読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

雨上がり月霞む夜

雨上がり月霞む夜
電子書籍版
価格 1728円(税込)
ポイント還元 17ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 320
販売開始日 2018/12/28
ファイル形式 epub
紙書籍版 取り扱い中

大坂堂島の紙問屋・嶋屋を営んでいた秋成は、町一帯を襲った火事によって店を失い幼なじみの雨月が結ぶ香具波志庵に居候することに。ところがその雨月、飄々とした性格ながら妖しを引き寄せる体質で、しだいに彼らの周りには、憎まれ口をたたく兎やら、成仏できぬ人の怨念やらが溢れ出す。さらにその先で待ち受けていたのは、世界の成り立ちを根本から変える驚くべき真実だった―江戸怪異譚の傑作『雨月物語』に大胆な現代的解釈を試みた、珠玉の連作短篇集。

西條奈加関連作品

  • 睦月童 660円
    作家 西條奈加
    出版社 PHP研究所
    レーベル PHP文芸文庫
    販売開始日 2019/02/08

    「人の罪を映す」目を持った少女と、失敗続きの商家の跡取り息子が、江戸で起こる事件を解決していくが......。感動の時代ファンタジー。

  • まるまるの毬 778円
    作家 西條奈加
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/07/14

    親子三代で菓子を商う「南星屋」は、 売り切れご免の繁盛店。武家の身分を捨て、職人となった治兵衛を主に、出戻り娘のお永と一粒種の看板娘、お君が切り盛りするこの店には、他人に言えぬ秘密があった。愛...

  • みやこさわぎ 1400円
    作家 西條奈加
    出版社 東京創元社
    販売開始日 2016/11/04

    「これ以上迷惑はかけられない」都姐さんが芸妓をやめる?! 神楽坂を騒がす事件は、僕のおばあちゃんがスパッと解決! 粋と人情、美味しい料理を堪能できる、〈お蔦さんの神楽坂日記〉シリーズ第3弾。

  • いつもが消えた日 740円
    作家 西條奈加
    出版社 東京創元社
    レーベル 創元推理文庫
    販売開始日 2016/08/20

    息子ひとり残して消えた家族の秘密とは? 神楽坂で起きる事件は、僕のおばあちゃんにおまかせ! お蔦さんの活躍がますます光る、人情味あふれる〈お蔦さんの神楽坂日記〉シリーズ第2弾。

  • 刑罰0号 1469円
    作家 西條奈加
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2016/08/12

    記憶を他人に追体験させる技術が出来たら? このシステムの開発者と被験者たちが織り成す、ヒューマン・ドラマ傑作長篇。

  • 千年鬼 680円
    作家 西條奈加
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2015/09/04

    友だちになった少女を救うため、小鬼は千年にわたる旅を始める。吉川英治文学新人賞を受賞した著者が、少女と小鬼の心の機微を丹念に描きあげた傑作!

中央公論新社関連作品

「歴史・戦記」カテゴリ

  • 新着!
    新・浪人若さま 新見左近 (1~2巻) 551円
    作家 佐々木裕一
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/02/16

    浪人新見左近を名乗り、弱きを助け悪を討つ。王者の秘剣、葵一刀流を遣うその男の正体は、のちの名将軍、徳川家宣――! 五代将軍綱吉のたっての願いで、世継ぎとして江戸城西ノ丸に入って三年。徳川綱豊とし...

  • 新着!
    シベリア抑留 スターリンの捕虜たち ソ連機密資料が語る全容 1080円
    作家 ヴィクトル・カルポフ 長勢了治
    出版社 北海道新聞社
    販売開始日 2019/02/15

    戦後の日本人シベリア抑留の実態をソ連機密資料によって初めて克明に解明した邦訳本。

  • 新着!
    山本周五郎 作品集 (1~3巻) 108円
    作家 山本周五郎
    出版社 オリオンブックス
    販売開始日 2019/02/15

    時代小説の名手、山本周五郎が描いた人情話の傑作集。さまざまな事情を抱え、必死で生きていく人々に思わず胸が熱くなる。

  • 新着!
    炯眼に候 1500円
    作家 木下昌輝
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/02/14

    異次元の「眼」を持つ男。 その名は、織田信長。 村木砦、桶狭間、長篠...... 信長の勝利の裏側には常に、恐ろしいまでの合理的思考があった。 鉄砲をどう運用すべきか。 毛利水軍に勝てる船と...

  • 疾れ、新蔵 799円
    作家 志水辰夫
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2019/02/08

    十歳の志保姫を護るため、疾(はし)れ、新蔵! ダイナミックで、エモーショナルで、力強い冒険小説としての魅力。痛快時代エンタテイメント!

  • 辛夷の花 745円
    作家 葉室麟
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2019/02/08

    藩政巡る熾烈な闘いに巻き込まれ、家族とともに女とて闘う!清廉な男と凛とした女。葉室麟が描き続けた理想の人々がここにいる。

  • 安吾史譚 1908円
    作家 坂口安吾
    出版社 土曜社
    販売開始日 2019/02/08

    窮すれば誰しもミジメになるもので、それは見てやらぬ方がよい――。人麿、道鏡、頼朝、小西行長、直江兼続、天草四郎、勝夢酔。七人の日本男子を安吾独自の人間理解で談ずる。歴史の面白さに心弾む傑作講釈。...

  • 疾風の義賊 〈新装版〉 (1~3巻) 734円745円
    作家 辻堂魁
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2019/02/08

    孤児の乱之介は人買から小人目付の斎(いつき)権兵衛に拾われ、生きるための知恵を身につける。芸人一座に身をやつした乱之介は、米価を操る悪徳仲買らを拉致、身代金を要求して江戸庶民の喝采を浴びた。若き...

  • 信長 2148円
    作家 坂口安吾
    出版社 土曜社
    販売開始日 2019/02/08

    時代に理解されぬまま時代を征服した織田信長。大人の賢しらさを憎み、悪評を物ともせず、合理主義に徹した少年が、長じて東の大国・今川を迎え撃つにいたる27歳までを描く。戦後7年を経た1952年に夕刊...

  • 千里の向こう 1500円
    作家 簑輪諒
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/02/07

    坂本龍馬は中岡慎太郎のことを以下のように評したという。 「私は中岡と共に様々な策を講じたが、いつも意見が合わないことが悩みだった。しかし、私にとってはこの男でなくては、共に事をなせるような者はい...

  • 則天武后 (1~2巻) 1836円
    作家 塚本青史
    出版社 日本経済新聞出版社
    販売開始日 2019/02/04

    中国史上、唯一の女帝に上り詰めた則天武后(武則天)の生涯を描く歴史小説! 稀代の悪女か、それとも叡智に富む賢帝か――。唐代初期、武将で材木商の父のもとに生まれた武照(後の則天武后)は、いかに...

  • 御庭番闇日記 518円
    作家 誉田龍一
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/02/01

    若い頃に御庭番を務め、その後、箱館奉行、外国奉行、神奈川奉行を歴任、さらには万延元年に幕府の「遣米使節」の一員として小栗上野介らと共にアメリカに渡るなど、幕末を代表する旗本&外交官であった村垣範...