読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

池波正太郎と七人の作家 蘇える鬼平犯科帳

池波正太郎と七人の作家 蘇える鬼平犯科帳
電子書籍版
価格 800円(税込)
ポイント還元 8ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 400
販売開始日 2018/10/06
紙書籍版 取り扱い中

永遠のヒーロー「鬼平」再来! 人気作家7名が、伝説の男に新たなる命を吹き込みます。

池波正太郎が長谷川平蔵を主人にした短篇小説「浅草・御厨河岸」を書いたのは、昭和42(1967)年のこと。
オール讀物12月号に掲載されたその短篇は大きな反響を呼び、「鬼平犯科帳」としての連載が始まりました。
「鬼平」誕生50周年を迎えた2017年。この記念すべき年に、7人の作家が「鬼平」へ新たな命を吹き込みます。

逢坂剛は「逢坂・平蔵シリーズ」の特別版、上田秀人は武家という官僚社会で生きる平蔵の立場を、諸田玲子は妖盗・葵小僧と鬼平の再対決、風野真知雄は人気シリーズ「耳袋秘帖」鬼平版。
門井慶喜が木村忠吾の食欲の夏を描けば、土橋章宏は平蔵と料理人の味対決、梶よう子は史実の長谷川平蔵に迫ります。これらの短篇に加え、池波正太郎が自らベスト5に選んだ鬼平作品の中から「瓶割り小僧」を特別収録。

各作品に池波正太郎のカット画を使用した、豪華な競作短編集をお楽しみください。

池波正太郎関連作品

逢坂剛関連作品

上田秀人関連作品

  • 流葉断の太刀 裏用心棒譚二 1652円
    作家 上田秀人
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2019/09/10

    松平家の家宝を盗んでほしい――。 田沼意次が盗賊たちに下した密命は驚くべきものだった。 徳川家を祟るとして東照宮に秘蔵されていた流葉断の太刀を、 松平定信が秘密裏に持ち出した形跡がある。 それを...

  • 裏用心棒譚一 茜の茶碗 734円
    作家 上田秀人
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2019/08/06

    当て身一発で追っ手を黙らす。浪人の小宮山は凄腕の見張り役だ。盗賊からの信頼も篤く、仕事は引きもきらない。しかし彼には、裏の顔があった――。相馬中村藩に下賜された茜の茶碗が盗まれた。事が露見すれば...

  • 奥右筆秘帳 (1~13巻) 540円730円
    作家 上田秀人
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/18

    立花併右衛門は権勢を誇った田沼意次の孫意明の死亡届を見て、12年前の田沼意知刃傷事件に疑念をはさむ。

  • 天主信長 (1~2巻) 782円
    作家 上田秀人
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/17

    安土城で信長が見据えた天下とは? 本能寺を舞台に、未曾有の計画が実行されようとしていた。戦国最大の謎に新説を提示する衝撃作。

  • 百万石の留守居役 (1~13巻) 713円734円
    作家 上田秀人
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/17

    四代将軍家綱の後継になんと加賀藩主前田綱紀を担ぎ出そうとする動きが。外様取り潰しの策略か。藩論二分する中で瀬能数馬は江戸へ。

  • 梟の系譜 宇喜多四代 864円
    作家 上田秀人
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/15

    梟雄といわれた宇喜多直家。祖父能家と父興家の無念を背負い、強大な敵に囲まれ家名再興を志すも、道のりはけして平坦でなかった。

梶よう子関連作品

風野真知雄関連作品

門井慶喜関連作品

土橋章宏関連作品

諸田玲子関連作品

  • 末世炎上 756円
    作家 諸田玲子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/18

    髪奈女、橘音近、在原風見。付け火に怯え、末法思想の蔓延る平安京で、三人は、自らの生きる道を選び出す。

  • からくり乱れ蝶 648円
    作家 諸田玲子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/18

    次郎長と勝蔵二人の侠客(おとこ)に愛された女。二代目お蝶の短くも鮮烈な生き様を描く傑作時代小説。

  • 昔日より 540円
    作家 諸田玲子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/18

    町娘の恋を手助けする、家康の元寵妾と配下の老忍を描いた「黄鷹」ほか、心に沁みる人情の傑作短編集、全8編。

  • 天女湯おれん 648円
    作家 諸田玲子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/18

    粋で婀娜な、湯屋の女将、おれん。辻斬り、窃盗、心中、お家騒動。次々と起こる騒動の中、おれんの恋は実るか!?

  • 空っ風 540円
    作家 諸田玲子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/17

    幕末、社会が変わり価値観が変わった。東海道一の親分といわれた清水次郎長の子分・小政は、時代にいらだちを感じていた。

  • 笠雲 594円
    作家 諸田玲子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/17

    新政府から富士の裾野の開拓を任された清水次郎長。子分の大政は後ろめたさを感じながらも使役される囚人の監督のため現場に赴くが?

文春文庫関連作品

  • 怪談和尚の京都怪奇譚 650円
    作家 三木大雲
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/09/06

    京都の怪談名人の、ぜんぶホントの怖~い話 死者からの電話、人形の怨念、線路にしゃがむ老婆......。 京都の古刹・蓮久寺の住職が相談を受け体験した、怖くて、ホントで、不思議な実話の数々!

  • バブル・バブル・バブル 800円
    作家 ヒキタクニオ
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/09/03

    パルコ系クリエーターとして、バブルをど真ん中で経験したヒキタクニオが 自らの仕事と恋愛、青春の日々を回想するドキュメンタリーノベル。 1967年、故郷の福岡を出て東京へ。大学在学中にイラストレ...

  • わが母なるロージー 751円
    作家 ピエール・ルメートル 橘明美
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/09/03

    『その女アレックス』のカミーユ警部、再登場 パリのあちこちに仕掛けられた七つの爆弾。犯人だと出頭した青年の狙いは何か? カミーユ警部と富豪刑事ルイが奔走する番外編。

  • どうかこの声が、あなたに届きますように 730円
    作家 浅葉なつ
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/09/03

    地下アイドル時代、心身に深い傷を負い、鎌倉の祖母のもとでひっそりと生活を送っていた20歳の小松奈々子。そこに突然現れたラジオ局のディレクター黒木から、番組アシスタントにスカウトされる。 初日の生...

  • 影裏 591円
    作家 沼田真佑
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/09/03

    第157回芥川賞受賞作。 大きな崩壊を前に、目に映るものは何か。 北緯39度。会社の出向で移り住んだ岩手の地で、 ただひとり心を許したのが、同僚の日浅だった。 ともに釣りをした日々に募る追憶...

  • スタフ staph 789円
    作家 道尾秀介
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/09/03

    ランチワゴンは疾走する、危険な中学生アイドルを乗せて。 バツイチ、アラサーの移動デリ経営者・夏都、人生最高で最悪の二週間。 街をワゴンで巡り、料理を売って生計を立てる女性・夏都(なつ)。 バツ...