝夢酔。七人の日本男子を安吾独自の人間理解で談ずる。歴史の面白さに心弾む傑作講釈。...

  • 辛夷の花 745円
    作家 葉室麟
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2019/02/08

    藩政巡る熾烈な闘いに巻き込まれ、家族とともに女とて闘う!清廉な男と凛とした女。葉室麟が描き続けた理想の人々がここにいる。

  • 疾れ、新蔵 799円
    作家 志水辰夫
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2019/02/08

    十歳の志保姫を護るため、疾(はし)れ、新蔵! ダイナミックで、エモーショナルで、力強い冒険小説としての魅力。痛快時代エンタテイメント!

  • 千里の向こう 1500円
    作家 簑輪諒
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/02/07

    坂本龍馬は中岡慎太郎のことを以下のように評したという。 「私は中岡と共に様々な策を講じたが、いつも意見が合わないことが悩みだった。しかし、私にとってはこの男でなくては、共に事をなせるような者はい...