読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

コンサルタントが毎日やっている会計センスの磨き方

コンサルタントが毎日やっている会計センスの磨き方
電子書籍版
価格 1620円(税込)
ポイント還元 16ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 240
販売開始日 2019/04/12
紙書籍版 取り扱い中

コンサルタントに数字の読み方を教え続けてきた著者が初めて明かす
「数字を身近」にするための“8つの習慣”とは?

◆理系出身者も多く、数字に強そうなイメージのある「コンサルタント」たち。しかし、最初から会社の数字を読むのが得意だ、というコンサルは滅多にいません。では、彼らはどうやって数字を読み、使いこなせるようになるのでしょうか。大手コンサルティング会社で10年以上にわたり、若手コンサルタントに会計研修を行ってきた著者が、その方法を紹介します。

◆コンサルを含む一般のビジネスパーソンにとって、大切なのは「数字の感覚をつかむ」こと。売上1億円は大きいのか、利益率10%をどう判断すればいいのか・・・・・・。ただ数字の字面だけを追っていても気付かない意味やバックグラウンドまでをつかむための感覚が「会計センス」です。本書は計数感覚のつかみ方を「8つの習慣」に落とし込み、スムーズに会社の数字に慣れることができるよう工夫しています。

◆「大きな数字は分解する(例:ディズニー売上3500億円→「客単価×来場者数」で表現)」「数字に関するモノサシをつくる(例:店舗数2万≒セブン店数≒日本の小学校数≒郵便局数)」「必ず額と率で考える(例:この売上げでこの在庫は適当か)」など、すぐにでもできる考え方を多数収録しています。付録の「決算書の仕組みと読み方」では、決算書の基礎を学ぶことができます。

◆著者は大手コンサルティング会社で、証券・財務の分析に長らく携わってきた専門家です。一般向けに解説する機会も多く、丁寧でわかりやすい語り口には定評があります。

◎こんな人にオススメです◎

・会計について興味がある
・コンサルティング会社に勤務したり、就職を希望したりしている
・数字に強くなりたい
・数に苦手意識を持っている
・ベテランコンサルタントの頭の使い方を知りたい
・ビジネスパーソンの教養として、基礎的な会計センスを身につけたい

長谷川正人関連作品

日本経済新聞出版社関連作品

「会計学一般」カテゴリ