読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

文豪と酒 酒をめぐる珠玉の作品集

文豪と酒 酒をめぐる珠玉の作品集
電子書籍版
価格 902円(税込)
ポイント還元 9ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 304
販売開始日 2018/11/26
紙書籍版 取り扱い中

鴎外がビールに、荷風がウィスキーに託した思いとは? 本書は酒が様々なイメージで登場する傑作を厳選。古今東西、人類の友である酒になぞらえた憧憬や哀愁は今でも現代人を魅了し続ける。近代文学に足跡を残した漱石、露伴、安吾、谷崎、太宰ら16人の作家と白秋、中也、朔太郎ら9人の詩人、歌人による魅惑のアンソロジー。
収録作品

屠蘇......夏目漱石「元日」
どぶろく......幸田露伴「すきなこと」
ビール......森鴎外「うたかたの記」
食前酒......岡本かの子「異国食餌抄」
ウィスキー......永井荷風「夜の車」
ウィスキーソーダ......芥川龍之介「彼 第二」
クラレット......堀辰雄「不器用な天使」
紹興酒......谷崎潤一郎「秦准の夜」
アブサン酒......吉行エイスケ「スポールティフな娼婦」
花鬘酒......牧野信一「ファティアの花鬘」
老酒......高見順「馬上侯」
ジン......豊島與志雄「秦の出発」
熱燗......梶井基次郎「冬の蝿」
からみ酒......嘉村礒多「足相撲」
冷酒......坂口安吾「居酒屋の聖人」
禁酒......太宰治「禁酒の心」

●諸酒詩歌抄
上田敏「さかほがひ」
与謝野鉄幹「紅売」
吉井勇「酒ほがひ」
北原白秋「薄荷酒」
木下杢太郎「金粉酒」「該里酒」
長田秀雄「南京街」
高村光太郎「食後の酒」
中原中也「夜空と酒場」
萩原朔太郎「酒場にあつまる」

長山靖生関連作品

中公文庫関連作品

  • 新着!
    春を恨んだりはしない 震災をめぐって考えたこと 748円
    作家 池澤夏樹 鷲尾和彦
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2021/03/03

    〈あの時に感じたこと〉が本物なのだ。記憶を、感覚を、薄れさせてはいけない。 東日本大震災発生後間もなく、自ら車を駆って被災した各地をめぐり、見て、語らい、思考した、唯一無二のリポート。

  • ヤー・チャイカ 330円
    作家 池澤夏樹
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2021/02/26

    シングルファーザーの文彦と不思議な外国人との交流。宇宙を行く無人探査機と草を食む太古の生物。科学と自然を織り込んで描くのは、誰にも訪れる巣立ちの時。詩的でふくよかな短篇小説の逸品。

  • 演劇入門 増補版 1320円
    作家 福田恆存
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2021/02/26

    生涯に一度、私の演劇観を具体的に述べ、一冊にまとめておきたい――。演劇人、シェイクスピアの翻訳者としての旺盛な著作活動の中から戯曲論、翻訳論、演出論、演技論等を自ら厳選。待望された著者唯一の入門...

  • 利休の死 戦国時代小説集 946円
    作家 井上靖
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2021/02/26

    天正十年(一五八二)、武田が滅び、信長は本能寺で倒れ、それに代わった光秀が討たれ、天下は秀吉の手中へと動き出す――。桶狭間の戦い(一五六〇)から天目山の戦い、利休の死(九一)まで戦国乱世の三十年...

  • 軍国日本の興亡 日清戦争から日中戦争へ 990円
    作家 猪木正道
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2021/02/26

    日露戦争に大勝した日本はなぜ、ほぼ全世界を敵とする“自爆戦争”を招いたのか。暴走する陸軍と、看過した指導者たちの 絶望的な失策の系譜を辿る。 【巻末付録】軍国日本を生きる 猪木正道回顧録

  • 受難華 968円
    作家 菊池寛
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2021/02/26

    井の頭公園で〈秘密の結婚〉をする照子、道ならぬ恋に胸を焦がす寿美子、結婚後に夫の秘め事を知る桂子。女学校の仲良し三人組の恋愛と結婚に、思いもよらぬ試練が次々とふりかかる――。怒濤の昼ドラ的展開で...

「日本」カテゴリ