読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

文革再来

文革再来
電子書籍版
価格 756円(税込)
ポイント還元 7ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2018/08/03
ファイル形式 epub

文化大革命は、中国現代歴史上最悪の事件で、民主と法制を踏みにじり、中国の国民ならびに経済を崩壊の瀬戸際に陥れた、いわば国家の権力を借りた犯罪であった。派閥と派閥が対立と分裂を繰り返し、政治闘争が武力闘争へと発展した大規模な“内ゲバ”ともいえる。内外の研究者の調査では「死者40万人以上、犠牲者1千万人」と言われ、ふたつの世界大戦とともに「20世紀10大歴史出来事のひとつ」にもあげられているほどだ。
本書では、現在の視点からもう一度、“文革とは何だったのか”を見直すとともに、習近平政権下で発生するかもしれない「第二の文革」に対して警鐘を鳴らす。電子オリジナルのノンフィクション作品。

序説 文革とは、何だったのか
I 国家犯――毛沢東と林彪
II 巨悪――毛沢東と江青
III 巨星“レッドスター”‐‐毛沢東とトウ小平
IV 巨龍の野望――毛沢東と習近平
あとがきに代えて

●森田靖郎(もりた・やすろう)
作家。1945年、兵庫県出身。文革中に、中国・チベット地区を訪れ、辺境地に下放された都市青年との交流から中国への興味を抱く。その後、シルクロードやロングマーチ(長征)など中国各地への旅を繰り返す。改革開放、天安門事件、香港返還などを常に現場から発信し、中国をフレームにして日本への同時代メッセージを送り続けるルポで定評がある。ノンフィクションを底辺にさらに再構築した小説執筆にも精力的で、ノンフィクションでは表現出来ない中国の暗部を赤裸々に描き出している。『上海セピアモダン』(朝日新聞社)、『中国「犯罪源流を往く」』(講談社)、『悪夢』(光文社)、『地経学で読む爆走中国』(原書房)、『引き裂かれた街~池袋チャイナタウン・プロジェクト~』(ナショナル出版)など著書多数。

森田靖郎関連作品

  • カネと自由と、文明末ニューヨーク 756円
    作家 森田靖郎
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2017/09/01

    アメリカ的資本主義の断末魔が聞こえる......そして新たな文明の幕開けの予感

  • 昭和セピアモダン 486円
    作家 森田靖郎
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2016/12/09

    憲法改正の前に戦後70年がなんだったのかをもう一度振り返ってみる 日米安保、憲法改正、原発再稼働......昭和を引きずりながら新たな時代の産みの苦しみに立ち会っている日本。これからこの国は...

  • 六四(リュウスウ)天安門事件 756円
    作家 森田靖郎
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2015/12/04

    「血の日曜日」はなぜ起きたのか、その時、ぼくらは何を見たか 1989年6月4日、天安門広場に集まった学生たちが虐殺された「天安門事件」。中国共産党にとって大きな汚点となるこの事件は、世界に衝...

  • 告白 731部隊 756円
    作家 森田靖郎
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2015/03/25

    発掘! いまも生き続ける細菌部隊の告白調書 1956年、中国撫順で「中華人民共和国人民法院特別軍事法廷」が開かれた。この裁判に先立って取り調べに応じた旧日本軍捕虜のなかに、元731部隊の隊員...

  • 悪銭 小説・替え玉殺人事件 486円
    作家 森田靖郎
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2014/06/13

    日本をターゲットにして犯罪をカネに換算するビジネス 北陸の山間で起きた現金輸送会社襲撃事件、バラバラ死体事件。次々と起きる凶悪事件の捜査線上に、ひとりの中国人女性が浮かび上がる。「死んだ人が...

  • 上海特電 アジア新世紀を読む人脈と金脈(小学館文庫) 637円
    作家 森田靖郎
    出版社 小学館
    レーベル 小学館文庫
    販売開始日 2014/04/04

    新たな胎動を始めた中国の先端都市を牛耳る金脈と人脈をあぶり出す著者会心の書き下ろしノンフィクション。 ※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字サイズだけを拡大・縮小することは...

アドレナライズ関連作品

「ノンフィクション・ドキュメンタリー」カテゴリ