読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

兼好法師 徒然草に記されなかった真実

兼好法師 徒然草に記されなかった真実
電子書籍版
価格 886円(税込)
ポイント還元 8ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 256
販売開始日 2019/01/11
ファイル形式 epub
紙書籍版 取り扱い中

兼好は鎌倉時代後期に京都・吉田神社の神職である卜部家に生まれた。六位蔵人・左兵衛佐となり朝廷に仕えた後、出家して「徒然草」を著す――。この、現在広く知られる彼の出自や経歴は、兼好没後に捏造されたものである。著者は同時代史料をつぶさに調べ、鎌倉、京都、伊勢に残る足跡を辿りながら、「徒然草」の再解釈を試みる。無位無官のまま、自らの才知で中世社会を渡り歩いた「都市の隠者」の正体を明らかにする。

中公新書関連作品

中央公論新社関連作品

「日本史」カテゴリ