読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

牧子、還暦過ぎてチューボーに入る【電子特別版】

牧子、還暦過ぎてチューボーに入る【電子特別版】
電子書籍版
価格 1264円(税込)
ポイント還元 12ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 256
販売開始日 2018/12/07
ファイル形式 epub
紙書籍版 取り扱い中

【電子版のご注意事項】
※一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または画像が修正されている場合があります。
※応募券、ハガキなどはご利用いただけません。
※掲載時の商品やサービスは、時間の経過にともない提供が終了している場合があります。
以上、あらかじめご了承の上お楽しみください。

10年前、重篤な病気で緊急手術、2週間の意識不明。
臨死体験までした著者が「食は命」と改心し、おうちごはんを作るまで。

◎電子特別版《カラーイラスト&写真、収録》

2008年、雪の盛岡で、
急性動脈疾患と心臓病に倒れ、13時間に及ぶ緊急手術。
その後、二週間の意識不明で生死の境をさまよった著者。
誰もが最悪の事態を覚悟した。

が、奇跡的に生還し、
そこで医師から日頃の食生活の大切さをこんこんと諭される。
それまで仕事がらみの外食&美食三昧。
大根を切る暇があれば原稿を書く、という生活だった。

が、大病を体験し、
食は命と直結していることに気づいてからは、
家にいる限りおうちごはんを作る。

『食べるのは好き、飲むのも好き、料理は嫌い』という本まで出し、 料理嫌いを公言してはばからなかった著者が、
一転、だしをひき、ベランダで野菜やハーブを育て、パンを焼くまでに。

飲み会、接待、出張続きで健康に不安を抱えるビジネスマンも、
子どもも育ち上がったから、もうごはんは作りたくない! と叫んでいる主婦も、
今一度、家庭料理を見直そう。

臨死体験までして身にしみた著者が語る、病気にならない食生活。

内館 牧子(うちだてまきこ):1948年秋田市生まれの東京育ち。
武蔵野美術大学卒業後、13年のOL生活を経て、88年脚本家としてデビュー。
テレビドラマの代表作に『ひらり』「毛利元就』など多数。
小説家、エッセイストとしても活躍し、近著に『どうせ死ぬんだから』『終わった人』(ともに講談社)、『大相撲の不思議』(潮出版)などがある。
2000年より10年間、日本相撲協会の横綱審議委員を務め、2003年、大相撲研究のために東北大学大学院に入学。2006年3月修了。

内館牧子関連作品

主婦の友社関連作品

「おかず・家庭料理」カテゴリ