読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

文藝春秋2019年2月号

文藝春秋2019年2月号
電子書籍版
価格 789円(税込)
ポイント還元 7ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 460
販売開始日 2019/01/10
ファイル形式 epub

【総力特集 新しい皇室の覚悟】
◎雅子妃「皇后」への決意 友納尚子
ご退位決定後に立てた「六つの目標」。美智子皇后に励まされ、強い意欲が生まれていた
◎秋篠宮と眞子さま「冷戦」を超えて 保阪正康

少子高齢化、消費増税、米中戦争......政治家は覚悟を持って未来を語れ
◎平成日本の「閉塞感」を打ち破るために 福田康夫
◎安倍政権に「選挙で勝つ方法」教えます 橋下徹×三浦瑠麗

◎真相追及第2弾 日産分裂 悪いのはゴーンだけか 井上久男

【新春特別企画】
英『エコノミスト』誌×文藝春秋 2019世界と日本はこう変わる
◎アメリカ トランプ劇場第二幕「破壊か創造か」 Z・M・ベドーズ
◎政治 安倍首相「レガシー」追求の危うさ 後藤謙次
◎世界経済 米国戦後最長「好景気」の終わり L・アブルツェーゼ
◎株価 日経平均は夏場にヤマが来る 居林通/大川智宏
◎中国 習近平を襲う「9」の恐怖 J・マイルズ
◎北方領土 衆参ダブル選挙で日露平和条約締結へ 佐藤優
◎欧州 ドイツは弱さを思い知らされる A・クルース
◎自動車 「EV」「モビリティ」「自動運転」の融合 S・ライト
◎顔認証 人は「歩くバーコード」になる H・ホドソン
◎ラグビー ジャパンのW杯ベスト8は難しい エディー・ジョーンズ
◎国際社会 グローバリズム対ナショナリズムの勝者 G・ラッチマン
◎エコノミスト『The World in 2019』編集長インタビュー
ぐらついた不安定な年になる D・フランクリン

【新連載】
◎有働由美子のマイフェアパーソン
第1回 王貞治
◎新連載ノンフィクション 後列のひと(1) 清武英利

◎米中戦争の引き金を引いたファーウェイの娘 大西康之
◎移民問題の核心は「三世リスク」だ 舛添要一
◎2019年は「キャッシュレス元年」になる 世耕弘成
◎産業革新投資機構「経産省は腰砕けだった」 冨山和彦
◎プロ経営者が見たライザップの蹉跌 元カルビー会長・松本晃

【長寿を恐れるな】
◎北海道夕張 病院がなくても人は穏やかに死ねる 森田洋之
◎90歳以上 「長寿の医師」に学ぶ本物の健康法 鳥集徹
◎「除菌抗菌ブーム」が日本人を弱くする 藤田紘一郎

◎現役プロ百人が選んだ「平成最強投手&打者」 太田光史
◎3回転半の新女王 紀平梨花 みどりと真央のバトン 野口美惠
◎一万人の「無戸籍日本人」がいる 井戸まさえ

【時代を作る音楽の力】
◎SMAPと平成に最も愛された歌
『世界に一つだけの花』が教えてくれた 槇原敬之×水野良樹
◎『ボヘミアン・ラプソディ』に涙した人へ
「クイーン」は私たちの青春だった 高見沢俊彦×東郷かおる子

【短期集中連載】
◎「ヒトは120歳まで生きるか」 田原総一朗
第四回 がんゲノム医療 東京大学・宮野悟/国立がんセンター・大津敦

◎この人の月間日記 三十七年ぶりの再会と「生前葬」 佐伯泰英
◎第80回文藝春秋読者賞発表

シリーズ作品

  • 文藝春秋2019年4月号 立花隆/著 塩野七生/著 橋下徹/著 宮城谷昌光/著 有働由美子/著 山下達郎/著 浅田次郎/著 中野信子/著 堀江貴文/著 山中伸弥/著 三浦和良/著 又吉直樹/著 851円(税込) 8ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/03/09

    大正12年の創刊以来、「文藝春秋」の時流におもねらない柔軟な編集方針は、地域、年代、活躍する分野を超えて多くの人々に支持されています。掲載された記事が世の...

立花隆関連作品

  • 死はこわくない 640円
    作家 立花隆
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2018/07/10

    自殺、安楽死、脳死、臨死体験。 長きにわたり、人の死とは何かを思索し続けた<知の巨人>が、正面から生命の神秘に挑む。「死ぬというのは夢の世界に入っていくのに近い体験だから、いい夢を見ようという気...

  • 合本 巨悪vs言論 田中ロッキードから自民党分裂まで【... 1401円
    作家 立花隆
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-Books
    販売開始日 2018/04/13

    日本の政治をダメにした巨悪たちに対し、一歩も譲らず、断罪し糾弾しつづけた、立花隆・不屈の言論活動全記録。 ※この電子書籍は、『巨悪vs言論 田中ロッキードから自民党分裂まで』(文春文庫)上・下...

  • 巨悪vs言論 (1~2巻) 680円789円
    作家 立花隆
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2018/03/20

    日本の政治の巨悪を断罪し糾弾しつづけた、立花隆・不屈の言論活動全記録! 1976年の田中逮捕から93年の金丸逮捕、宮沢内閣不信任解散、自民党分裂まで、日本政治史上未曾有の混乱の時代に、立花隆が...

  • 臨死体験 (1~2巻) 760円
    作家 立花隆
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2018/03/20

    まばゆい光、暗いトンネル、亡き人々との再会――死の床から奇跡的に甦った人々が、異口同音に語る不思議なイメージ体験。その光景は、本当に「死後の世界」の一端なのだろうか。 科学、宗教、オカルトの垣根...

