読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

髑髏城の七人

髑髏城の七人
電子書籍版
価格 594円(税込)
ポイント還元 5ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2017/08/01
紙書籍版 取り扱い中

時は戦国、天正一八年。関東一の色里、無界の里に関東髑髏党が襲来した。里にかくまわれていた沙霧を狙う髑髏党の前に、客の捨之介や里の主・蘭兵衛らが立ちはだかる。じつは、捨之介と蘭兵衛、髑髏党を率いる天魔王には深い縁(えにし)があった――。戦国末期、信長の亡霊と無頼の徒の死闘を描いた『劇団☆新感線』代表作の小説版。

中島かずき関連作品

双葉文庫関連作品

  • 盲目の織姫は後宮で皇帝との恋を紡ぐ 660円
    作家 小早川真寛
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/02/21

    機織り宮女として後宮にやってきた氾蓮香(ハンレンカ)。盲目である彼女は、目では見えない些細な情報を感じ取りながら生活をしている。後宮で問題となっていた幽霊騒動も、盲目であるがゆえに解決できた.....

  • 萌え肌フェロモン 715円
    作家 睦月影郎
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/02/21

    大学卒業を間近に控えるも、未だ就職が決まらず悶々としていた薄井雪彦は、中学時代の担任の麻生百合子に連絡をもらい帰省することに。今は教職を辞め、実家の神社で巫女をしている彼女は、雪彦が中学時代に苛...

  • 鎌倉あやかしシェアハウス 682円
    作家 遠藤遼
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/02/21

    子どものころからから霊が「視える」体質の宮原景子は大学卒業後、小さな会社に就職するが、社長が夜逃げして、路頭に迷ってしまう。困った景子が、よき理解者である祖母に相談したところ、鎌倉にある「孔雀荘...

  • 区民課浅草分室あやかし交渉係 693円
    作家 紅原香
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/02/21

    台東区役所あんしん相談係の蓮見茉莉華は、影が薄いのか人から認識されにくいのが悩み。今日も区民の安心のため、苦情現場に向かった茉莉華が出会ったのは、イケメンだけれど奇妙な行動をとっていた文化人類学...

  • 新・知らぬが半兵衛手控帖 (1~9巻) 550円704円
    作家 藤井邦夫
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/02/21

    「世の中に私たちが知らん顔をした方が良いことがある」と嘯く、人呼んで“知らん顔の半兵衛”こと、白縫半兵衛が帰ってきた。再び臨時廻り同心を拝命した半兵衛が見せる粋な人情裁き。藤井邦夫の人気を決定づ...

  • 照れ降れ長屋風聞帖〈新装版〉 (1~4巻) 550円748円
    作家 坂岡真
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/02/21

    日本橋魚河岸と背中合わせの、履物屋と傘屋がひしめく照降町。九尺二間の貧乏長屋に仲人稼業のおまつ、連れ子のおすずと肩寄せ合って暮らす浅間三左衛門は一見冴えない痩せ浪人だが、元は上州七日市藩士、しか...

「歴史・戦記」カテゴリ