読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

くちなし

くちなし
電子書籍版
価格 1201円(税込)
ポイント還元 12ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 224
販売開始日 2017/10/26
ファイル形式 epub
紙書籍版 取り扱い中

さまざまな愛のかたちを、鮮烈な幻想のイメージとともに捉えた、著者の新境地をひらく短篇集。

――骨が皮膚を押し上げている部分に親指を添えて、くっ、くっ、と押しながら曲げた左肘を小さく回す。不意に肩の位置ががくんと下がり、体に不自然な段差が出来た。アツタさんはもう一方の手で力の失せた左腕をつかみ、軽く回転させてぴりぴりと皮膚を破りながら、慎重にちぎり取っていく。
「はい、どうぞ。大事にしてね」

不倫相手と別れる最後の贈り物に、男の左腕をもらったユマ。彼の腕との暮らしは快適だったが、やがて彼の妻が部屋に乗り込んできて......。
表題作ほか、運命の相手の身体には、自分にだけ見える花が咲く(「花虫」)、蛇や大犬や虎などに変異して好きな男を頭から食らう(「けだものたち」)など全8篇。

彩瀬まる関連作品

  • 桜の下で待っている 577円
    作家 彩瀬まる
    出版社 実業之日本社
    レーベル 実業之日本社文庫
    販売開始日 2018/02/23

    東京から新幹線で北へ向かう男女5人それぞれの行先で待つものは――。面倒だけれど愛おしい「ふるさと」をめぐる珠玉の短編集。

  • 眠れない夜は体を脱いで 1382円
    作家 彩瀬まる
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2017/02/10

    いつになったら、私は私と仲良くなれるの? 自分でいることに窮屈さを覚えた人々が集う深夜の掲示板。悩める人々を解放していく連作短篇集。

  • やがて海へと届く 1296円
    作家 彩瀬まる
    出版社 講談社
    販売開始日 2016/02/12

    すみれが消息を絶ったあの日から三年。真奈の働くホテルのダイニングバーに現れた、親友のかつての恋人、遠野敦。彼はすみれと住んでいた部屋を引き払い、彼女の荷物を処分しようと思う、と言い出す。親友を亡...

文春e-book関連作品

  • 新着!
    読書間奏文 1201円
    作家 藤崎彩織
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2018/12/15

    人生が変わる読書体験。 直木賞候補作『ふたご』の著者が、「本」を通して自身のターニングポイントを綴る、初エッセイ。 「文學界」の大好評連載に加え、書き下ろしエッセイも収録されています。 ...

  • 新着!
    「大人計画」ができるまで 1300円
    作家 松尾スズキ 北井亮
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2018/12/15

    宮藤官九郎、阿部サダヲ、星野源...大人計画の秘密にせまる! 演劇界の常識に囚われない超・俳優集団を作った松尾スズキ。何に触れ誰と出会いどのように劇団を強固にしていったのか――。

  • 新着!
    ん!? 1201円
    作家 宮藤官九郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2018/12/14

    「週刊文春」好評連載シリーズの第3弾。NHK連続テレビ小説『あまちゃん』から映画『TOO YOUNG TOO DIE!若くして死ぬ』、TVドラマ『ゆとりですがなにか』『カルテット』『監獄のお姫さ...

  • 新着!
    遠きにありて 1401円
    作家 西川美和
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2018/12/13

    新たなるスポーツエッセイの名作誕生! スポーツ観戦が唯一の趣味の著者が、その悲喜こもごもを温かくも鋭く描いた傑作エッセイ集。 広島出身、カープ愛溢れる作品群も必読! オリンピック・パラリンピ...

  • フランス座 1201円
    作家 ビートたけし
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2018/12/12

    芸人たけしが生まれた浅草の街と唯一無二の師匠の物語。 ビートたけしが万感の思いで贈る自伝小説。 『フランス座』といえば浅草の伝説的ストリップ劇場、そしてビートたけしさんが修業時代を過ごしたこと...

  • 泥沼スクリーン これまで観てきた映画のこと 1300円
    作家 春日太一
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2018/12/12

    映画史・時代劇研究家の春日太一さんが、偏愛する邦画を思い入れたっぷりに紹介する週刊文春の連載コラム「木曜邦画劇場」待望の単行本化です。 過去6年、300回を超す連載から「これこそ春日太一を作った...

「レディース・耽美」カテゴリ