読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

歌人紫宮透の短くはるかな生涯

歌人紫宮透の短くはるかな生涯
電子書籍版
価格 1944円(税込)
ポイント還元 19ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 336
販売開始日 2018/10/12
ファイル形式 epub
紙書籍版 取り扱い中

穂村弘推薦! 1980年代に彗星の如く現れ、突如姿を消した天才ゴス歌人。
その謎に満ちた生涯を、彼の作品と関係者の証言で追う、異色の伝記小説。

1990年に亡くなった紫宮透(しぐう・とおる)という歌人がいて、友人だったんだけどー---。

歌人が遺した31首の短歌から紐解かれていく彼の生涯。
虚構と現実が入り乱れた作品世界で、「私」が見つけた真実とは。
1980年代の日本を舞台に繰り広げられる、当時の若者文化と短歌が混ざり合った「ザ・文化系」の青春グラフティ。
『ゴシックハート』『不機嫌な姫とブルックナー団』の著者、待望の書き下ろし長編小説!

●穂村弘・推薦文
極度に文系な魂のための青春のバイブル、ただし80年代限定版。

著者プロフィール
高原 英理(たかはら えいり)
1959年、三重県生まれ。小説家、文芸評論家。立教大学文学部卒業。東京工業大学大学院博士課程修了(価値システム専攻)。1985年、小説「少女のための鏖殺作法」で幻想文学新人賞受賞(選考委員は澁澤龍彦・中井英夫)。1996年、三島由紀夫と江戸川乱歩を論じた評論「語りの事故現場」で群像新人賞評論部門優秀作を受賞。著書に『怪談生活』『ゴシックハート』(立東舎)、『不機嫌な姫とブルックナー団』(講談社)、『うさと私』(書肆侃侃房)、『ゴシックスピリット』(朝日新聞社)、『抒情的恐怖群』(毎日新聞社)、編著に『リテラリーゴシック・イン・ジャパンー---文学的ゴシック作品選』(ちくま文庫) など。

高原英理関連作品

立東舎関連作品

「日本」カテゴリ

  • 作家と楽しむ古典 平家物語 能・狂言 説経節 義経千本桜 1620円
    作家 古川日出男 岡田利規 伊藤比呂美 いしいしんじ
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2019/03/15

    政変、災害、戦争、盛者必衰――動乱の中世日本に生まれた新しい物語たち。人間の荒々しさ、滑稽さ、生きる無常さを説いた古典作品を、作家たちはどう読み訳したか?人気シリーズ第4弾。

  • 近くて近い台湾と日本-日台交流川柳句集 864円
    作家 杜青春 江畑哲男 台湾川柳会
    出版社 新葉館出版
    販売開始日 2019/03/08

    台湾川柳会の創立20周年を記念して編まれた、日本語と川柳を愛する台湾の人々と、日本の第一線で活躍する川柳作家との心温まる初の川柳交流句集。 第一章「台湾川柳会20年の軌跡」は台北俳句会会長・黄霊...

  • 李琢玉川柳句集 酔牛 864円
    作家 杜青春 今川乱魚
    出版社 新葉館出版
    販売開始日 2019/02/08

    博学多識で日本をこよなく愛した、懐日家川柳人による“台湾初”の川柳句集。 台湾川柳会二代目会長で台湾川柳作家の巨匠・李琢玉(本名・テイ璋)氏による、現代日本で忘れられた美しい日本語でせつせつと...

  • トイレ占い ノックにノッ句 864円
    作家 太石詠二
    出版社 新葉館出版
    販売開始日 2019/02/08

    生理現象の時間ごとに川柳で運勢を占う― 生理現象を前面に出したテーマで挑む、ある意味でのタブーを破って川柳の可能性を広げる新境地を開拓した意欲的な川柳作品集。 「一刻を争う章」「お時の章」「...

  • わたしの川柳・狂歌・都々逸選集 864円
    作家 木村謝楽斎
    出版社 新葉館出版
    販売開始日 2019/02/08

    滞米生活30年を経て、生活信条は「江戸っ子は五月の鯉の吹き流し」、人生を通じて「男はいなせ、女はおきゃん」「チャンスは常に追う側にある」を貫く、日本文化をこよなく愛する著者の川柳と狂歌、都々逸作...

  • 川柳句集 道草 864円
    作家 吉川一男
    出版社 新葉館出版
    販売開始日 2019/02/08

    人生いたる所に咲く、みずみずしい感性、極上のエスプリ。ユーモア精神に富み、会社の同僚から「川柳に向いているかも」と常々言われていた著者が、還暦の定年を機に川柳をはじめ本領発揮。傘寿の節目に、これ...

  • 赤ひげ診療譚 (1~6巻) 270円
    作家 山本周五郎
    出版社 ゴマブックス
    販売開始日 2019/03/01

    『樅ノ木は残った』『赤ひげ診療譚』『青べか物語』『季節のない街』などで知られる小説家・山本周五郎が残した連作短編時代小説。

  • 青べか物語 270円
    作家 山本周五郎
    出版社 ゴマブックス
    販売開始日 2019/02/01

    浦安がモデルとされている漁師町「浦粕」にて、“私”を通して出会った、独特で常識外れな地元の住人たちの人間模様を描いた、山本文学の到達点であり、日本近代文学の金字塔的作品。

  • 夏目漱石解体全書 1123円
    作家 香日ゆら
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2019/01/19

    漱石大好きマンガ家・香日ゆらが好き勝手に送る決定版漱石ガイド。生涯や作品、東京の漱石ゆかりの地、全国の記念館、漱石をめぐる人々、初版本装幀など、豊富なイラストやマンガで紹介!

  • 卍(まんじ) 823円
    作家 谷崎潤一郎
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2019/01/18

    いまだ令嬢の如き若奥様柿内園子が語る、船場のお嬢様徳光光子との異常で官能的な物語。文豪による「女性同性愛小説」

  • 川柳句集 ひびき2 864円
    作家 齊藤大柳
    出版社 新葉館出版
    販売開始日 2019/01/11

    第1句集「ひびき」刊行から10年。「人生の下り坂は山の端に沈む太陽のように転がり落ちて、体力も記憶力も劣化の一途をたどるばかり」の一文ではじまる「あとがき」には最愛の妻との死別が綴られ、一時は川...

  • 神の汚れた手 (1~2巻) 648円702円
    作家 曽野綾子
    出版社 小学館
    レーベル P+D BOOKS
    販売開始日 2018/12/14

    産婦人科の日常を描き“生命の尊厳”を問う。