読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

死都 ホーラ

死都 ホーラ
電子書籍版
価格 600円(税込)
ポイント還元 6ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 320
販売開始日 2019/03/22
ファイル形式 epub
紙書籍版 取り扱い中

神の起こす奇蹟か、それとも罰なのか

エーゲ海の小島を訪れた不倫関係の男女を襲う不可思議な出来事。
重い現実を背負う2人が行き着く場所は? ゴシック・ホラー長篇

十数年の不倫関係を続けるヴァイオリニストの亜紀と建築家の聡史。
束のまの濃密な時間を求めてエーゲ海の小島を訪れた二人は、
島にかつて存在した混沌の都・ホーラに迷い込む――
次々と襲いかかる恐ろしい出来事は、神の奇蹟か、それとも罰か。
重い現実とギリシャの壮大な歴史が織り成すゴシック・ホラー傑作。

篠田節子関連作品

  • コンタクト・ゾーン (1~2巻) 640円690円
    作家 篠田節子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/03/22

    楽園は戦場と化した。女たち、生き残れ! 南国のリゾートに出掛けたOL3人は、内乱により戦場と化した島で生き残れるのか? 文明の意味を問う、スリルと感動の1300枚 ノンキャリ公務員の真央子、...

  • はぐれ猿は熱帯雨林の夢を見るか 680円
    作家 篠田節子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/03/22

    科学の発展の先にあるものを描く、現代の黙示録! レアメタル入りのウナギ、蘇生した縄文時代の寄生虫、高性能サル型ロボット...。 科学技術に翻弄される人類の幸福はどこにあるのか!? 駿河湾で揚...

  • 秋の花火 570円
    作家 篠田節子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/03/22

    今度の恋は、低く静かな旋律 人生の秋を迎えた男と女が、生と死を見すえつつ、深く静かに心を通わせる。 閉塞した日常に訪れる転機を、繊細な筆致で描く短篇集 彼の抱えた悲しみが、今、私の皮膚に伝わ...

  • 贋作師 608円
    作家 篠田節子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/06/15

    生き過ぎた――この言葉を残して日本洋画界の大御所は自殺した。遺作の修復を依頼された成美は、彼の弟子となるため彼女のもとを去った美大時代の恋人の死に疑問を抱くようになる。危険をかえりみず、真相を究...

  • ロズウェルなんか知らない 810円
    作家 篠田節子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    温泉もない、名所があるわけでもない、嫁のきてもない。観光客の途絶えた過疎の町、駒木野。青年クラブのメンバーたちは町を再生することで、自らの生き方にも活路を見出そうとするが。地方の現実に直面する人...

  • 転生 648円
    作家 篠田節子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    2011年度芸術選奨受賞作家。謎の死を遂げたパンチェンラマ十世が、突然蘇った。卑しい男の魂が転生してしまったのか、この活仏(かつぶつ)は意地汚くて女好き。動くミイラと化したラマは、当局の目を避け...

文春文庫関連作品

  • 黄昏旅団 851円
    作家
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/04/15

    “他人の人生”を歩く青年・グンが見た驚異の風景。 ありえない世界を歩きぬけ! 極限のロードノベル。 人生の大半を路上で過ごしてきた、ろくでなしの青年・グン。 妻・娘ともに施設に入所した檜山優作...

  • 小林カツ代伝 私が死んでもレシピは残る 751円
    作家 中原一歩
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/04/10

    伝説の「肉じゃが」「わが道をゆくワンタン」「黒豆」......没後5年を経た今も愛され、つくり続けられるのはなぜか。戦後を代表する料理研究家・小林カツ代。「家庭料理のカリスマ」と称された天性の舌...

  • 米中もし戦わば 戦争の地政学 1000円
    作家 ピーター・ナヴァロ 赤根洋子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/04/10

    「トランプ政権の教科書」と言われた衝撃の書が文庫化! 米中貿易戦争を仕掛けた異色の大統領補佐官が説く、米中軍事衝突の可能性。トランプの対中戦略の狙いは、全てこの本から読み取れる。 解説・飯田将史

  • 眠れない凶四郎(二) 耳袋秘帖 680円
    作家 風野真知雄
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/04/10

    妻を殺された土久呂凶四郎は、不眠症に悩まされながらも夜専門の同心として夜な夜な町を巡回する。 除夜の鐘が鳴る大晦日の日もまた、江戸を探索していた。 ゴーンと鳴った鐘の音にしばし聞き惚れた土久呂だ...

  • 上野千鶴子のサバイバル語録 600円
    作家 上野千鶴子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/04/10

    著者、初めての語録! 「相手のとどめを刺さず、もてあそびなさい」 「人は、自分の器に応じた理解力しかない」 「立ちはだかる壁は、迂回せよ」 「だれとでもいいから結婚すべきでない」 「『かわいい...

  • 食べる私 800円
    作家 平松洋子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/04/10

    食について語れば、人物の核心が見えてくる。樹木希林、ギャル曽根、宇能鴻一郎に堀江貴文らが語る、豊穣なる食べ物の話には、人生も文化も家族もある。小説のような対話集。 「おいしいものは無駄」(デー...

「日本」カテゴリ