読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

ぐるり一周34.5キロ JR山手線の謎 2020

ぐるり一周34.5キロ JR山手線の謎 2020
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 792円(税込)
ポイント還元 7ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 208
販売開始日 2018/02/23
紙書籍版 取り扱い中

日本を、東京を代表する通勤路線の山手線は、グルグル回って90年以上。1周1時間ちょっと、長年29駅で営業してきたけれど、まもなく30駅になります。2020年の東京オリンピックを控え、東京全体が変化していく中で、新駅開業で山手線はどう変わって行くのか? そしてこの10年ほどでどう変わってきたのか? 副都心線が東急東横線と相互直通を開始し、上野・東京ラインも開業。秋葉原や日暮里の乗車人員は増える一方で、渋谷は減少。山手線ではホームドアの整備が進み、6扉車がなくなり、新型車両が導入されつつあるなど、東京での生活に常に話題を提供してくれる山手線の路線・運転・各駅のエピソードを広く採り上げます。

松本典久関連作品

じっぴコンパクト新書関連作品

「鉄道」カテゴリ