読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「わたしと仕事、どっちが大事?」はなぜ間違いなのか?―――気鋭の弁護士が教える相手を納得させる方法

「わたしと仕事、どっちが大事?」はなぜ間違いなのか?―――気鋭の弁護士が教える相手を納得させる方法
電子書籍版
価格 1430円(税込)
ポイント還元 14ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 246
販売開始日 2017/05/19
紙書籍版 取り扱い中

弁護士の誘導尋問をご存知ですか。
自分の望む方向に会話を導いていく質問です。

●他の人たちもやってるよ

●主婦には、経済のことなんてわからないんだ

●そんな話は世間では通用しないね

など、このような発言に対し「うぐっ」と詰まっていたら、
毎回議論に負けてしまっているのではないでしょうか。

これらの発言のどこがおかしいのか、わかりますか?
では、次はどうでしょうか。


●キミはUFOが存在しないと言うのか?
では、UFOが存在しないことを証明してくれよ。
そうじゃなきゃ、UFOが存在しないなどと言わないでくれ

●「こんにゃくダイエット」は75%の人が効果的だって言っているよ

●わたしと仕事、どっちが大切なの?

これらの会話には「議論の落とし穴」があります。
どこが正しくないかという説明はこの後させていただきますが、
こうした「論理の落とし穴」は、世の中にはたくさんあります。

しかし、なぜ間違いなのかをきちんと理解しなければ・・・
―――プロローグから抜粋


気鋭の弁護士が教える、言い負かされない、
黙り込まない、丸め込まれない、モヤモヤしない、相手を納得させる。
など、議論に負けない方法をご紹介します。



■目次

・第1章 なぜ「論理力」が必要なのか?
(相手の不合理な主張に負けないため「正しいか正しくないか」は実は関係ない!? ほか)

・第2章 いかに相手を納得させるか
(3段論法「AならばB、BならばC、ゆえにAならばC」そもそも式論法「ルール → 事実 → 結論」 ほか)

・第3章 相手のペースに巻き込まれないテクニック
(「何」に対して反論すべきか徹底的に「ウラ」をとり、調べ上げる ほか)

・第4章 論理の落とし穴を見破るテクニック
(不当な議論のテクニックを知る誤導尋問「お支払いは現金ですか、それともカードになさいますか」 ほか)

・第5章 会話の主導権を握るテクニック
(質問をする側に回る「仮に話法」で相手を金縛りに ほか)

■著者 谷原誠
弁護士。1968年愛知県生まれ。明治大学法学部卒業。91年司法試験に合格。企業法務、事業再生、交通事故、不動産問題などの案件・事件を主に処理する。現在、みらい総合法律事務所代表パートナー。ニュース番組などの解説でも活躍する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

谷原誠関連作品

あさ出版関連作品

「話し方・朝礼説話」カテゴリ