読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

僕たちの恋人

僕たちの恋人
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 220円(税込)
ポイント還元 2ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 35
販売開始日 2017/12/01

結婚式の二次会でストリップ・クラブへ行ったリンダは、端整な顔立ちの赤毛の男に声をかけられた。
「僕たちと飲み直さないか?」甘い囁きに膝から力が抜け、体の奥が熱くなる。
彼――エリックに肘を引かれ、連れていかれたのはステージ前のテーブル。そこには彼の友達ネイトもいた。
青い瞳に、透きとおるほど白い肌。なんて神々しい。その彼が好奇心もあらわに見つめてくる。
ステージではストリッパーがダンスをしていた。胸はむきだしで、レースのTバックだけ身に着けて。
やがてネイトがストリッパーを膝にのせ、官能的な動きをしはじめると、リンダはエリックの膝にのせられた。
脇腹をなでられ腿に下腹部をこすりつけられるうち、あっというまに絶頂に達してしまった。
下腹部の疼きがおさまらぬままスカートをたくしあげ、今度はネイトの膝にまたがった。
背後からエリックがヒップをなではじめる。ああ、エリックとネイトに抱かれたい。
気づくとわたしはふたりに両手を掴まれ、路地裏のレンガの壁に押しつけられていた。
「後ろを向け」

ローレン・ホークアイ関連作品

紫堂あき関連作品

ハーレクイン関連作品

エロティカ関連作品