読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

新にっぽん奥地紀行 ~イザベラ・バードを鉄道でゆく~

新にっぽん奥地紀行 ~イザベラ・バードを鉄道でゆく~
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1408円(税込)
ポイント還元 14ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 320
販売開始日 2020/02/07
紙書籍版 取り扱い中

明治11年。開国間もないニッポンに、ひとりの英国貴婦人がやってきた。
イザベラ・ルーシー・バード。

旧街道を引き馬に乗ってゆく過酷な旅路を歩いた彼女の目に、いまだ江戸の面影を残す東北、北海道の景色はどのように映ったのか――。

鉄道・歴史紀行文の名手である著者が、バードの足跡を訪ねて歩いた鉄道の旅。
彼女が見た明治期の日本を探しながら、現代日本の地方都市を歩き、人と出会い、風景と食、そして酒を堪能しつつ“近代日本”の真の姿を考える。

雑誌『旅と鉄道』誌上で16回にわたり掲載された連載ルポ、待望の単行本化。

【目次】
序章/第1章「横浜」/第2章「東京」/第3章「日光」/第4章「会津(前編)/第5章「会津(後編)」/第6章「新潟」/第7章「置賜」/第8章「上山」/第9章「秋田」/第10章「大館」/第11章「黒石」/第12章「函館」/第13章「噴火湾」/第14章「室蘭」/第15章「勇払原野」/第16章「平取」/あとがき

芦原伸関連作品

  • 西部劇を極める事典 1584円
    作家 芦原伸
    出版社 天夢人
    販売開始日 2020/02/07

    西部劇は永遠だ。カウボーイ流の民主主義こそが、アメリカの原点。本書を読めば、トランプのアメリカが見えてくる!

  • 定本 さらばブルートレイン! 1320円
    作家 芦原伸
    出版社 天夢人
    販売開始日 2020/02/07

    隆盛を極め、そして惜しまれつつ廃止となった、ブルートレインの乗車記。 歴代ブルートレイン、全32列車の解説付き

  • 時刻表探検 1320円
    作家 芦原伸
    出版社 天夢人
    販売開始日 2020/02/07

    数字の羅列を読んで何が楽しい?『時刻表』にハマッた達人が、その魅力を解き明かす!

  • 森の教え、海の教え 辺境の旅から 1496円
    作家 芦原伸
    出版社 天夢人
    販売開始日 2020/02/07

    忘れられた日本の風景、失われゆく里山や里海に残る風俗、風習、伝統、暮らしなどを訪ねた旅の記録を「森」と「海」の二編のテーマで綴る16編。 日本人は古くから山や森、川や海などの自然を敬い、森羅万象...

  • 完全保存版 西部劇を読む事典 1584円
    作家 芦原伸
    出版社 天夢人
    販売開始日 2020/02/07

    映画史に黄金時代を築き、再評価が著しい西部劇の世界。 本書は「駅馬車」「真昼の決闘」「OK牧場の決闘」などの名作、 プログラムピクチャーとして大量生産されたB級・C級西部劇、 アメリカンニュー...

  • 被災鉄道 復興への道 2035円
    作家 芦原伸
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/16

    あのとき、東北地方の太平洋湾岸には多数の列車が走っていた。「乗り鉄」界の第一人者が見続けた被災した鉄道と東北の復興への道。

天夢人関連作品

「国内」カテゴリ

  • 京都で町家旅館はじめました 1232円
    作家 山田静
    出版社 双葉社
    販売開始日 2020/01/10

    京都に新しくオープンする外国人向けの町家旅館『京町家 楽遊 堀川五条』のマネージャーをつとめることになった著者。根っからのあずま女が世界一の人気を誇る古都でやっていけるのか!? そんなドキドキと...

  • 奥東京人に会いに行く 1650円
    作家 大石始
    出版社 晶文社
    販売開始日 2019/10/25

    東京最高峰の集落「奥多摩・峰」 絶海の孤島「青ヶ島」 神唄集団が存在した「新島」 水神信仰の厚い「東小松川」 東京最古の盆踊り「佃島」 ほか... えっ、ここが東京? 高層ビルが立ち並ぶ姿だけ...

  • 京都のいいとこ。 本当に訪ねたい店・人・景色 1045円
    作家 大橋知沙
    出版社 朝日新聞出版
    販売開始日 2019/08/23

    京都を旅する人にはそこに「暮らす」ように、京都や近郊に暮らす人には「小さな旅に出かける」ように、自然体の京都の楽しみかたを提案。読んで味わう、自分らしい旅を見つける新しいタイプの京都本。

  • 低山手帖 1650円
    作家 大内征
    出版社 日東書院本社
    販売開始日 2019/08/23

    山は、人の生活にも密接なつながりがあるもの。 たくさんのことを教えてくれる。 時には厳しく、時には優しく。山を歩き、自然と触れ合うことは人生を豊かにしてくれる。そんな気持ちを忘れないように書き留...

  • 森で過ごして学んだ101のこと 1408円
    作家 本山賢司
    出版社 東京書籍
    販売開始日 2019/08/16

    おいしい、楽しい、気持ちいい、アウトドアライフに本当に役立つ101の情報を、第一人者のオールカラーイラストと読み物で。

  • 令和元年 競輪全43場 旅打ちグルメ放浪記 1485円
    作家 峯田淳
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2019/07/19

    全国43の競輪場のグルメ及び周辺情報とともに、各競輪場の施設を解説。 競輪場へのルート、車券推理の仕方、実レース解説、施設紹介、選手によるバンク走行解説、場内飲食店と食べ物などを網羅! 実際に著...

  • 日本のバーをゆく 1155円
    作家 太田和彦
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/18

    名バーは地方にあり! 札幌・やまざき、金沢・倫敦屋、京都・祇園サンボア、神戸・北野坂サヴォイ、銀座・ルパンなど、厳選33店!

  • 聖地にはこんなに秘密がある 1320円
    作家 島田裕巳
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/17

    沖縄クボー御嶽、大神神社、天理教教会本部、稲荷山、靖国神社、伊勢神宮、出雲大社、沖ノ島をひたすら歩き、隠された秘密を暴く。

  • 鉄道おくのほそ道紀行 週末芭蕉旅 1595円
    作家 芦原伸
    出版社 講談社
    レーベル The New Fifties
    販売開始日 2019/07/14

    「おくのほそ道」を鉄道でたどるドキュメント。青春18きっぷも活用した半年間の週末芭蕉旅には、時空を超えた意外な発見があった。

  • 奈良の平日 誰も知らない深いまち 1320円
    作家 浅野詠子
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/14

    寺社・仏像だけじゃない奈良の魅力。「町家カフェ」「海なし県の水辺の風景」「古都の近代化遺産」などを紹介する最新紀行エッセイ。

  • 会社員 (1~2巻) 1386円
    作家 大島義史 「THE PAGE」編集部
    出版社 小学館
    販売開始日 2019/07/05

    神戸の会社員が自転車で南極点に!!

  • 語りだす奈良 118の物語 1650円
    作家 西山厚
    出版社 ウェッジ
    販売開始日 2019/06/28

    ■読めば奈良がもっと好きになる! 仏教美術の殿堂として知られる奈良国立博物館の学芸部長として、正倉院展をはじめ、多くの展覧会を運営してきた著者。奈良の寺社や伝統行事、宝物、それらを守り伝える人々...