読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

銀行員は生き残れるか

銀行員は生き残れるか
電子書籍版
価格 1320円(税込)
ポイント還元 13ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 224
販売開始日 2019/04/05
紙書籍版 取り扱い中

日本の銀行業界は、「収益減少トレンド」に歯止めが掛からず、大きな岐路に立たされている。メガバンクは大規模な人員削減を発表し、デジタライゼーションを進めて事業構造改革に乗り出すとしているが、いまだ未来は見通せない。エリートだった銀行員は、今や過剰なノルマに呻吟している。
それはメガバンクに限ったことではない。地銀はさらに苦しい状況に追い込まれ、現場では、行員たちの転職希望者が続出している。
果たして、日本の銀行は生き残っていけるのか。
そして、40万人以上といわれる銀行員たちはどうなっていくのか。
カギは、異動を減らし、地域密着で経営難から立ち直り、りそな銀行以上の利益を上げているスウェーデンの銀行にある。
本書は、緻密な取材を重ねている筆者が、現場の実情を踏まえたうえで、今後、日本の銀行業界が向かうべき道筋を提言する1冊である。

浪川攻関連作品

悟空出版関連作品

  • 世界史で読み解く「天皇ブランド」 1430円
    作家 宇山卓栄
    出版社 悟空出版
    販売開始日 2019/10/04

    ベストセラー『「民族」で読み解く世界史』の著者が、天皇ブランドの秘密に迫る! 本年(2019年)、日本は令和の時代を迎え、新天皇が即位しました。それに伴い、皇位継承論議が再び本格化することでし...

  • 声に出して読む 渋沢栄一「論語と算盤」 1210円
    作家 齋藤孝
    出版社 悟空出版
    販売開始日 2019/08/30

    「まっとうな人間として生きることは、すべて『論語と算盤』から学んだ!」 『声に出して読みたい日本語』『語彙力こそが教養である』などのベストセラーで知られる齋藤孝先生自身、『論語と算盤』は座右の書...

  • 文在寅という災厄 1320円
    作家 武藤正敏
    出版社 悟空出版
    販売開始日 2019/08/02

    著者の武藤正敏元大使は語る。 「前著で『北朝鮮しか頭にない文大統領で日韓関係は悪化する』と予言したが、私の予想を越えて悪化どころか、最悪にした。これまで日韓間で努力して積み上げて来た合意を一方的...

  • 日本人が知るべき東アジアの地政学 1430円
    作家 茂木誠
    出版社 悟空出版
    販売開始日 2019/06/28

    “茂木流地政学”で見れば、「日・韓・中・朝・台・米・露」の国益と国家戦略が浮き彫りになり、日本の進むべき道が見えてくる!

  • 安倍政権「徹底査定」 1210円
    作家 高橋洋一
    出版社 悟空出版
    販売開始日 2019/06/21

    安倍長期政権への批判がかまびすしい。しかし、2014年の消費税増税をのぞけば、経済政策(アベノミクス)は確実に成果を上げているし、国際社会における日本のポジションも確固たるものとなっている。もし...

  • 令和を君はどう生きるか 1210円
    作家 鈴木貴博
    出版社 悟空出版
    販売開始日 2019/05/10

    令和は激動の時代になるはずです。当たり前だと思っていた日常が変わり、今日と同じ明日が来るだろうという前提が崩れていきます。 本書はベストセラー『仕事消滅』『戦略思考トレーニング』の著者、フューチ...

「企業・業界よみもの」カテゴリ