読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

色川武大・阿佐田哲也 電子全集2 麻雀放浪記 完全版『麻雀放浪記』(青春篇・風雲篇・激闘篇・番外篇)

色川武大・阿佐田哲也 電子全集2 麻雀放浪記 完全版『麻雀放浪記』(青春篇・風雲篇・激闘篇・番外篇)
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 2200円(税込)
ポイント還元 22ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2019/05/24

阿佐田哲也のピカレスクロマンの最高傑作『麻雀放浪記』。映画化された「青春篇」以下、全4篇を完全収録!

色川武大の別ペンネーム「阿佐田哲也」の名を一躍有名にしたピカレスクロマン(悪漢小説)の傑作『麻雀放浪記』。
その嚆矢となった「青春篇」は、1969年1月から「週刊大衆」に連載開始された。終戦直後の上野のドヤ街で、ドサ健と出会い、博打にのめりこんでいく主人公・坊や哲が、出目徳、女衒の達、上州虎ら仕事師と渡り合い、生き残りをかけて激闘する様は評判を呼び、阿佐田哲也は[麻雀小説]の世界を確立させた。1984年には、イラストレーター和田誠の初監督作品として映画化もされ、大ヒットを記録したことでも知られる。
さらに関西での死闘を記した「風雲篇」や新しいタイプの麻雀打ちに苦戦する「激闘篇」、サラリーマンとなった坊や哲を描く「番外篇」の続篇3作品を加え、全4篇を収録し、麻雀放浪記ワールドを1巻で完全再現する、電子全集ならではの理想的な構成となった。解説は、ピカレスクロマンに造詣の深い、作家・北上次郎氏。解題は、アンソロジストとして阿佐田哲也作品に関わった結城信孝氏が担当。
付録として「麻雀放浪記 風雲篇」の生原稿、映画「麻雀放浪記」のシナリオ(一部)のほか、和田誠氏の色川武大回想記等を収録する。

シリーズ作品

色川武大関連作品

阿佐田哲也関連作品

「日本」カテゴリ

  • 新着!
    完全犯罪の恋 1430円
    作家 田中慎弥
    出版社 講談社
    販売開始日 2020/10/27

    「私の顔、見覚えありませんか」突然現れたのは、初めて恋仲になった女性の娘だった。孤高の芥川賞作家・田中慎弥、初の恋愛小説。

  • 新着!
    扇物語 1430円
    作家 西尾維新 VOFAN
    出版社 講談社
    販売開始日 2020/10/27

    阿良々木暦の大学生編(モンスターシーズン)最新刊! 青春!怪異!ミステリー!

  • 新着!
    浅草迄 1430円
    作家 北野武
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2020/10/24

    舞台は戦後から高度成長期に湧く東京。たけし少年の初めての記憶から、学生運動の気運が高まる新宿のジャズ喫茶を彷徨っていた大学時代まで。北野武の原点を描く、渾身の私小説!

  • 新着!
    BKBショートショート小説集 電話をしてるふり 1210円
    作家 バイク川崎バイク
    出版社 ワニブックス
    レーベル ヨシモトブックス
    販売開始日 2020/10/24

    芸人BKB衝撃の作家デビュー作は、世にも奇妙な“超短編”小説集! 「Bばなな K感心 Bびっくり! 彼はいつも少しだけ哀しい、別の世界を見ているんだね」――吉本ばなな 作品投稿サイト「no...

  • 新着!
    世俗の詩・民衆の歌 池田彌三郎エッセイ選 1155円
    作家 池田彌三郎
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文芸文庫
    販売開始日 2020/10/23

    懐かしの童謡、唱歌の世界。折口信夫の高弟にして、日本芸能研究の重鎮である著者の歌と言葉をめぐる軽妙なエッセイの数々。

  • 新着!
    寵児 1155円
    作家 津島佑子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文芸文庫
    販売開始日 2020/10/23

    自立する女の孤独な日常と危うい精神の深淵を〈想像妊娠〉を背景に鮮やかに描く傑作長篇小説。女流文学賞受賞作品。

  • 新着!
    在日魂 660円
    作家 金村義明
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/10/23

    エースで四番。甲子園優勝投手としてプロ野球入りし、18年間活躍した金村義明。その負けん気の源は、在日三世の生い立ちにあった!

  • 新着!
    鹿鳴館貴婦人考 660円
    作家 近藤富枝
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/10/23

    鹿鳴館の時代は、男たちにとっては、ファルスであったにすぎないが、共演した女たちにとっては、残酷なドラマであった。

  • 新着!
    三重殺 660円
    作家 奥田哲也
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/10/23

    首なしバラバラ死体、首なし焼死体、崖から突き落とされた男の身元。顔は分からなくとも死体が3つ。トリック・ミステリーの傑作。

  • 新着!
    週刊誌血風録 785円
    作家 長尾三郎
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/10/23

    週刊誌業界で活躍すること40数年、取材する側、される側の知られざる「実像」を描くノンフィクション。取材現場の裏側を活写!

  • 新着!
    神の子の密室 660円
    作家 小森健太朗
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/10/23

    死体は密室状態の洞窟から消え復活。人類史上最大級の奇蹟の真相と驚愕のトリックに本格推理の英才が挑む。長編異色歴史ミステリー!

  • 新着!
    駿河遊侠伝 (1~1巻) 660円
    作家 子母沢寛
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/10/23

    10代から博奕を打ち家出・放浪のあげく、いかさま骰子を使う暴れん坊・清水の次郎長こと、駿河清水港・米屋次郎八の養子・長五郎。