読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

走る?

走る?
電子書籍版
価格 751円(税込)
ポイント還元 7ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 272
販売開始日 2017/08/04
ファイル形式 epub
紙書籍版 取り扱い中

あなたは走っていますか?
人生には、走るシーンがつきものだ。
中田永一、東山彰良、柴崎友香など、十四人の多彩な作家が「走る」をテーマに競作した異色のラン小説アンソロジー。

【収録作品】
中田永一「パン、買ってこい」
柴崎友香「ベランダと道路」
王城夕紀「ホープ・ソング」
佐藤友哉「熊の野戦」
遠藤徹「桜の並木の満開の下」
前野健太「いびきが月に届くまで」
古川日出男「藤村加奈芽のランニング・ストーリー」
岩松了「走る男」
小林エリカ「飛田姉妹の話」
恒川光太郎「リスタート」
服部文祥「小さな帝国」
町田康「ずぶ濡れの邦彦」
桜井鈴茂「誰にだって言いぶんはある」
東山彰良「或る帰省」

東山彰良関連作品

中田永一関連作品

柴崎友香関連作品

王城夕紀関連作品

佐藤友哉関連作品

遠藤徹関連作品

  • ポスト・ヒューマン・ボディーズ 2592円
    作家 遠藤徹
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/07/04

    身体を、一本の輪郭線によって閉じられた均質な空間としてではなく、異質なものとの接合を歓待するボーダレスな布置として、表象すること。世紀を超えて変容する身体の「いま」を映画・コミックス・現代美術な...

  • 恐怖の臨界 ホラーの政治学 2808円
    作家 マーク・ジャンコヴィック 遠藤徹
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/07/04

    ゴシック小説の登場以来200年のホラーの歴史は、「恐怖・脅威にさらされた人間」=「犠牲者」という表象をとおして、個人・身体・社会生活に対する権力作用を浮き彫りにした‐‐。恐怖と快楽、欲望と抑圧の...

古川日出男関連作品

岩松了関連作品

  • 家庭内失踪 1512円
    作家 岩松了
    出版社 ポット出版
    販売開始日 2016/04/01

    岸田國士戯曲賞を受賞した『蒲団と達磨』から27年。 その続編として書き下ろされた戯曲『家庭内失踪』。 結婚して家を出ていた先妻の娘かすみが、なぜだか夫を残して、実家に戻ってきている。 かすみの父...

  • 青い瞳 1080円
    作家 岩松了
    出版社 ポット出版
    販売開始日 2015/11/20

    演出家・映画監督・俳優として活躍する岩松了が、シアターコクーン・オンレパートリー2015のために書き下ろした最新戯曲。 戦場から帰ってきた兵士ツトムと彼を迎える父、妹、そして母。 戦場に行くまで...

  • 水の戯れ 1080円
    作家 岩松了
    出版社 ポット出版
    販売開始日 2014/03/20

    竹中直人、樋口加南子主演で好評をよんだ「竹中直人の会」第7回公演(1998)「水の戯れ」の脚本の単行本化。

  • マレーヒルの幻影 1080円
    作家 岩松了
    出版社 ポット出版
    販売開始日 2014/03/07

    岩松了の戯曲。舞台は世界大恐慌時のニューヨーク。フィッツジェラルド作『グレート・ギャツビー』に着想を得た、男と女の恋と孤独。

  • シェイクスピア・ソナタ 1080円
    作家 岩松了
    出版社 ポット出版
    販売開始日 2014/02/28

    ドラマ『時効警察』出演(熊本役)・監督(3話)・脚本(3話、7話)の岩松了が描く、シェイクスピア五番目の悲劇。松本幸四郎主演、)PARCO劇場“シアターナインス”10周年記念公演の岩松了書き下ろ...

  • マテリアル・ママ 1080円
    作家 岩松了
    出版社 ポット出版
    販売開始日 2014/02/28

    新車のセールスのため夫人のもとを訪ねたディーラーは、車のメンテをくり返すうちに車のもつ謎にくるまれていく。車は、今は海外赴任している一人娘のものだと夫人は言うが彼女の娘への愛憎は、ディーラーへの...

恒川光太郎関連作品

町田康関連作品

  • ギケイキ2 奈落への飛翔 1836円
    作家 町田康
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2018/08/24

    「私、妊娠してるのよ」「マジか!」――日本史上屈指のヒーロー源義経が語る!兄頼朝との対面&対立、恋人静との逃避行。古典『義経記』が現代に甦る抱腹絶倒の超大河小説、第二幕。

  • ギケイキ 千年の流転 799円
    作家 町田康
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2018/08/17

    はは、生まれた瞬間からの逃亡、流浪――千年の時を超え、現代に生きる源義経が、自らの物語を語り出す。古典『義経記』が超絶文体で甦る、激烈に滑稽で悲痛な超娯楽大作小説、ここに開幕。

  • 告白 1234円
    作家 町田康
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2018/03/09

    人はなぜ人を殺すのか。大量殺人事件をモチーフに永遠の主題に迫る著者渾身の長編小説。第41回谷崎潤一郎賞受賞作。

  • 生の肯定(毎日新聞出版) 1280円
    作家 町田康
    出版社 PHP研究所
    レーベル 毎日新聞出版
    販売開始日 2018/02/02

    生きよう。余の長い旅が終わる。目眩く言葉とイマジネーション。傑作長編「どつぼ超然」シリーズここに完結。町田文学の新たな到達点!

