読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

ドラフト未来予想図 イチロー、松坂、大谷...... プロ野球12球団の成功と失敗

ドラフト未来予想図 イチロー、松坂、大谷...... プロ野球12球団の成功と失敗
電子書籍版
価格 1201円(税込)
ポイント還元 12ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 256
販売開始日 2018/12/07
ファイル形式 epub
紙書籍版 取り扱い中

吉田、根尾、藤原......彼らの運命は予測できる!
プロ野球12球団の「成功と失敗」の歴史を分析、超一流の成長戦略を実践するのはどのチームか?

このチームが人を育てる!
プロ野球ドラフト会議では、毎年百人以上の将来有望な若者たちの運命が決まる。

西武→ドラフト巧者だが冒険心で劣る。
ソフトバンク→高齢化対策は万全ではない。
日本ハム→このチームは立ち止まらない。
オリックス→高校卒のコーチがいない。
ロッテ→成果主義が指名を萎縮させた。
楽天→東北の大物に向かっていけるか。
広島→ドラフトの成功で黄金時代へ。
ヤクルト→外れ1位が幸運を呼ぶ。
巨人→関係者に悪い人はいないけれど。
DeNA→筒香の後継者を育てるべき。
中日→高校生が大成できない土壌。
阪神→金本ドラフトの明と暗......。

本書ではドラフト(新人補強)戦略に初めて着目し、新しいカテゴリーを創りあげた第一人者の小関順二が、12球団の試行錯誤の歴史、現有戦力の分析、未来への展望などを語り尽くす。

いま必要なのは将来性豊かな高校生か。
即戦力の大学生&社会人か。
ピッチャーのコマ不足を補うのか。
強力打線を作り上げるのか。ビッグデータを活用するのか。
スカウトの勘を信じるのか。

はたして、吉田輝星(金足農→日本ハム)や根尾昂(大阪桐蔭→中日)などの選択は正解なのか。
答えは十年後に判明する。

大ヒットシリーズ「プロ野球問題だらけの12球団」総集編&ドラフト速報版にして、人材登用&育成戦略のバイブル。

小関順二関連作品

文春e-book関連作品

  • 壇蜜日記 1000円
    作家 壇蜜
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/01/12

    2017-2018冬 私はあさましく品がないが幸福者だ 2018春 欲望は抑えると、脇から形を変えてはみ出てくる。 2018夏 仕事の趣は必ず顔や考え方に出てくると思っている。 2018秋 独り...

  • この先をどう生きるか 暴走老人から幸福老人へ 1099円
    作家 藤原智美
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/01/12

    いきなり「人生百年時代」と言われても......。立ちすくむ老人予備軍に、ベストセラー『暴走老人!』の著者が、「暴走老人化」せずに孤独と向かい合う術を伝授する。 序章は、現代の神話化した「人生...

  • 跳ぶ男 1401円
    作家 青山文平
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/01/12

    能でしか生きられない男と、能でしか活路を見いだせない小藩。 藩の命運をかけ、少年は舞った。直木賞作家の新たなる代表作 藤戸藩の道具役(能役者)屋島五郎の長男として生まれた剛は、幼い頃に母を亡く...

  • 幽霊解放区 781円
    作家 赤川次郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/01/11

    赤川ミステリーの世界を堪能できる、人気シリーズの第二十七弾が登場! 宇野と夕子が旅先のレストランで食事をしていると、“死んだはずの男”から「予約」の電話が入った。 この男は、かつて地元商店街会...

  • あなたがひとりで生きていく時に知っておいてほしいこと ... 1201円
    作家 辰巳渚
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/01/11

    生涯に渡り「自立」の大切さを訴え、不慮の事故で急逝した著者が 最後に我が子にむけて綴った「ひとり暮らし」のバイブル ミリオンセラー『「捨てる!」技術』(宝島社)でシンプルライフブームの先駆けと...

  • 安倍官邸 VS. NHK 森友事件をスクープした私が辞... 1500円
    作家 相澤冬樹
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/01/01

    なぜ放送されないんだ! 政権を揺るがす「森友事件」の報道の最前線で活躍したNHKのエース記者が突如退職した。何があったのか? 著者は「森友事件」の発覚当初から事件を追い続けたNHK大阪放送局の司...

「スポーツ」カテゴリ