読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

ドナルド・キーンのオペラへようこそ! われらが人生の歓び

ドナルド・キーンのオペラへようこそ! われらが人生の歓び
電子書籍版
価格 1800円(税込)
ポイント還元 18ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 320
販売開始日 2019/04/11
紙書籍版 取り扱い中

2019年2月24日に永眠されたドナルド・キーンさん。キーンさんから愛する日本人へのラストメッセージ!
「オペラは一生のものです。同じオペラを何回観ても、いつも新しい発見と感動があります。それが本物の芸術の証だと思います」(本文より)

キーンさんが初めてオペラを観たのは15歳のとき。友達と連れ立って野外劇場で《カルメン》を観たキーンさんは、それまで上流社交界のものだと思っていたオペラが、ほかの舞台芸術にくらべてこんなに感動的だったのかと驚き、夢中になります。

15歳から96歳まで、長きにわたり、日本とオペラをこよなく愛したキーンさん。東劇のMETライブビューイングでは、上映前に一般のお客さんに向けて上演予定のオペラ作品の解説をなさることもしばしばでしたし、かつて雑誌『レコード芸術』などの常連筆者でもありました。日本文学研究の第一人者というだけでなく、熱狂的なオペラファンというもう一つの顔があったのです。オペラがかかると、嬉しくなって踊りだすキーンさんはまるで少年のようで、目がキラキラ輝いていました。

戦時下、ナチスがヨーロッパを支配しているときに見た『フィデリオ』の思い出、マリア・カラスの声を生で聴いたときの驚き、三島由紀夫さんと語りあったオペラのこと、光源氏とドン・ジョヴァンニの比較論......。

日本と芸術をこよなく愛した、D・キーンさんからの最後の贈り物です!

ドナルド・キーン関連作品

文春e-book関連作品

  • スナック墓場 1300円
    作家 嶋津輝
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/09/12

    〈生きる姿勢が美しい人〉は、ときに可笑しくて、でもじんわりと沁みる。 “どっかりしていて、愛嬌がある小説”(森絵都「第96回 オール讀物新人賞選評より) つぶれたスナックの女性店員たちが開いた...

  • 絶望スクール 池袋ウエストゲートパークXV 1300円
    作家 石田衣良
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/09/12

    【2020年、シリーズTVアニメ化決定!!】 ――絶望を学ぶスクールがあるのを、しっているだろうか。 多国籍料理店でアルバイトをするベトナム人留学生ミンの様子がおかしい。 旧友のオーナーから...

  • プルースト効果の実験と結果 1201円
    作家 佐々木愛
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/09/12

    はじめてのことをするたび、彼を思い出す―― 「2018年恋愛小説短篇のベスト」(書評家・杉江松恋) 思春期の苦くて甘い心情を、独特のモチーフで、鮮やかに、どこかポップに描き出すデビュー作。 収...

  • 楽園の真下 1599円
    作家 荻原浩
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/09/11

    最後に生き残るのは誰だ!? 一気読み必至のサイエンス・サスペンス長編! 日本でいちばん天国に近い島といわれる「志手島」は、本土からは船で19時間、イルカやクジラの泳ぐコーラルブルーの海に囲まれ...

  • 裸一貫! つづ井さん 800円
    作家 つづ井
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/09/11

    アラサー×おひとりさま×オタク=毎日生きるのがたのしい~!!! どすこい!!! 「魂がオタク」なアラサー女子の、押しも押されもせぬ日常!!! 著者累計35万部・大ヒット『腐女子のつづ井さん』の著...

  • 神様の暇つぶし 1401円
    作家 千早茜
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/09/11

    あのひとを知らなかった日々にはもう戻れない。 デビュー作で泉鏡花賞受賞、艶めく文章に定評のある著者が全力でぶつかった恋愛小説。 一重で三白眼で、ヒールを履いたらすれ違いざまにびびられるほどの大...