  • スピンクの笑顔 1134円
    作家 町田康
    出版社 講談社
    販売開始日 2017/11/24

    スピンクがいなくなって、家の中が静かです。保護犬として小説家の主人・ポチの家にやってきて10年、希望とともに生きたスピンクが綴った楽しき日記。突然に訪れた、別れ。「スピンク日記」シリーズ最終巻!...

  • スピンクの壺 665円
    作家 町田康
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/11/10

    生きていればそれだけでいいじゃないか。生後四ヵ月で保護されたプードルのスピンクが綴った日記。作家である主人・ポチとの楽しく幸福な時間。大人気シリーズ第3弾!

桜井鈴茂関連作品

  • アレルヤ 497円
    作家 桜井鈴茂
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/11/23

    失業中の吉永シロウは、昔のバンド仲間であるドラムとふたり暮らし。ある深夜、突然気づく。「俺は、ヘリ(水際)に立っている!」。人生の崖っぷちに一念発起、シロウはドラムに勧められるがままに小説を書き...

  • 終わりまであとどれくらいだろう 508円
    作家 桜井鈴茂
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/11/02

    2003年4月5日。桜が咲き乱れる東京を、6人の男女がさまよっていた――。子猫を隠れて飼うロッカー、恋人との別れに怯えるレズビアン、セックス中毒の経営コンサルタント......。破格のスタイルと...

  • できそこないの世界でおれたちは 1210円
    作家 桜井鈴茂
    出版社 双葉社
    販売開始日 2018/06/15

    パンク歌手として世に蔓延る嘘や欺瞞と闘った日々も今は昔。40代半ばとなった吉永は、下請けコピーライターとして、養育費の支払いに四苦八苦する毎日だ。ある日、今や紅白歌合戦に出場するほど出世(堕落?...

  • どうしてこんなところに 605円
    作家 桜井鈴茂
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2016/11/29

    東京の郊外で暮らす、しがないサラリーマン久保田輝之は、ある晩、人を殺めてしまう。自首するべきか? 死ぬべきか? いや、しかし、でも......。結局はどちらも選べないまま、逃亡生活を送ることに。...

文春文庫関連作品

  • 王朝懶夢譚 751円
    作家 田辺聖子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/02/08

    イケメンの貴公子と恋をしたい! ドラマティック恋を求めて突き進む月冴姫とやんちゃな妖怪たちの王朝ファンタジー。 内大臣の美しい姫君・月冴姫は東宮の妃として入内を待つ身。 ある夜、屋敷の者が寝静...

  • 連続殺人犯 880円
    作家 小野一光
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/02/08

    小野さんは殺人犯を描き尽くすことで、我々の内なる「魔」の姿を、闇の中から掘り出してくれた――重松清氏、推薦! 人が人を殺す「その理由」を直接取材しつづけた、傑作ノンフィクション。 21世紀の...

  • フランダースの帽子 701円
    作家 長野まゆみ
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/02/08

    あのころ知りあいのだれもがなにかしらのウソをついて暮らしていた―― 長く潜伏したあとでひょっこり姿をあらわした、良く似た姉妹による巧妙なウソ。 郵便受けに届いた1枚の葉書が呼び起こした、弟との...

  • 日本人はどこから来たのか? 751円
    作家 海部陽介
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/02/08

    日本人の祖先は、どのようにこの列島に渡ってきたのか。この課題に徹底的な科学調査によって迫り、アフリカから日本までの「グレートジャーニー」の道筋を浮かび上がらせる。 従来の「人類の祖先は海岸沿いに...

  • 火と汐 800円
    作家 松本清張
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/02/08

    八月十六日、京都“大文字”の夜。興奮にざわめく人混みのなかを、一つの情事が進行していた。しかしその最中、人妻は送り火に見とれる男の前から姿を消した。 同じ時、油壺と三宅島の間では、人妻の夫が参加...

  • 死仮面 880円
    作家 折原一
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/02/08

    亡くなった夫はいったい何者だったのか? 奇妙な小説の世界と現実の事件が共鳴する、折原ワールド全開の長篇ミステリー! かつてDVによる離婚を経験した秋月雅代。 週末だけ同棲していた内縁の夫・十津...