読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

怖い橋の物語

怖い橋の物語
電子書籍版
価格 864円(税込)
ポイント還元 8ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 256
販売開始日 2019/01/25
ファイル形式 epub
紙書籍版 取り扱い中

橋は異なる世界をつなぎ、様々な物語を引き寄せる。奇妙な橋、血みどろの橋、あっと驚くような橋...世界各地の実在の橋、お話の中の橋、描かれた橋などを、興味深くちょっぴり怖いエピソードとともに紹介。

中野京子関連作品

河出文庫関連作品

  • 新着!
    触れることの科学 なぜ感じるのか どう感じるのか 950円
    作家
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2019/04/26

    人間や動物における触れ合い、温かい/冷たい、痛みやかゆみ、性的な快感まで、目からウロコの実験シーンと驚きのエピソードの数々。科学界随一のエンターテイナーが誘う触覚=皮膚感覚のワンダーランド。

  • 新着!
    心霊殺人事件 安吾全推理短篇 799円
    作家
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2019/04/26

    傑作推理長篇「不連続殺人事件」の作家の、珠玉の推理短篇全十作。「投手殺人事件」「南京虫殺人事件」「能面の秘密」など、多彩。「アンゴウ」は泣けます。

  • 新着!
    バッハ 864円
    作家
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2019/04/26

    バッハについて書かれたさまざまな文章を一冊に集める。マタイ受難曲、ロ短調ミサ曲、管弦楽組曲、平均律クラヴィーア、ゴルトベルク、無伴奏チェロ......。リヒターからグールドまで。

  • 14歳からの哲学入門 「今」を生きるためのテキスト 918円
    作家 飲茶
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2019/04/19

    「なんで人殺しはいけないの?」。厨二全開の斜に構えた「極端で幼稚な発想」。だが、この十四歳の頃に迎える感性で偉大な哲学者たちの論を見直せば、難解な思想の本質が見えてくる!

  • グローバライズ GLOBARISE 821円
    作家 木下古栗
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2019/04/19

    極限まで研ぎ澄まされた文体と緻密な描写、文学的技巧を尽くして爆発的瞬間を描く――加速する現代に屹立する十二篇。単行本版に加筆・修正を加え、最初期の短篇「犯罪捜査」の改作を加えた完全版。

  • エンキョリレンアイ 842円
    作家 小手鞠るい
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2019/04/12

    今すぐ走って、会いに行きたい。あの日のように――。二十二歳の誕生日、花音が出会った運命の彼は、アメリカ留学を控えていた。遠く離れても、熱く思い続けるふたりの恋。純愛一二〇%小説。

「日本」カテゴリ

  • 物理波矢多シリーズ 1599円
    作家 三津田信三
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/04/12

    断崖の灯台、白い人影、密林の孤家――「白もんこに見られたら、もうお終いです」 ホラーミステリーの旗手が贈る「物理波矢多(もとろい・はやた)」シリーズ第2弾! 敗戦に志を折られた元エリート青年・...

  • 死印 1200円
    作家 雨宮ひとみ エクスペリエンス
    出版社 PHP研究所
    販売開始日 2019/04/05

    死を招く「呪いの痣」の噂、知ってる? エクスペリエンスが贈る、大人気ホラーアドベンチャーゲーム『死印』待望の公式ノベライズ!!

  • 闇塗怪談 解ケナイ恐怖 702円
    作家 営業のK
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2019/03/29

    一族の繁栄を護るという“まだら様”。その忌まわしき秘密を知ってしまった男は...「知人の死因」、通夜の晩、亡くなった人といちばん親しかった者が添い寝をする風習。祖母の通夜で添い寝役に選ばれた少年...

  • 実話怪談 呪紋 702円
    作家 牛抱せん夏
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2019/03/29

    亡くなった同僚から「明日は必ず行きます」と会社に毎朝電話がある...。『明日は必ず』収録。大人気怪談師の実話集! 怪談師として憑依的な語りで魅了する牛抱せん夏。自身の体験も含む43話の怪談を披...

  • 恐怖実話 狂縁 702円
    作家 渋川紀秀
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2019/03/29

    「わたし、生霊がとばせるから...」という彼女と別れた男の部屋に突然、虫が多量発生した! 『部屋の虫』収録。 過去に結んでしまった縁が、時と場所を越えて牙をむく――不可思議な体験に内包された人の...

  • 群馬の怖い話―赤城山に百足が蠢く― 1080円
    作家 志月かなで sel
    出版社 TOブックス
    販売開始日 2019/03/28

    はねたき橋・琴平橋・神流川・榛名湖・土合駅・御巣鷹山・吹割の滝。 神の毒牙が群馬を蝕む!

  • 家族の怪談 486円
    作家 松村比呂美
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2019/03/08

    どうせ幽霊が出る心配も、怪奇現象が起きる心配もない......そんなわけがない

  • 黒本 平成怪談実録 702円
    作家 福澤徹三
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2019/03/07

    キャンプで目撃した樹上の女。現代に起きた神隠し。不審な水音が響く男子寮。いきなり動き出す猿の玩具。銀色に光る謎の飛行物体。住む者に不幸をもたらし続ける家。そして、背筋も凍る体験で知られる峠――。...

  • 実話怪談 寒気草 702円
    作家 神沼三平太
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2019/02/28

    内容紹介 旧家の仏壇と庭の隅に隠された穴とのおぞましき関係とは? 死ぬ、消える、終わる。呪われた実話全23話! 怪異が原因で人が死んだ話、失踪した話、人生が狂ってしまった話――すなわち凶悪な...

  • 恐怖実話 怪の残像 702円
    作家 吉田悠軌
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2019/02/28

    内容紹介 怪しいブードゥー人形をクスコさんは海に流した。さ迷う呪いは...。怪異の現場に密着する、吉田怪談! 怪異が起こる場所にはいったい何があるのか? いわくのある現場に訪れ、怪談を蒐集する...

  • 怪談四十九夜 荼毘 702円
    作家 黒木あるじ
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2019/02/28

    内容紹介 黒木あるじ、我妻俊樹、黒史郎、神薫、つくね乱蔵、真白圭、冨士玉女、鈴木呂亜、ふうらい牡丹、緒方あきら...実話恐怖譚の手練れが揃った恐宴で血も凍る! 禍々しくも手練れたちが集い、実...

  • 続夢 216円
    作家 田中ノリノ
    出版社 いるかネットブックス
    レーベル IKAI
    販売開始日 2019/02/22

    卒業間近のさゆみは、同じ夢の続きを何度も見る。現実でも、夢の中の男の声が聞こえ、見られている気がする...。