読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

呪いの十円銅貨 ‐コックリさん‐

呪いの十円銅貨 ‐コックリさん‐
電子書籍版
価格 756円(税込)
ポイント還元 7ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2017/10/27

中原咲子は中学生向け進学塾の国語講師をしている。ある日、板書で夢中になっていたときに、やる気のない生徒、飯星遥香たちが後ろの席でコックリさんをして遊んでいた。後片付けをしているときに、咲子がその痕跡に気づき、せっかく真面目に授業をしていたのにと憤慨する。
しかし、落ちていた十円玉に触れたとき、脳裏に不吉なイメージが広がった。咲子には軽い霊感があり、そこに込められた想念を感じ取ることが出来たのだ。コックリさんで呼び出した霊がかなり強いものであったと咲子は直感した。
その日、遥香は家に戻らず、大騒ぎとなり母親の飯星啓子は警察に捜索願を出す。
彼女には以前からストーカーの被害を受けたことがあるらしく日記からそれが判明し、刑事の聞き込みから人相の悪い若者が捜査線上に浮上する。
そして、失踪から一週間後、彼女は遺体で荒川の河川敷に打ち上げられた。

黒川文関連作品

ブリジットブックス関連作品

「日本」カテゴリ