読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

新版 イスラームとアメリカ

新版 イスラームとアメリカ
電子書籍版
価格 1080円(税込)
ポイント還元 10ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 408
販売開始日 2018/03/09
ファイル形式 epub
紙書籍版 取り扱い中

「湾岸戦争からソ連解体にかけてアメリカを理解せずに現代の中東・中央アジアを考える限界を痛感した」。多民族他文化国家アメリカと、世界各地に浸透するイスラーム世界とは共存しえるか。劇的に変化したアメリカとサウジアラビアの関係変化など最新研究を盛り込んだ増補版。

「イスラームとアメリカとの複雑な関係を多面的に考えることは、新しい世紀における日本とイスラームとの相互関係を測る上でも重要な準備作業となる。もちろん私としても、このささやかな書物が大きな課題に正面から取り組んだとは考えていない。しかし今はただ、本書の公刊がイスラームを軸としながら日米関係と日本中東関係を考える試みにもつながれば、と念じるのみである」(はじめに――ラシュディー事件によせて、より)

【目 次】
第一章 イスラームとテロリズム――アメリカと中東を横断する新しい社会運動
第二章 イスラームとアメリカ――自由と民主主義をめぐる非対称
1 イスラームと「歴史の終わり」
2 イスラーム主義におけるプルーラリズム
3 神の民主主義―対―市民の民主主義
4 アメリカのイスラーム政策
5「新・東西対立」と政治的リアリズム
第三章 アメリカの多文化主義と民族・人種問題――ロサンゼルス暴動の背景
第四章 アメリカ人のイスラーム――ブラック・ムスリム運動を中心に
1 アメリカ史の中のイスラーム
2 イスラーム神秘主義教団の台頭
第五章 日米関係とイスラーム――ハンチントン「文明の衝突」をめぐって
第六章 「歴史の終わり」に挑戦するイスラーム――フランシス・フクヤマ再考
1「最後の人間」のアイロニー
2 さまざまな民主主義
第七章 イスラームとトクヴィル――宗教と自由主義との緊張関係
1 近代ヨーロッパのイスラーム発見
2 トクヴィルの民主主義論と植民地征服――イスラームからの視点
第八章 大川周明による回教徒問題攷究――日本人の見た近代の危機
第九章 日本人のイスラーム観――中村廣治郎『イスラム』によせて
第十章 ウサーマ・ビン・ラーディンとアメリカ――アメリカ同時テロル多発事件の背景

山内昌之関連作品

中公文庫関連作品

  • 金メダル男 626円
    作家 内村光良
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2019/03/01

    あらゆる一等賞を目指し続ける男・泉一。何度失敗しても立ち上がる一途な半生を、昭和平成の時代風景と重ね合わせながら描く痛快エンターテインメント。

  • 特捜検事 新編集版 (1~2巻) 950円
    作家 三好徹
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2019/02/28

    一般市民からの告訴や告発を受け付ける東京地検特捜部の直告係から、今日も立花検事に事件が回ってくる。

  • 青と白と 713円
    作家 穂高明
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2019/02/28

    30代後半の悠子は、アルバイトをしながら空き時間に原稿を書く駆け出しの作家。仙台を出て東京で一人暮らしを続けるが、ぎりぎりの生活を送る。そんな彼女の日常は、震災を境に激変した。「私は、なぜこんな...

  • バビロンの秘文字 (1~2巻) 950円
    作家 堂場瞬一
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2019/02/28

    恋人の里香に会いにストックホルムを訪れたカメラマン・鷹見。その眼前で、彼女の勤務先である国際言語研究所が爆破された。現場から姿を消した里香は、未解読の粘土板“バビロン文書”を持ち出していた。行方...

  • ケルトの歴史と文化 (1~2巻) 1404円
    作家 木村正俊
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2019/02/28

    欧州各地に広く痕跡を残し、ギリシア・ローマとは異なる、生命的で自然的な要素を持つケルト文化。比較文化的視点を加えてその本質を捉え、併せてケルト民族の雄大な歴史を描いた長篇。全二巻。

  • レギオニス 信長の天運 713円
    作家 仁木英之
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2019/02/28

    尾張を半ば手中にした織田信長は、西に境を接する美濃・斎藤義龍との決戦に備えつつあった。戦意高まる家中にあって、柴田権六勝家は微妙な立場にいた。信長と敵対する弟の傅役だったため信用されず、主戦から...

「政治・行政学」カテゴリ