  • 知的ヒントの見つけ方 950円
    作家 立花隆
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2018/02/20

    毎日の生活の中には知的好奇心を刺激する素材があふれている。 テロのニュースを聞き、その背後によこたわる歴史を考える。 自然災害の報をうけて、火山国、地震国という日本の宿命を改めて問い直す。 オ...

  • 中核VS革マル(上) 572円
    作家 立花隆
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/10/27

    血で血を洗う殺戮戦争を続ける学生や労働者たち。その覆面の下には、どんな素顔が隠されていたのか。高い理想と正義感から生まれたはずの"革命"運動が、両党派間の内ゲバ殺人に転化していった悲惨な歴史の逆...

塩野七生関連作品

  • 若きアレクサンダー大王にヒントがある 進次郎は総理にな... 300円
    作家 塩野七生 小泉進次郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-Books
    販売開始日 2018/02/10

    稀代のリーダー・アレクサンドロスについての作品を上梓した塩野七生氏は、以前から次代の日本のリーダー候補として小泉進次郎氏に注目していたという。一方、小泉氏も父・純一郎氏とのかかわりから塩野作品の...

  • 男たちへ (1~2巻) 781円950円
    作家 塩野七生
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2018/01/04

    男たちに贈る辛辣にして華麗、ユーモアと毒にみちた54章の「男性改造講座」! 男の色気はうなじに出る、原則に忠実な男は不幸だ、薄毛も肥満も終わりにあらず、外国語の習得は必要か、成功する男の4つの...

  • 日本人へ 950円
    作家 塩野七生
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2017/09/20

    騒然とした日々の出来事から、普遍の教訓を抜き出す珠玉のエッセイ集。 「イスラム国」が引き起こした戦争とテロが世界を震撼させる一方で、EUは揺らぎつづけ、ついにイギリスが離脱。その間も難民の流入...

  • 男の肖像 670円
    作家 塩野七生
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2014/12/19

    人間の顔は、時代を象徴する。幸運と器量に恵まれて、世界を揺るがせた歴史上の大人物たち――ペリクレス、アレクサンダー大王、カエサル、北条時宗、織田信長、西郷隆盛、ナポレオン、フランツ・ヨゼフ一世、...

  • 生き方の演習 : 若者たちへ 832円
    作家 塩野七生
    出版社 朝日出版社
    販売開始日 2014/04/25

    本当に大切なことは何か?あなたの「ものの見方」が変わる。ローマ史家が語る21世紀型の自分磨き。

  • 日本人へ 危機からの脱出篇 905円
    作家 塩野七生
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2014/01/17

    いま、日本は岐路に立たされています。東日本大震災、収束の見えない原発問題、限りなく短い総理の座――。この危機的な状況は「戦後」の混乱ともいえます。私たちはどう生き抜けばよいのでしょうか。「賢者は...

朝吹真理子関連作品

浅田次郎関連作品

  • 一路(上下合本) 1382円
    作家 浅田次郎
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2019/01/31

    失火により父が不慮の死を遂げたため、江戸から西美濃・田名部郡に帰参した小野寺一路。齢十九にして初めて訪れた故郷では、小野寺家代々の御役目・参勤道中御供頭を仰せつかる。失火は大罪にして、家督相続は...

  • 獅子吼 730円
    作家 浅田次郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2018/12/04

    稀代のストーリーテラーにして短篇の名手でもある浅田次郎の一球入魂の傑作短篇集。 時代に翻弄される名もなき人々の美しい魂を描いた、心ゆさぶる6篇。 「決して瞋るな。瞋れば命を失う」 父の訓えを守...

  • わが心のジェニファー 810円
    作家 浅田次郎
    出版社 小学館
    レーベル 小学館文庫
    販売開始日 2018/10/19

    浅田次郎が描く米国人青年ニッポン発見の旅。

  • 天子蒙塵 第四巻 1404円
    作家 浅田次郎
    出版社 講談社
    販売開始日 2018/09/28

    満洲でラストエンペラー・溥儀が再び皇帝の位に昇ろうとしている。そんななか、新京憲兵隊大尉が女をさらって脱走する事件が発生。欧州から帰還した張学良は、上海に繰り返し襲い来る刺客たちを返り討ちにして...

  • 天子蒙塵 第三巻 1404円
    作家 浅田次郎
    出版社 講談社
    掲載誌 文芸
    販売開始日 2018/06/21

    ~俺も行くから君も行け 狭い日本にゃ住み飽いた~「馬賊の歌」も高らかに、日本を飛び出した少年二人、妙齢の美男美女は駆け落ちか。満洲の怪人・甘糟正彦、男装の麗人・川島芳子加わり、新たな登場人物たち...

  • おもかげ(毎日新聞出版) 1300円
    作家 浅田次郎
    出版社 PHP研究所
    レーベル 毎日新聞出版
    販売開始日 2018/06/15

    幸福だった、とあなたは言えますか? 地下鉄の暗闇に灯る、戦後日本を生き抜いた男の過去。名手が粋を尽くした心揺さぶる〈奇蹟〉の物語。

田原総一朗関連作品

橋下徹関連作品

三浦瑠麗関連作品

宮城谷昌光関連作品

王貞治関連作品

  • もっと遠くへ 1620円
    作家 王貞治
    出版社 日本経済新聞出版社
    販売開始日 2015/07/31

    記憶にも記録にも残る「世界の王」の自伝決定版! 日本の高度成長期と軌を一にした巨人V9時代を牽引した野球人の新たな戦いはまだまだ終わらない。 新人時代の第1号から前人未踏の868号まで、投手・球...