読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

悦な収納のすすめ

悦な収納のすすめ
電子書籍版
価格 1166円(税込)
ポイント還元 11ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 192
販売開始日 2019/04/26
紙書籍版 取り扱い中

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

【電子版のご注意事項】
※一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または画像が修正されている場合があります。
※応募券、ハガキなどはご利用いただけません。
※掲載時の商品やサービスは、時間の経過にともない提供が終了している場合があります。
※この商品は固定レイアウトで作成されております。
以上、あらかじめご了承の上お楽しみください。

求めているのは
モノを出すたび、戻すたび、家事をするたび
「なにこれ、ラク~!」と悦に入る収納。

【本書「序章」より】
わたしにとって片付けは、「やらなきゃいけないこと」
という意識でとり組むものではありません。
家に入るときは靴を脱ぐように、
歯を磨いたら口をゆすぐように、
モノを使ったら元の場所に戻す。
だから「さてやらなきゃ」とはいちいち思わないのです。
ただ、時折こうはいかないときがあります。
「あ~あ、めんどうだな」と感じて
最初の一歩が重い感じ。
それが、収納の仕組みに問題があるサインです。
なにも思わず、頭を使わず、体が自然と動いて
サッサカ片付けられるためには
“ラクな収納”である必要があります。
収納が“モノが片づいていく道しるべ”となっていれば、
意識せずとも自然に片付けられる日常が待っています。
というわけで、
片付けをするのに頭を使う必要は本来ありません。
頭を使うのは、「どうすればラクに片づく
収納にできるか」という最初の時点。
収納をよくしていくごとに、
片付けは天井知らずでラクになっていきます。
思ってもみなかったほど「なにこれ、ラク~!」
となったとき、そこに悦な収納は出現するのです。

片付けが無理なく、ラクに続くための収納術を提案する
整理収納コンサルタント。
子どものころから整理整頓好きで、生粋の片づけ魔。
2010年に整理収納アドバイザー1級、
2011年に整理収納コンサルタントの資格を取得後、
個人宅向け整理収納サービスをスタート。
訪問件数は200軒を超える(現在は休止中)。
2016年に長男を、2018年に次男を出産。
二児の母として奮闘する日々の中でも、
悦な瞬間を求めて収納の更新に余念がない。
ブログと同タイトルの『片付けたくなる部屋づくり』
(ワニブックス)のシリーズはロングセラーに、
近著に『暮らしは今日も実験です』(大和書房)がある。

本多さおり関連作品

主婦の友社関連作品

「収納」カテゴリ