読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

コミンテルンの謀略と日本の敗戦

コミンテルンの謀略と日本の敗戦
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。 ダウンロードはこちら
価格 800円(税込)
ポイント還元 8ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 416
販売開始日 2017/09/15
紙書籍版 取り扱い中

ロシア革命が成功したあと、レーニンは世界革命を遂行すべく、「コミンテルン(共産主義インターナショナル)」をつくる。それは恐るべき思想と悪魔的手法に裏打ちされた組織であった。そして大日本帝国は、やすやすとその謀略に乗せられ、第二次大戦に追い込まれていく。なぜ、そうなってしまったのか? 実は、その背後には、日本の「自滅的」な大失敗があった。リヒャルト・ゾルゲ、尾崎秀実らが暗躍していたことは、よく知られたことだろうが、彼ら以外にも、軍や政府内部に入り込み、ソ連・コミンテルンの都合の良いように動く人々がいたのである。どうして当時の日本のエリートたちは共産主義にシンパシーを覚えたのか? ソ連型の共産主義社会をめざす「左翼全体主義者」と、天皇を戴きながら社会主義的統制国家をめざす「右翼全体主義者」は、いかにして日本を席巻したのか? そして左右の全体主義の危険性に気づき、その勢力に敢然と立ち向かった保守自由主義者たちの姿とは――? コミンテルンの戦略を詳述しつつ、日本国内の動きの謎を解き、隠された「歴史の真実」を明らかにする刮目の書。 【目次より】●はじめに コミンテルンの謀略をタブー視するな ●第1章 ロシア革命とコミンテルンの謀略――戦前の日本もスパイ天国だった ●第2章 「二つに断裂した日本」と無用な敵を作り出した言論弾圧 ●第3章 日本の軍部に対するコミンテルンの浸透工作 ●第4章 昭和の「国家革新」運動を背後から操ったコミンテルン ●第5章 「保守自由主義」VS「右翼全体主義」「左翼全体主義」 ●第6章 尾崎・ゾルゲの対日工作と、政府への浸透 ●おわりに 近衛文麿という謎

江崎道朗関連作品

PHP新書関連作品

  • ジャズとエロス 770円
    作家 牧山純子
    出版社 PHP研究所
    レーベル PHP新書
    販売開始日 2019/05/31

    美しきジャズヴァイオリニストが語る“夜によく似合う官能的な(決して下品ではない)大人のジャズ”ガイド。松尾貴史氏との対談も収録。

  • 歌舞伎はスゴイ 850円
    作家 堀口茉純
    出版社 PHP研究所
    レーベル PHP新書
    販売開始日 2019/05/24

    【複数色を使用したコンテンツです。モノクロ端末では一部読みづらい場合がございます】現在まで脈々と続く大スターの御先祖様たちの活躍は? 芝居はどう発展した? 魅惑の舞台裏は? 「浮世絵」を使ったカ...

  • 江戸はスゴイ 800円
    作家 堀口茉純
    出版社 PHP研究所
    レーベル PHP新書
    販売開始日 2019/05/24

    ここまで楽しく素晴らしい町だったとは! 浮世絵などイラスト満載で、ページを開けばお江戸の世界。その魅力がみるみるわかる極上の書。

  • 実行力 800円
    作家 橋下徹
    出版社 PHP研究所
    レーベル PHP新書
    販売開始日 2019/05/24

    大阪府知事・市長として4万8千人の人と組織をどう動かしてきたか。橋下流「君主論」の全思考を初公開。

  • なぜデフレを放置してはいけないか 800円
    作家 岩田規久男
    出版社 PHP研究所
    レーベル PHP新書
    販売開始日 2019/05/24

    日銀前副総裁が怒りの緊急提言! 20年続いたデフレを止めるには消費税10%を凍結して日本国民にお金を撒くしかない!

  • 吉原はスゴイ 850円
    作家 堀口茉純
    出版社 PHP研究所
    レーベル PHP新書
    販売開始日 2019/05/24

    【複数色を使用したコンテンツです。モノクロ端末では一部読みづらい場合がございます】江戸時代、吉原の花魁は大スターで流行の発信源でもあった。吉原の意外な歴史から、粋なしきたりまで、浮世絵のカラービ...

「世界史」カテゴリ