読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

0から学ぶ「日本史」講義 古代篇

0から学ぶ「日本史」講義 古代篇
電子書籍版
価格 1223円(税込)
ポイント還元 12ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2018/02/27
紙書籍版 取り扱い中

世界史を題材に数々のベストセラーを生んだ著者が初めて日本史に挑戦。世界史の中の日本という視点で、分かりやすく面白く解説。

はじめに

第一章 日本人の起源
1 原始、太陽は敵だった
2 大量絶滅とホモサピエンスの登場
3 「言葉」は、肉食から生まれた?
4 DNAが証明した日本人の多様な起源
5 稲作と鉄器がすべてを変えた

第二章 統一国家の誕生
6 漢の崩壊後に確立した倭の王権
7 巨大古墳ができたわけ
8 いまの天皇家は西暦六世紀から
9 「仏教伝来」のインパクト
10 「聖徳太子」はいなかった?

第三章 大国との対決と敗北
11 “乙巳の変”(大化の改新)のウラに、大唐世界帝国あり
12 白村江の戦い前夜
13 唐から来たマッカーサー
14 アンチ唐派の巻き返し―壬申の乱
15 持統天皇が目指した中国の女帝

第四章 弱い男・強い女・賢い補佐
16 国の「かたち」を整えた飛鳥時代
17 「日本」が本当に始まった
18 女性が動かした奈良時代
19 女帝のブレーンたちI 皇位をめぐる暗闘
20 女帝のブレーンたちII 相次ぐ反乱

第五章 鎮護国家か唐風化路線か
21 大仏建立と聖徳太子
22 道鏡の真実
23 未完の唐風化政策
24 平安京は大きすぎた
25 天皇の権威、分裂す

第六章 摂関政治と熾烈な権力闘争
26 兄弟げんかで生まれた「摂政」「関白」
27 平将門の乱の意味するもの
28 僧界のプリンス・最澄と政僧・空海
29 「延喜・天暦の治」の舞台裏
30 藤原氏のバトルロワイヤル

第七章 日中交流が育んだ平安文化
31 宋の建国
32 末法の世に流行る浄土信仰
33 唐物 珍重される輸入品
34 後宮の情報戦と王朝文学
35 日記は貴族の財産

第八章 古代篇まとめ 世界史の中の日本
36 東アジアの年表を並べて眺めよう
37 日本のグランドデザイン
38 小さな国・日本

出口治明関連作品

文春e-book関連作品

  • 新着!
    音に聞く 1300円
    作家 高尾長良
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/20

    デビュー以来連続して芥川賞候補になってきた二十代天才女性作家が、沈黙を破り放つ決定打。 作曲に天賦の才をみせる15歳の妹。母語から離れ、自らの言語表現を模索する姉。『肉骨茶』『影媛』で注目を集め...

  • 新着!
    ゆるり より道ひとり暮らし 1001円
    作家 おづまりこ
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/20

    ときどき道草する方が、人生は楽しい。ひとり暮らし、9年目。おひとりさまエッセイで大人気・累計22万部の著者がオールカラーでつづる、発見と失敗と、ちいさな幸せでいっぱいの、おひとりさま満喫ライフ!...

  • 潮待ちの宿 1599円
    作家 伊東潤
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/15

    海に臨む宿で少女が待つものとは―― 歴史小説の名手が初めて挑む人情噺。 口減らしのため備中の港町・笠岡の「真なべ屋」に連れてこられた志鶴。 潮待ち宿のそこでは、商人や仲買人たち、時には怪しい旅...

  • 夜の谷を行く 1400円
    作家 桐野夏生
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/15

    桐野夏生が挑む、「連合赤軍」の真実。 いま明かされる「山岳ベース」で起こった出来事。「総括」とは何だったのか。集った女たちが夢見たものとは――。 桐野の作品世界で新解釈される“女たちの連合赤軍事...

  • あたいと他の愛 1001円
    作家 もちぎ
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/14

    Twitter フォロワー47万超え「ゲイ風俗のもちぎさん」のルーツが明らかに! おせっかいでも、人の悩みを聞いて一緒に考え、腐らずに立ち向かってみる。 そんな“もちぎ”ができるまでを描いた初の...

  • 小さな場所 1400円
    作家 東山彰良
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/14

    ここで、ぼくは生きている――台北市紋身街 日台同時発売! 切なく沁み入る傑作連作集 台北の紋身街は、日本でいえば新宿・歌舞伎町一番街の一角か、あるいは渋谷センター街の裏路地か――。 世界中のど...

「日本史 一般」カテゴリ