読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「若者」とは誰か アイデンティティの30年【増補新版】

「若者」とは誰か アイデンティティの30年【増補新版】
電子書籍版
価格 1540円(税込)
ポイント還元 15ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 248
販売開始日 2017/07/14
紙書籍版 取り扱い中

どうしてこんなにも「若者」を語りたがるのか――若者たちのリアルと大人たちの視線とが交わってはズレてゆく、80年代からの軌跡。自己の「多元化」の実像をさらに追究する補章を追加。

河出ブックス関連作品

  • 戦後SF事件史 1320円
    作家 長山靖生
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出ブックス
    販売開始日 2019/01/19

    SFファンダムの発展、異端サブカルチャー、アングラ演劇、オタク文化......日本社会はいかに豊かな「リアル」を培ってきたか。敗戦から3.11後まで、SF的想像力/創造力の系譜を活写。

  • 生きるための自由論 1056円
    作家 大澤真幸
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出ブックス
    販売開始日 2019/01/19

    人類にとって至上の価値である「自由」。だが、それは一体どこにあるのか?脳科学の知見も参照しつつ、自由という概念自体の刷新を目論み、新たな連帯への方向性を示唆する刺激的論考。

  • 検閲と文学 1056円
    作家 紅野謙介
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出ブックス
    販売開始日 2019/01/19

    大正から昭和へと時代が移り変わる激動のさなか、検閲の嵐が文学を直撃する。円本(文学全集)誕生の経緯も交えながら、文学者、編集者、出版社が織り成す苦闘のドラマを活写する。

  • 竹中労 1144円
    作家 鈴木邦男
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出ブックス
    販売開始日 2019/01/19

    この国を真剣に問わなければならない今、右翼も左翼もない。イデオロギーを超えて闘ったアナーキスト・竹中労の言動を現代に響かせる体験的評伝。没後20年を経て再生する無頼の闘争。

  • 竹内好 1144円
    作家 丸川哲史
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出ブックス
    販売開始日 2019/01/19

    いま、われわれは竹内好の遺産をいかに読み、いかに継承すべきか。魯迅、周作人、武田泰淳、京都学派、毛沢東、岸信介......6つの思想的出会いをとおしてアクチュアルに問い直す。

  • 理性の起源 1496円
    作家 網谷祐一
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出ブックス
    販売開始日 2019/01/19

    理性があることは進化で有利なのか。どのようなかたちの理性が進化したのだろうか。最新の諸科学の成果をふまえながら、ヒトらしさの根源に迫る知的エンタテイメント。戸田山和久氏推薦。

河出書房新社関連作品

「選書・双書シリーズ その他」カテゴリ