読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

驚きの地方創生「日本遺産・させぼの底力」―多様性と寛容性が交じり合う魅力

驚きの地方創生「日本遺産・させぼの底力」―多様性と寛容性が交じり合う魅力
電子書籍版
価格 748円(税込)
ポイント還元 7ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 208
販売開始日 2017/04/24
紙書籍版 取り扱い中

長崎県佐世保市には人づくり、街づくりのヒントがたくさんある!
明治22年に日本海軍鎮守府がおかれ、3000人の村がいっきに30万人と100倍膨れ上がった街、佐世保。かつてご当地バーガーの火付け役として「佐世保バーガー」の大ブームを起こしたり、街の中心にある直線1キロメートルの商店街がいわゆるシャッター商店街でなく、今もとても元気だったり、開園以来ずっと赤字であったハウステンボスが見事に再建を果たしたり......。
佐世保には人づくり、街づくりのヒントがたくさんある。この佐世保の魅力をいろいろな視点で紹介していく。
「ハウステンボス」の澤田秀雄社長、佐世保に本社をおく「ジャパネットたかた」前社長の高田明さん、朝長則男佐世保市長をはじめ、佐世保活性化の担い手たちのインタビューが掲載されているだけでなく、女性に絶大な人気を誇るイラストレイター杉浦さやかさんの「させぼであそぼ」も巻末付録として掲載!

蒲田正樹関連作品

扶桑社BOOKS関連作品

「政治・行政学」カテゴリ