読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

なぜ古典を読むのか

なぜ古典を読むのか
電子書籍版
価格 1296円(税込)
ポイント還元 12ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 408
販売開始日 2019/01/19
ファイル形式 epub
紙書籍版 取り扱い中

卓越した文学案内人カルヴィーノによる最高の世界文学ガイド。ホメロス、スタンダール、ディケンズ、トルストイ、ヘミングウェイ、ボルヘス等の古典的名作を斬新な切り口で紹介。須賀敦子の名訳で。

イタロ・カルヴィーノ関連作品

須賀敦子関連作品

  • 島とクジラと女をめぐる断片 799円
    作家 アントニオ・タブッキ 須賀敦子
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2018/04/20

    居酒屋の歌い手がある美しい女性の記憶を語る「ピム港の女」のほか、クジラと捕鯨手の関係や歴史的考察、ユーモラスなスケッチなど、夢とうつつの間を漂う<島々>の物語。

  • ユルスナールの靴 691円
    作家 須賀敦子
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2016/04/22

    デビュー後十年を待たずに惜しまれつつ逝った筆者の最後の著作。二十世紀フランスを代表する文学者ユルスナールの軌跡に、自らを重ねて、文学と人生の光と影を鮮やかに綴る長篇作品。

  • 塩一トンの読書 594円
    作家 須賀敦子
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2016/04/22

    「一トンの塩」をいっしょに舐めるうちにかけがえのない友人となった書物たち。本を読むことは生きることと同じという須賀は、また当代無比の書評家だった。好きな本と作家をめぐる極上の読書日記。

  • 霧のむこうに住みたい 594円
    作家 須賀敦子
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2016/04/22

    愛するイタリアのなつかしい家族、友人たち、思い出の風景。静かにつづられるかけがえのない記憶の数かず。須賀敦子の希有な人生が凝縮され、その文体の魅力が遺憾なく発揮された、美しい作品集。

河出文庫関連作品

  • 新着!
    Q10 (1~2巻) 864円
    作家 木皿泉
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2019/03/22

    平凡な高校3年生・深井平太はある日、女の子のロボット・Q10と出会う。彼女の正体を秘密にしたまま二人の学校生活が始まるが......人間とロボットとの恋は叶うのか?

  • 幻の韓国被差別民 「白丁」を探して 972円
    作家 上原善広
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2019/03/15

    白丁とは、朝鮮半島に存在した被差別民をいう。牛の屠畜・解体を業とし、柳細工なども営んだ。かつては厳しい賎視をうけたが、朝鮮戦争などによってその集落は失われた。その後、多くの末裔は牛肉を扱う仕事に...

  • シャーロック・ホームズ入門百科 896円
    作家 小林司 東山あかね
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2019/03/15

    日本を代表するシャーロッキアン夫妻の長年にわたる活動から生まれた決定版入門書。全作品のあらすじや基礎データ、名探偵の生涯、貴重なホームズ逸話など、知っておくべき情報が満載。

  • 天皇と賤民の国 929円
    作家 沖浦和光
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2019/03/15

    日本列島にやってきた先住民族と、彼らを征圧したヤマト王朝の形成史の二つを軸に、日本単一民族論を批判しつつ、天皇制、賤民史、部落問題を考察。増補新版。

  • 青が破れる 734円
    作家 町屋良平
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2019/03/08

    その冬、おれの身近で三人の大切なひとが死んだ――究極のボクシング小説!第53回文藝賞受賞のデビュー作。尾崎世界観氏との対談、マキヒロチ氏によるマンガ「青が破れる」を併録。

  • 夢の本 1296円
    作家 ホルヘ・ルイス・ボルヘス 堀内研二
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2019/03/08

    『ギルガメシュ』『聖書』『千夜一夜物語』『紅楼夢』から、ボードレール、ニーチェ、カフカなど113篇。無限、予言、鏡、虎、迷宮といったモチーフも楽しい夢のアンソロジー。