「オペラ・ミュージカル」カテゴリ

  • マスカーニ カヴァレリア・ルスティカーナ/レオンカヴァ... 1555円
    作家 小瀬村幸子
    出版社 音楽之友社
    販売開始日 2017/12/08

    慣例的に連続して上演されることの多い、ヴェリズモ・オペラの代表作2曲を収録。ヴェリズモオペラとは1890年代から20世紀初頭にかけて流行したイタリア・オペラの新傾向で、同時代のヴェリズモ文学に影...

  • ヨハン・シュトラウスII こうもり 1728円
    作家 田辺秀樹
    出版社 音楽之友社
    販売開始日 2017/11/10

    楽しく有名なワルツがちりばめられた名曲中の名曲。ドイツ語圏では年末恒例の出し物になっているが、近年では季節とは関係なく現在もっとも上演回数の多い、日本でも人気の高いオペレッタの待望の訳。翻訳の底...

  • モーツァルト フィガロの結婚 改訂新版 1987円
    作家 小瀬村幸子
    出版社 音楽之友社
    販売開始日 2017/09/15

    基本方針は、原文に忠実に、原文に何も加えず、引かず、原文の各行ごとにそれに対応する日本語を付けていく逐語訳を行うことによって、作曲家が原語の歌詞に付けた音楽を、原文にずれることなく日本語で知るこ...

  • Coloratura 1793円
    作家 田中彩子
    出版社 小学館
    販売開始日 2016/09/09

    田中彩子フォトエッセイ。

  • 少女歌劇の光芒 ひとときの夢の跡 1728円
    作家 倉橋滋樹 辻則彦
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/07/25

    戦前、各地で大衆娯楽として親しまれていた少女歌劇は、そのほとんどが敗戦前後に消滅した。わずかに残った史料を収集し、元歌劇団員を訪ねて一人一人インタビューして聞き書きし、歌劇団の誕生から解散までを...

  • オペラ大爆発! 1728円
    作家 許光俊
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/07/04

    そもそも、オペラは声を楽しむものだなんて、誰が決めた?音楽がいちばん大事なんて、誰が決めた?つまらない思い込みを捨てて、「総合芸術」であるオペラ本来の強烈な姿を見よ。これが、現代を生きるわれわれ...

  • コンヴィチュニー、オペラを超えるオペラ 2160円
    作家 許光俊
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/05/16

    現代オペラ界最大の関心の的、ドイツの演出家ペーター・コンヴィチュニー。オペラの伝統や慣習を破壊し、芸術とエンターテインメントの区分を超え、演劇的な手法も導入して大胆な再創造をめざすその仕事を、豊...

  • オペラに連れてって! 完全版 1728円
    作家 許光俊
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/05/16

    「オペラ食わず嫌いのあなた、入り口で立ち止まっているあなた、まずはこの5つをごらんなさい」。次のステップの5作、もっと深い世界へと、お手軽お気楽に楽しむ方法を懇切丁寧に解説する。オペラの美しさや...

  • オペラ鑑賞講座 超入門 1728円
    作家 神木勇介
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/04/25

    オペラを楽しむのなら、まずはここから!――通年公演やテレビ放送などでオペラが身近になっているものの、難しいものと思い込んで躊躇している初心者に、「気楽に鑑賞するための12のちょっとしたコツ」講座...

  • ミュージカルにいこう! 1728円
    作家 ささきまり
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/03/14

    「私も観たいけど......」というビギナーのために基本中の基本から解説する。ミュージカルとは何か、観たい作品をどう決めればいいのか、チケットの入手方法、劇場でのマナー、舞台を楽しむポイント、タ...

  • 笑うオペラ 1728円
    作家 森佳子
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/03/14

    あるときは歓喜にあふれた笑い、またあるときは悪魔的な冷笑...。おなじみのオペラから「これが喜劇?」まで、聴きどころを押さえた解説をソースに喜劇作品の妙味を紹介する。

  • オペラにいこう! 楽しむための基礎知識 1728円
    作家 神木勇介
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/03/14

    オペラって何?オペラの歴史は?、からチケット入手法、予習の仕方、鑑賞のマナーまでをビギナーにわかりやすく解説し、STEP UPコーナーでもっと深い楽しみ方までも提示する。