読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

笑う男

笑う男
電子書籍版
価格 270円(税込)
ポイント還元 2ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2018/12/14
ファイル形式 epub

二度の受験に失敗し、実家に戻らず東京から帰阪した私は、住まいを求めて溶接工として就職し、会社が借りていた1ルームマンションに住むようになる。二人の同居人のうち一人が徳さんと呼ばれる年配の男で、嫌な男だと思いながら同居するうちに次第に心を通わせるようになる――。

高瀬甚太関連作品

  • 新着!
    編集長の些末な事件ファイル 270円
    作家 高瀬甚太
    出版社 太陽堂出版
    販売開始日 2019/01/18

    零細出版社の編集長が出会った心を凍らせる奇妙な絵画。その謎を解き明かしていくうちに次第に明らかになって行く秘められた愛の情念。絵画に秘めた秘密は...?

  • 迷走病棟 270円
    作家 高瀬甚太
    出版社 太陽堂出版
    販売開始日 2018/08/10

    心臓バイパス手術を受けた私は、8時間に及ぶ手術とその後の集中治療室での治療で、生死の境をさ迷い、迷妄する。死の恐怖に怯えながら、飽くなき生への執着をみせる私は、ゆるやかに回復して行く中で光を見る――。

  • 天に吼える 270円
    作家 高瀬甚太
    出版社 太陽堂出版
    販売開始日 2018/06/22

    昭和35年春、中学を卒業したばかりの宮下俊一は、上阪してセロファン印刷の工場に入社する。激しい工場勤務の中で俊一は高校進学を希望するようになる――。高度成長期の日本を舞台に、底辺で生きる若者たち...

  • 桜の季節に 270円
    作家 高瀬甚太
    出版社 太陽堂出版
    販売開始日 2018/04/13

    桜の季節がやって来たというのに、会社時代の同僚がやって来ない。特に宮本が来ないことが気になっていた甲斐は、南紀に住む宮本に電話をするが、電話に出ない。翌日、宮本の娘から電話が届く。宮本は闘病中だ...

  • 海の秋 270円
    作家 高瀬甚太
    出版社 太陽堂出版
    販売開始日 2018/03/16

    友人の樋口暎二に会うために、山下は南紀の町を訪れた。七年ぶりの出会いであった。樋口に会ってすぐに思い浮かぶのは、樋口の前妻、和江、和ちゃんのことである。樋口にとって和ちゃんは、画家として高名を馳...

  • くろしおの郷 270円
    作家 高瀬甚太
    出版社 太陽堂出版
    販売開始日 2018/03/16

    田舎の友人から手紙をもらい、帰郷を決めた主人公の南紀の故郷へ到着するまでの少年時代の回想と友人への熱い思いを淡々と描いた珠玉の短編――。

太陽堂出版関連作品

  • ウイリアムズ症候群の少年・快の大冒険 Over the... 270円
    作家 ヨシムラヨシヒロ
    出版社 太陽堂出版
    販売開始日 2018/12/14

    祖父の家に遊びにやって来た、連と快は、絶対行ってはいけないと祖父から釘を刺されていただるま古墳に誤って入ってしまう。だるま古墳の中で連と快は、見たことのない不思議な世界に巻き込まれてしまう。ウイ...

  • 翼のない天使 ウイリアムズ症候群の子供に贈る父親の手記 270円
    作家 ヨシムラヨシヒロ
    出版社 太陽堂出版
    販売開始日 2018/12/07

    歯科医を営む吉川院長に第二子が誕生した。喜びにあふれる吉川夫婦に突如、襲いかかった医師の診断。しかし、その子はウイリアムズ症候群と言われる万人に一人とされる障がい児だった。ウイリアムズ症候群の少...

  • 天に笑う ――吉本興業での半世紀―― (1~2巻) 270円
    作家 吉本勝彦
    出版社 太陽堂出版
    販売開始日 2018/11/30

    吉本興業に入社した主人公が、退職までの年月、支配人として働く中で出会ってきた一時代を築いた哀惜あふれる様々な芸人たちとの出会いと別れの物語。吉本興業の裏面史を描く傑作小説――。

  • 漫才師が死んだ (1~3巻) 270円
    作家 高瀬甚太
    出版社 太陽堂出版
    販売開始日 2018/03/09

    早朝、芸能事務所の社員、吉岡は所属する漫才師の西脇から金を貸してほしいと頼まれる。西脇の悪い噂を耳にしていた吉岡はその頼みを断るが、一週間後、西脇は白浜の三段壁から飛び込み、自殺体となって発見さ...

  • 三味線お米 270円
    作家 高瀬甚太
    出版社 太陽堂出版
    販売開始日 2017/12/08

    三味線芸を売り物にするお米は、高齢も含めて劇場でも次第に疎ましい存在になっていた。そのお米のために支配人の勝彦は50周年記念公演を企画する。ほとんど人など入らないと思われた三味線お米の公演だった...

  • シネマの日 270円
    作家 高瀬甚太
    出版社 太陽堂出版
    販売開始日 2017/11/24

    定年退職の日の帰り、柴谷は御堂筋を南から北へ歩いた。淀屋橋から西天満へ歩いたところで思いがけなく道に迷い、そこで旧い映画館に出会う。上映していたのは、幼い頃に見た「鞍馬天狗」の映画だった。映画を...

「日本」カテゴリ