読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

筒井康隆、自作を語る

筒井康隆、自作を語る
電子書籍版
価格 1287円(税込)
ポイント還元 12ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 240
販売開始日 2018/09/30
紙書籍版 取り扱い中

日本SF黎明期におけるデビューから「浸透と拡散の時代」とエンタメ黄金期、日本文学界の大家となって「最後の長篇」執筆に至るまでのキャリアを作家自身が語る。〈SFマガジン〉連載のインタビューに自作解題再録と著作リストを追加したファン必携の一冊!

筒井 康隆関連作品

日下三蔵関連作品

  • くらげ色の蜜月 1430円
    作家 戸川昌子 日下三蔵
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2020/09/17

    内容紹介 倫理もなく、理屈もない。奇妙な出来事が、ただそこにある――。 初々しい新婚夫婦。しかしふたりは、たがいに秘密を抱えていた。そして男はなぜ新婚旅行先に忌まわしい思い出が残る旅館を選んだ...

  • キスギショウジ氏の生活と意見 1540円
    作家 草上仁 日下三蔵
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2020/08/25

    内容紹介 移動する都市、呪いを飼う男、新聞蝶、裁判にかけられる神、駅のトイレの秘密―― 意外な結末満載。短篇SFの匠(たくみ)の全篇初収録+書き下ろし作品集 あらゆるジャンルの面白い短篇が入っ...

  • 堕地獄仏法/公共伏魔殿 1430円
    作家 筒井康隆 日下三蔵
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2020/07/31

    内容紹介 蠱毒(こどく)の小説集 開けば毒に包まれ 読めば笑いと戦慄で震え...... 筒井康隆の小説は蠱毒である。 読めば強烈なショックを受け、その面白さに侵される。 巨大な権力を握った某...

  • 断頭台/疫病 1540円
    作家 山村正夫 日下三蔵
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2020/07/16

    内容紹介 過去から甦る怪奇と幻想の淵 異常心理ミステリー傑作集ここに復刊 過去より甦る怪奇と幻想の淵。 彼らはその境目を歩み、やがて呑みこまれていく――。 死刑執行人サンソンの役を与えられた売...

  • 幻綺行 完全版 1320円
    作家 横田順彌 日下三蔵
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2020/06/18

    内容紹介 その男がゆくところ、必ずや冒険と怪奇が待ち受ける。 男の名は中村春吉。 明治の世に自転車で世界一周無銭旅行を決行した快男児である。 困っている人間を見捨てておけぬ性分ゆえによく事件に巻...

  • 法水麟太郎全短篇 1210円
    作家 小栗虫太郎 日下三蔵
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2019/06/28

    日本探偵小説界の鬼才・小栗虫太郎が生んだ、あの『黒死館殺人事件』で活躍する名探偵・法水麟太郎。老住職の奇怪な死の謎を鮮やかに解決する初登場作「後光殺人事件」より全短篇を収録。

「文芸評論・ブックガイド」カテゴリ